小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

安部政権の支持率が落ちないのは

2017-05-26 10:14:27 | Weblog
安部政権の支持率が落ちないのは。

一言でいって。

政治が、スムーズに、いくからだ。

特に、防衛問題で。

日米同盟の強化。強引な、辺野古の埋め立て。

強権政治の方が、現実的だから、政治が、スムーズにいくのだ。

もし。共産党が政権をとったなら、どうなるか?

共産党は、理想が高い。(と、一応、言っておこう)

しかし、理想が高いと、政治が、スムーズにいかないのだ。

辺野古の埋め立て、にしても。

いついつまでも、結論が出ない。

そうすると、アメリカとの関係も、こじれる。

政治が停滞してしまうのだ。

また、国民は、熱しやすく、冷めやすい。

今では、安保法制の反対運動は、冷めてしまった。

それに。情勢論的に、見ても。

安保法制や、共謀罪(テロ等準備罪)、などは、悪法ではあるが、それが、即、使われて、国内が混乱する、ということは、現実的にはない。

だから、反対する人も、結構、いるが、それほど、重大だとは、心の底では、思えないのだ。

政治が、スムーズに、いっていることで、経済政策は、なおざりにしても、多少、手をつけても、経済政策の効果は、小さいから、はっきり、実感を感じられない。

だから、安部政権の支持率は、落ちないのだ。



安倍晋三ほど、対米従属を命綱のように、大事にしている総理大臣も、めずらしい。

安倍晋三は、結構、日本の末永い安全を願っているのだ。

トランプ大統領との、首脳会談の夜。

トランプ大統領が、安倍晋三の、寝ている部屋に入ってきた。

アメリカ人なんて、二人に一人は、ホモで、トランプ大統領も、その例外ではない。

安倍晋三「あっ。トランプ大統領。何の用でしょうか?」

トランプ「オー。アベ。ニホンヲマモッテヤルゾ」

安倍晋三「あ、有難うございます。大統領」

トランプ「オレハ日本。ソシテ、オマエガスキダ」

そう言って、トランプ大統領は、安倍晋三を裸にし、安倍晋三のアナルに、ペニスを、ズンズン、挿入してきた。

安倍晋三「ああー。トランプ様ー。私はどうなっても、構いません。しかし、どうか、日本を守って下さい」

と、安倍晋三は、泣きながら叫んだ。

トランプ「オオー。マモッテヤルゾ。アベ」

安倍晋三「トランプ様。私は、日本の野党のうるさい批判を無視して、安保法制を強行採決しました。これからは、アメリカ様の正義の戦争に全面的に協力いたします」

トランプ「オオー。アベ。オマエハエライヤツダ」

そう言って、その日は、一晩中、トランプは、安倍晋三を、ほり続けた。

安倍晋三は、帰りの飛行機で、「痛ててて」、と、尻の穴を、押さえながら帰国した。

痔にーは、ボラギノールを、つけて。

潰瘍性大腸炎が、悪化したのだ。

こうまでして、日本を守ろうとしている安倍晋三は、結構、立派だ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 殺人予備罪 | トップ | ちきゅうは温暖化している »

Weblog」カテゴリの最新記事