大聖寺実業高校 学校日記

石川県立大聖寺実業高等学校の学校行事や学習活動等についてお伝えしています。

職員研修で地元企業を見学!

2016年10月13日 | その他

10月13日(木)

2学期中間考査3日目は、午後から職員研修として地元企業見学が実施されました。

訪問した企業は本校卒業生が多数働いているSodick(ソディック)です。

Sodickは1976年の創業で、加賀事業所は1987年に竣工されました。

企業理念は「So(創造)、di(実行)、ck(苦労・克服)」で、社名に反映されていることが

とても印象に残りました。

主な事業としては、工作機械事業、産業機械事業、食品機械事業などがあり、

それぞれの作業工程を見学しました。

現在、グローバルネットワーク化をはかり、アメリカのシリコンバレーや

中国、タイにも海外工場を作り、アジア、ヨーロッパにも販路を拡大しています。

工場見学の後、本校出身の社員3人から現在携わっている仕事内容が紹介されました。

本校教職員から、「高校時代に学んだことで役に立ったものは何か」という質問に対し、

「製図やビジネスマナーなどはとても重要でもっと勉強をしておけばよかった」と自身の

高校生活の反省の意味も込めて答えてくれました。

また、海外出張があり英語の必要性を感じているようでした。

最後に今回の会社側の担当者からは、「会社に入ってからも日々向上心を持って

新しいことに挑戦することが大切で、高校では特に社会の動きを知るために新聞を

読む習慣を身につけさせてほしい。」という要望がありました。

地元と密着した活動を教育方針に掲げる本校にとって、とても有意義な研修でした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋を感じて! 山の下寺院群散策 | トップ | 2年デュアルシステム結団式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL