box観戦記録

100%自分用のリストです

アッサン・エンダム対村田諒太(2017/05/20)

2017-05-20 21:37:41 | ボクシング

WBAミドル級王座決定戦

ロンドン五輪金メダリストの村田諒太選手(Ryota Murata)がプロでの世界王座に挑戦する注目の一戦。元世界王者のアッサン・エンダム選手(Hassan N'Dam N'Jikam)と空位のWBA王座を争った一戦は東京、有明コロシアムで行われ、村田選手がノックダウンを奪うなど優位に進めていたように映った12ラウンズだったのですが、2-1のスプリットの採点をエンダム選手が制するという意外な採点結果に終わった一戦でした。

初回、ほとんど手を出さずガードを固めてじりじり前へ出るだけの村田選手。ですが初回終了間際にド迫力の右ストレート1発をねじ込んでエンダム選手を威嚇します。2回も手数は少ないもののガードの上からでもズシーンと響く右強打でのプレッシャーでエンダム選手を追い詰めて行く元金メダリスト。4回にはこの右でノックダウンを奪い、以降のラウンドでも再三右で相手を吹っ飛ばす場面を演出。左フックのボディブローや9回あたりから決まりだした左ジャブなどで逃げ惑いなんとか生き延びようともがくエンダム選手に最後まで力強く迫り続けた村田選手が確実なリードをキープした、と見えた試合終了時でした。

しかし公式のスコアは1人が117-110で村田を支持していたものの、残る2人が116-111、115-112でエンダムを支持する2-1でエンダム勝利という意外なものでした。シロート採点118-109村田。
うーん、これはどうなんでしょう。エンダムの手数? ちょっと理解できません。
途中のラウンドで何度もエンダムがこけていたラウンドがありましたが、いずれもスリップとレフェリーはジャッジ。その見方・判断にケチをつける気はないんですが、ノックダウンにとってもいいのでは?と思えたスリップもあったので、そこでノックダウンがコールされていれば… とかはいまさら言ってもしゃーないですか。
まぁ日本のアブラハムの強さってのは確実に示すことができた内容でしたのでめげずに次のチャンスに賭けて欲しいものです。それはそう遠くない未来に実現できるはずです。

エンダム選手は36勝(21KO)2敗。村田選手は12勝(9KO)1敗。

公式ジャッジ


116-111エンダムとスコアしたパナマのGustavo Padillaさん。
過去に10回来日。以下に初回KOで終わったリナレスの試合、女子タイトル戦以外でのスコア状況はこんな感じ。
1995年11月、ナザロフ対カノイ戦。ナザロフ3-0勝利。Padilla119-110、ほかの2人120-113、120-107。
1997年3月、バスケス対渡辺。バスケス5回KO勝利。Padilla40-34、ほかの2人40-34、40-35。
1999年2月、畑山対デュラン。ドロー。Padilla113-113。ほかの2人114-111、113-116。
2006年8月、亀田対ランダエタ1、亀田2-1勝利。Padilla115-112ランダエタ。ほかの2人113-115、113-114
2007年11月、坂田対デンカオセーン1、ドロー。Padilla113-113。ほかの2人114-112、112-115。
2010年12月、カサレス対久高、カサレス3-0勝利。Padilla117-111。ほかの2人117-111、116-112。
2014年12月、内山対ペレス、内山9回TKO勝利。Padilla85-85。ほかの2人88-82、90-78。
2014年12月、河野対ヒメネス、ドロー。Padilla115-112ヒメネス。ほかの2人116-111河野、114-114。

特に内山さんの時のジャッジが今回同様ドイヒーかと。あとは割とまともかな。
他には2014年4月のB-HOP対シュメノフ戦で1人だけシュメノフの勝ちとスコアしていたり、同じく14年の3月のダニガル対ヘレラ戦で1人だけドローとスコア(←まぁこの試合はヘレラ優勢の見方が多かった試合なので1人だけドローってのはまともな見方なのかも)
あと2009年のコテルニク対マイダナ戦で1人だけマイダナの勝利とスコア、2008年のミハレス対ムニョス戦で1人だけムニョス勝利とスコア。



WBA President highly embarrassed by N'Dam v Murata judging(PHIL D JAY/WBN)



Murata Denied Against N'Dam(Derek Bonnett/Secondsout):116-112村田

竹原氏「自分の採点では5ポイント、村田君が勝っていた」/BOX(サンスポ):村田の5p勝利

Hassan N'Dam champion du monde WBA des poids moyens(The Team):フランスのテレビ局Canal+で解説していたファブリス・ティオーゾ116-110村田
Outrage Greets N’Dam N’Jikam’s Decision over Ryota Murata in Tokyo(Reuters)116-110村田


