あやし小児科医院 第2ホームページ

あやし小児科医院第1ホームページに載せきれなかった情報、横道にそれた話題をランダムに掲載します。

仙台市の小学校 インフルエンザで学級閉鎖

2017-09-12 22:33:20 | Weblog

今季初 インフル症状で学級閉鎖 仙台・名取の2校

9/12(火) 19:48配信 KHB東日本放送 

今季初めて、インフルエンザとみられる症状での学級閉鎖が発生しました。

例年より2ヶ月早いということです。

仙台市は12日、太白区の生出(おいで)小学校で、インフルエンザの症状による学級閉鎖措置をとったと発表しました。

市によりますと、6年生17人のうち5人にインフルエンザの症状が出たとのことです。

学級閉鎖は13日までです。

仙台市ではインフルエンザ症状による学級閉鎖は、例年に比べ、2ヶ月ほど早いということです。

また宮城県名取市の下増田小学校でも1年生2クラスあわせて65人のうち27人にインフルエンザの症状が出たことから14日までの3日間学級閉鎖の措置をとりました。

宮城県では、うがいや手洗いなど予防の徹底を呼びかけています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おたふくかぜで2年間に難聴33... | トップ | 2017年度インフルエンザワク... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事