小説家、精神科医、空手家、浅野浩二のブログ

小説家、精神科医、空手家の浅野浩二が小説、医療、病気、文学論、日常の雑感について書きます。

於血(おけつ)冷え症

2017-02-09 04:38:49 | Weblog
自分の体調不良は、冷え症、於血(おけつ)、に、ほとんど、完全に当てはまる。

ある、冷え症、のサイトを読んでいて、今まで、わからなかった理屈がほとんど、すべて、わかった。

そのサイトは、http://www.hakuraidou.com/info/hie.htm

である。

於血(おけつ)、という言葉を、最初に聞いたのは、大学四年の冬に、休学する前に、池見酉次郎先生に、一度、電話した時である。

僕も、池見酉次郎先生も、過敏性腸症候群の便秘型、だが、先生は、於血(おけつ)、ということを、強調していた。

その時は、於血(おけつ)、という言葉から、尻、と連想してしまい、少し可笑しかったが、あとで調べると、まさに、ほとんど、全て、納得できる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母親の子供への愛情 | トップ | いじめ150万円 »

Weblog」カテゴリの最新記事