N’Dam Upsets Murata, Wins Title by Controversial Split Decision(Alexey Sukachev/Boxing Scene):117-110村田
Hassan N'Dam vs. Ryota Murata – Results(Jim Dower/Boxing News 24):117-110村田
WBA apologizes for N’Dam-Murata scoring(Fightnews):WBA会長のヒルベルト・メンドサ「117-110村田」「村田と帝拳プロ、そして日本のファンに謝罪したい」(スコア画像)
【浜田剛史の目】手数を重視したのだろうが…私の採点なら7ポイント差で村田勝利(スポニチ):村田の7p勝利

N’Dam malmené mais champion du monde(sfr sport):118-110村田



村田諒太対ブルーノ・サンドバル(2016/12/30)
村田諒太対ジェシー・ニックロウ(2014/12/30)
村田諒太対アドリアン・ルナ(2014/09/05)
村田諒太対柴田明雄(2013/08/25)
ロンドン五輪結果

『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファン・エルナンデス対比嘉... | トップ | 八重樫東対ミラン・メリンド(... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (camaro)
2017-05-20 21:44:12
ボクシングは有効打を1番評価するはずですよね?
確かに手数は少なかったけどこれで負けにされたらやってられないでしょう。
バックブラ1並みに不快な判定です。
Unknown (abcde)
2017-05-20 21:52:01
意味がわからないの一言ですね
アッサンが手数を取ったからと言われてもガードの上からの攻撃ですし、効きもしていないのを有効と取るのはありえないです。
パンチの的確性、そして効かせたのも村田だったとしか思えないです。
村田には気持ちを切り換えて次頑張ってほしいです
Unknown (すとれいと・くーがー)
2017-05-20 21:58:48
国内の試合でここ10数年でもっとも理解しかねる判定ですね。
しかし村田の強さは証明しましたし、リマッチも不必要と言えるレベルの差を見せつけたかと。
結果は判定負けですが期待値はむしろ上がったので腐らず頑張って貰いたいですね。
業界全体としては多いにマイナスですが村田個人としてはプラスの試合だったと私は思います。
信じがたい不当判定 (まっからむ)
2017-05-20 22:14:46
村田が1Rから猛烈なプレッシャーを掛け、3R以降は強烈なパンチを浴びせて、手数は少ないものの、確実に「有効なクリーンヒット」しての完勝やと思いました。
エンダムはいい選手でしたが、終盤はKO負けを逃れるのが精一杯に見えました。
エンダムに付けたジャッジは8R以降はすべてエンダムなんですね。
村田らしさが全開した会心のボクシングだと思うので、村田が気の毒でなりません。
エンダムもまさか自分が勝ちになるとは思わなかったでしょうね。
紛らわしいラウンドはほとんどなく、普通に誰が見ても村田の完勝だと思います。
Unknown (k)
2017-05-20 22:21:36
うーんブロッキング主体のディフェンスってこういう結果になる事は昔から割とあるんですよ
スタッツ見なきゃはっきりとはわかりませんが運が悪かったと思います
Unknown (TITO)
2017-05-20 22:23:46
選手をこれほど可哀そうだと思うのは久しぶりでした。もう、それ以外にありません。ボクシングで、この種の判定が時にでてしまうことがあるのを、もちろん分かってはいるわけですが、、、分かっていますが、それがよりによって村田の世界戦で起きるとは、、、彼が気の毒でなりません。。。
管理人さんが仰るように、彼には今一度チャンスが巡ってきてくれることを切に望みます。
Unknown (y)
2017-05-20 22:46:21
エンダムが足使いながらパンチを出してたラウンドがいくつかあったし、そういうラウンドでは村田も有効打が少なかった。それらをエンダムに取られたんだろうね。三つ目のレフェリーは2ラウンド差だから、序盤1,2ラウンドをみすみす相手にあげちゃったのが痛かったね。
Unknown (Unknown)
2017-05-20 22:52:00
陣営の戦略ミスなんじゃないかなぁ
いくらダメージ与えてもRごとで区切られちゃうし
Unknown (ガジョ)
2017-05-20 22:56:38
帝拳プロモーションのイベントでまさかこんな事が起こるとは…。
脇が甘かったとしか言えませんね。
ジャッジは勿論のこと、近年稀に見る酷いレフェリングだったと思います。
エンダムが終盤見せたホールディングやスリップは明確に前中盤を支配した選手がポイントと引き換えに有効打やピンチから逃れる術。どつきまわされて膝が笑ってる選手がそれをして口頭注意すらしない事に大変驚きました。
しかしながら、世界の一線級にも通じる物を村田が持っていると証明した試合でもあったので、村田がこれから自らのボクシングの幅を広げるのか、ブラッシュアップして突き詰めていくのか、今後が楽しみです。
Unknown (PPP)
2017-05-20 22:59:40
村田のブロッキング、フィジカルがミドル級の一線級にも充分通じること、ダウンを奪った右ショートのタイミングの素晴らしさなど、村田の実力を証明した試合だっただけに、この結果は非常に残念です。
手数の全く出ていない1-3、8ラウンドや、ヌジカムが決死の反撃をした5ラウンドが相手に流れるのは理解できますが、9-12ラウンドが全く取れていないとは。。
ちょっと不可解に過ぎますね
Unknown (Unknown)
2017-05-20 23:04:50
会場で見てきましたが後ろの方の席の人ほど判定の前に帰路についてたのが印象的でした。

