box観戦記録

100%自分用のリストです

ゲナディ・ゴロフキン対ダニエル・ジェイコブス(2017/03/18)

2017-03-19 14:13:43 | ボクシング

WBC・WBAミドル級王座統一戦

17連続KO防衛中のミドル級王者ゲナディ・ゴロフキン選手(Gennady Golovkin)と12連続KO勝利中でWBA王座を4連続KO防衛中のダニエル・ジェイコブス選手(Daniel Jacobs) とが激突した注目のミドル級頂上決戦は米国ニューヨーク州のMSGで行われ、クロスファイトの末にゴロフキン選手が際どい12回3-0判定を制して、連続KO記録は途絶えたものの防衛に成功した一戦でした。(体格比較)

お互いの力量をリスペクトしあう慎重な両者の立ち上がり。ゴロフキン選手がいつものように左ジャブを放ちながらプレッシャーをかけて行こうとするのですがなかなかジャブが機能せずやりずらそうに映った序盤のゴロフキン選手。しかし4回に少しプレッシャーを強めてラウンド開始から左ジャブを決め、右ストレート2発でジェイコブス選手をあっさりと転がして見せた場面ではこんなのありかよとすら思えるほどの圧倒的パワーでした。
しかし構えを盛んに左右に切り替えながら時折シャープで強いパンチを返すジェイコブス選手に対して詰め切れないゴロフキン選手。ジェイコブス選手の強い左フックやアッパーをもらう場面も目についてダメージと疲労も蓄積させていったようにも見えた試合後半戦。9回に右アッパーで大きなチャンスを掴んだゴロフキン選手だったのですが、ここでも仕留めきれず、逆に続く10回に出たところで受けたジェイコブス選手の反撃で失速してしまい、11回にも被弾を重ねてしまって連続KO勝利記録どころかKO負けすら過った大苦戦の末の薄氷の勝利でのV18でした。

Golovkin vs. Jacobs - CompuBox Punch Stats

Jabs,Powerpunches


公式のスコアは115-112が2人、114-113が1人の3-0ゴロフキン。シロート採点114-113ジェイコブス。ジェイコブスの左フックや左アッパーを貰ってしまって警戒心が強くなってしまい強引に行けなくなった。さらにこのパンチで効いてもしまったことで終盤は本当に危なかったです。連続KO記録が途切れてしまったのは残念でしたが、疲労もダメージもきつかった最終ラウンドでも気力でパンチを振るっていった姿はさすが。ジェイコブスとのリマッチやカネロとの対決など、キャリアの終盤に差し掛かっているであろうゴロフキンの今後にこれからも注目していきたいです。

ゴロフキン選手は37勝(33KO)。ジェイコブス選手は32勝(29KO)2敗。



Gennady Golovkin retains middleweight belts(JEFF POWELL/MAILONLINE):116-114Golovkin
Gennady Golovkin holds off Daniel Jacobs by the thinnest of margins(Lance Pugmire/LA Times):115-112Golovkin
Gennady Golovkin's knockout streak ended in close win over Daniel Jacobs(Bryan Armen Graham/The Guardian):115-112Golovkin
Gennady Golovkin's KO streak ends in decision win over Daniel Jacobs(Dan Rafael/ESPN):115-112Golovkin
Golovkin vs. Jacobs - LIVE BoxingScene Scorecard(BoxingScene):114-113Golovkin
Harold Lederman(HBO):114-113Golovkin

Gennady Golovkin edges Daniel Jacobs via unpopular decision to retain middleweight titles(Mike Coppinger/USA TODAY):115-112Jacobs
Gennady Golovkin wins narrow decision in back-and-forth slugfest with Daniel Jacobs(Kevin Iole/Yahoo Sports):114-113Jacobs
【浜田剛史の目】ゴロフキン攻め慎重「爆発できないまま終わった」(スポニチアネックス):114-113Jacobs

Scorecard: Golovkin taken the distance by Jacobs but wins by unanimous decision(Brian Campbell/CBSSports):114-114
Gennady Golovkin vs Daniel Jacobs: GGG still undefeated after 12-round bout against The Miracle Man (Telegraph):114-114

ゲナディ・ゴロフキン対ケル・ブルック(2016/09/10)
ゲナディ・ゴロフキン対ドミニク・ウェイド(2016/04/23)
ゲナディ・ゴロフキン対デビッド・レミュー(2015/10/17)
ゲナディ・ゴロフキン対マーティン・マレー(2014/02/21)
ゲナディ・ゴロフキン対マルコ・アントニオ・ルビオ(2014/10/20)
ゲナディ・ゴロフキン対ダニエル・ギール(2014/07/26)
ゲナディ・ゴロフキン対オスマニ・アダマ(2014/02/01)
ゲナディ・ゴロフキン対カーティス・スティーブンス(2013/11/02)
ゲナディ・ゴロフキン対マシュー・マックリン(2013/06/29)
ゲナディ・ゴロフキン対石田順裕(2013/03/30)
ゲナディ・ゴロフキン対ガブリエル・ロサド(2013/01/19)
ゲナディ・ゴロフキン対グジェゴシ・プロクサ(2012/09/01)
ゲナディ・ゴロフキン対淵上誠(2012/05/12)
ゲナディ・ゴロフキン対カシム・オウマ(2011/06/17)
ゲナディ・ゴロフキン対ミルトン・ヌネス(2010/08/14)
ゲナディ・ゴロフキン対ジョン・カルバリョ(2009/07/11)
ゲナディ・ゴロフキン対アンソニー・グリーニッジ(2009/04/25)
ゲナディ・ゴロフキン対ハビエル・ママニ(2009/01/17)

