小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

疑似体験をすることはストレス発散になる(共謀罪)

2017-05-14 16:27:52 | Weblog
共謀罪が、数の力で強行採決される。

もう、強行採決されてしまったのと同じようなものである。

しかし。疑似体験や、疑似行為、を、することで、人間は、ストレスを発散しているのである。

そもそも、人間には、闘争本能があり、(僕には無いけど)、それを、スポーツという形で、発散しているのである。

野球やサッカーなどもそうだけれど、ボクシングなどの格闘スポーツは、特にそうである。

また、人間は、嫌いな人や、悪い人の、悪口を言うことで、ストレスを発散しているのである。

「保育園、おちた。日本死ね」、と、ネットで書いた人は、そう、悪口を書くことで、政府に対する不満のストレスを発散しているのである。

しかし。共謀罪(テロ等準備罪)、などが、出来てしまったら、IPアドレスから、書いた本人をつきとめて、「日本死ね」、という、言葉から、この人間には、テロを起こす可能性がある、と、判断されて、共謀罪(テロ等準備罪)、で、逮捕されかねない。

テロを起こすか、どうかの、判断は、検察、警察の主観によるのだし。意図的に、当局の都合のいいように判断されてしまう。

そして、今の日本の警察、検察、の、取り調べ、は、ヤクザと変わりない、自白の強要である。

共謀罪(テロ等準備罪)、は、百害あって一利なし、である。

要するに、政府の悪口は、認めん。言ったら、逮捕だ、という、警察権力の拡大である。

憲法21条の、言論、集会、結社の自由、の否定の方向に向いている。

もはや、政府の目は、国民に向いていない。

政府(国家権力)の、強化、しか、考えてない。

安部政権は、とうとう、恐怖政治をするようになった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三の「読売新聞を読ん... | トップ | 情勢論としての、共謀罪、安... »

あわせて読む