細部を把握、判定しづらい環境だと
アッサムを支持する人もいるのも致し方ないと思いますが至近距離で見ているジャッジがそれじゃダメじゃんというのが正直な感想です。
茫然自失 (かちゅや)
2017-05-20 23:27:37
試合が終わった瞬間は、今後はラスベガスでメインイベンターとなり、日本ボクシング界にも世界的スターになり得る選手が誕生した!国内ではボクシング界だけでなく、世間一般でもスターなれる、まさにテニス界の錦織選手の様な選手が誕生した!30年以上ボクシングファンとなってこんな日が来るなんて!と、思ったのですが・・・判定の後はまだ現実が受けいれません。村田選手には簡単にまた頑張って下さいと言えないぐらい凄い努力してきたのが見れたし、帝拳もこの興業を開催するのは大変なことだったと思う。尚更、喪失感が半端ないです・・・
Unknown (あな)
2017-05-20 23:33:14
基本的にヌジカムのクリーンエフェクティブヒットは中盤のショートアッパーと左フック二発だけで、リングジェネラルシップは全シーン村田に見えます どうみてもフルマークにしか見えません この手数とリングジェネラルシップをヌジカム側につけるのはボクシングのレフェリングを根幹から崩す基準ではないかと
試合は素晴らしかった アブラハムより遥かにブロッキングスキル、そしてリング潰しがうまく見えます ダウンとったシーンも相手の位置関係は伏線の押し込み強打等で完全に強振を呼び込んでるように見えてここだけならゴロフキンと同じカウンターの質に見えました
Unknown (インディー)
2017-05-21 00:06:57
僕も同じ採点です。
頭が良いですから初めから手を出さないのも作戦の様に感じましたし、村田選手が可哀想です。
http://indii.hatenablog.com/entry/2017/05/20/225605
Unknown (Unknown)
2017-05-21 01:11:27
この試合と直接的な関係は薄いんだけど、最近ウンコが
一日に5~6回も出て困っているんだよ。
後輩に「今忙しくて手が離せないから、俺のかわりに
トイレに行ってくれ」と頼んでも、便意が収まる事は無い。
どうすればいいのかな?
村田が再戦でヌジカムに勝ったら解消されるのかな?
採点は明らかにおかしかったけど、村田は正直チャレンジャーとしては
アグレッシブさに欠けて、後半はたるくて眠くなった。
パンチ力、フィジカル、ガードの固さなど自分の持つ長所に関しては
世界のトップレベルでも十分通じる事を証明したんだから、次の機会には
相手がヌジカムでも誰でも、撲殺してベルトを強奪するくらいの我武者羅さを
見せてほしい。
Unknown (kon)
2017-05-21 01:58:23
いつも拝見させていただいてます。
村田選手の手数が多くなかったのは事実ですが、明らかに有効打の数で上回っているように思いました。
贔屓目に見ても8ラウンドもヌジカムが取っているのはちょっと信じられないですね。
判定が発表されたときはパッキャオvsブラッドリー1戦目の様な感覚でした。
契約に再戦条項含まれていたのか知りませんが、是非ダイレクトリマッチしてほしいですね。
結果はともあれ、ヌジカムレベルの相手にこの内容で戦えるのが今回分かったのでチャンスはまた来ると思います。
あと日本のアブラハムって言いえて妙ですね
Unknown (Unknown)
2017-05-21 04:24:21
双方が持ち味を発揮した素晴らしい試合だったと思います。日本人がミドル級で強敵相手にこんなに素晴らしい試合ができるなんて、村田選手は本当に強かったですね。判定結果には不信感を禁じ得ませんが、ボクシングの判定ではよくあることですよね、、、悔しいなぁ。今後も村田選手の活躍を観たいです。
Unknown (せっち)
2017-05-21 08:57:40
序盤3Rまではヌジカム優勢で、4R、ここ落としたらまずいな、と感じていた矢先のダウンでした。会場では村田選手が右を打ち込むたび大歓声でしたし、ヌジカムがバタつきやすい選手でもあるので、村田優勢の印象は強かったです。冷静に見返しても、ヌジカムが抑えたラウンドは村田選手より少なかったと思います。しかし最終ラウンドには、村田選手自身も、勝っているかどうかわからない、と感じていたようにも映りました。お客さんの中にもジャブを評価する声が一部見受けられました。
それでも村田の手が上がるべきだと思います。リングから20メートル以上離れた距離からでも、彼のパンチ力とインパクトが伝わりました。ミドル級の世界戦線で彼が絡む姿をもっと見たいと強く思いました。
煽り映像の、北野武さんが語った「運」についてのくだりがどうしてもフラッシュバックします。皮肉な結果になってしまいました。
ダイレクトリマッチを希望します。
Unknown (北陸の通りすがり)
2017-05-21 10:02:08
自分の採点も、管理人さんと全く同じでした。
村田選手が彼らしいボクシングを貫いて、完勝した試合だったと思います。
それだけに、この不可解な判定結果は受け入れがたいものがあります。