ダニエル・ジェイコブス対ジェロッド・フレッチャー(2014/08/09)
ダニエル・ジェイコブス対ディミトリー・ピログ(2010/07/31)
ダニエル・ジェイコブス対イシェ・スミス(2009/08/22)
ダニエル・ジェイコブス対マイケル・ウォーカー(2009/05/02)
ダニエル・ジェイコブス対ホセ・バレラ(2009/04/24)
ダニエル・ジェイコブス対ホセ・ルイス・クルス(2009/02/28)
ダニエル・ジェイコブス対ビクトル・ラレス(2008/12/06)
ダニエル・ジェイコブス対タイロン・ワトソン(2008/10/18)

『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローマン・ゴンサレス対シー... | トップ | アンソニー・ジョシュア対ウ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-03-19 14:28:43
速報ありがとうございます。
いつも楽しく拝見しております。
自分はゴロフキン115-112と確かな差を感じた試合でしたが、管理人さんとは真逆でしたね。
ゴロフキンはパンチが当たればあっさり倒せることを証明しましたが、ボディが効くこと、パンチャーのアウトボックスが厳しいこともわかりましたね。
顔面は全く効いたように感じなかっただけに、今後はボディ中心に組み立てる選手が出て来そうです。
個人的には強すぎて強豪との試合が決まらないうちに全盛期を過ぎてしまったようで残念に感じます。
Unknown (kok)
2017-03-19 16:05:21
自分も管理人さんと同じで僅差でジェイコブスですね
意外にジェイコブスがアウトボクシングが上手かったのとゴロの前進を止めるパンチ力があったからこそ接戦になったと思います
自分は今回のジェイコブスの善戦を見てカネロがフィジカルでチャベスに負けないようならゴロに勝てる予想をしますね
Unknown (すとれいと・くーがー)
2017-03-19 16:19:45
ピログ戦での敗戦、脊椎の難病からの復活、劇的なクイリン戦、そしてこの試合とまさにミラクルマンですね。
ただゴロフキンはここ最近打たれ過ぎてたんでKO負けもあり得ると踏んでましたが物凄いタフでした。
ジェイコブスの右直撃しても構わず前進を続ける姿はムガビ戦のハグラーを彷彿とさせました。
古今東西脆くても無敵を誇った選手は何人か存在しますがモンソン、ハグラー、ホプキンス、ゴロフキンとミドル級のレジェンドは不思議と皆タフですね。
Unknown (KS)
2017-03-19 18:08:26
私もジェイコブス僅差勝ちと見ました。
が、どちらにしても接戦だったのは確かですね。
集中力を切らさず、ダウン後も冷静にアウトボクシングをやりきったジェイコブスが見事でした。

単に打ち合えば踏み潰され、かわすだけだと最終的にはつかまるというのが今までのパターンでしたが、動きながら強いパンチで止めるとゴロフキンも警戒し(すぎ)たり、逆に雑になったりと、相手にも勝機が見えてくる気がします。
とすると一時期噂されたフロッチ戦などは結構厳しかったのかとも思ってしまいます。
Unknown (Unknown)
2017-03-19 18:09:30
最後にインタビュアーが言っていたとおり、ゴロフキンがジェイコブスをリスペクトし過ぎていた(慎重になりすぎていた)。本当はもっと実力差があって、ゴロフキンがアグレッシブに倒しに行けば早い回でKOできていたと思う。

でも、これで逃げ回っていたアルバレスがゴロフキンを舐めてかかって対戦が決まれば怪我の功名かもしれない。
Unknown (Unknown)
2017-03-19 18:36:21
ジェイコブスが勝っていてもおかしくない試合だったように思う。
ここまでジェイコブスがやるとは思っていなかったので正直驚きました
Unknown (Unknown)
2017-03-19 23:15:51
1,2Rをどちらに振るか、でどちらの勝ちもあり得る試合でしたね。私はゴロフキンに振って115-112ゴロでしたが。
ジェイコブスが健闘したのは間違いないですが、ゴロが衰えたのか、ジェイコブスだったからこうなったのか?
次戦が楽しみです。
Unknown (管理人)
2017-03-20 13:57:07
>Unknownさん
腹が効いてたんですね。
そう見ると色々と納得のいく場面が多いです

>kokさん
ジェイコブスのサウスポースタイルでの左アッパー・フック・ストレート待ちかまえ戦法に打つ手をほとんど見いだせていなかったように映りました。
ジェイコブスのこの左を溜める戦い方にルシアン・ブテを思い出しました

>すとれいと・くーがーさん
右もそうですし、左フックをかなり危険なタイミング角度でもらっても全然なんともないのに驚きました。
ただ腹は確実に効いてたように見えました。

>KSさん
フロッチが苦手なのはスピードボクシングをされることですがゴロフキンは全然そうではありませんからね。
そもそもクラスが違うんですがかつてのフロッチならば有利を予想する声も多いんじゃないですかね。

>Unknownさん
確かにその通りに、最初から強引に叩き潰しに行けばそこで終わっていたのかもしれません。
ただボクシングは結果が全て。
あと早く倒せばそれだけ実力差がある、ってのも違うと思います。

>Unknownさん
私も驚きました。

>Unknownさん
ソーンダースの名前がちらほら取り上げられているのを見ましたし、4団体完全統一を目指すんでしょうかね?
すぐにジェイコブスと再戦、次にカネロ、ってのはとりあえずない気がしています。なんの根拠もありませんが
Unknown (Unknown)
2017-03-21 12:52:31
手に汗握るスリリングな試合展開でしたね
早いラウンドのダウンがなければ、ジェイコブスか勝っていたかも、、、と思ってしまいました
是非リマッチを観たいですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む