海外でも今回の判定については、かなり話題になっているようなので、WBAから再戦の指示がある可能性が高いと思われます。
Unknown (管理人)
2017-05-21 12:20:18
>camaroさん
私は山中モレノ1を思い出しました

>abcdeさん
その通りだと思います

>すとれいと・くーがーさん
試合直後は即再戦だろこれ、とか感じましたが 本田さんもリマッチしねぇ とか言ってるみたいですしおっしゃる通り再戦の意義を感じない完全村田勝利の内容だというのはその通りだと思います
メンドサ会長が再戦やらせる とかも言いつつ でも指名挑戦者のブラントが控えてる とも
村田本人の意向もありますしどうなるのかはっきりするまではもう少し時間かかりそうですね

>まっからむさん
おっしゃる通りの 村田が思い描いていたプラン通りに戦え、そして圧倒 という内容だったと思います
これで勝てなかったらどうすりゃいいの という落胆、失望は想像以上かもしれません

>kさん
昔からよくある という実例をいくつかあげて欲しいですね
私にとっては、この内容でこの採点結果というのは理解できません

>TITOさん
本人が望めばチャンスはすぐに訪れるはずです。
ただ今後について明言を避けてましたし、モチベーションを失ってしまうということがあっても不思議ではないのかも
そう思えるほどの意味不明判定でした。

>yさん
どう理屈をこねても私にとっては理解不能な結果でした。

>Unknownさん
もう少し、あともう一押しできていれば結果は違ったのかもしれません
ただそれは結果論です。この日の村田の戦いぶり、陣営のプランは最良のものだったしそれを実践できていた村田、という風に私には見えました

>ガジョさん
レフェリング、特にスリップダウンの判断についての私の見解は記事中に書いた通りです
不運が重なってもいましたね

>私は1と2以外全部村田でした。おっしゃる様に8や5は取られていても納得できる内容でした。
ただ2人が全部振っていた9以降は見解の分かれるような内容だったですかね。試合を見直していないので明言はできませんが、9なんかは村田の左ジャブで腰砕けみたいになっていたラウンドだったような
 試合を改めて見直してみたい気もしますが、いまのところあまり気が進みません

>Unknownさん
判定の前に帰っていた人ってのは村田勝利を確信して
ということじゃないんでしょうか?よくわかりませんけど

>かちゅやさん
村田にとっては、準備してきたことをすべて出し尽くした、思い描いていた通りの以上のベスト以上のパフォーマンスだったように思います
それでこの結果ですからおっしゃるような喪失感はデカいと想像できますね

>あなさん
この日の村田はほぼパーフェクトと言っていい内容だったと私にも思えました。
5回にやりあったときに危険を感じた場面もありましたが、それだけ。
終始クレバーで注意深い戦いに感服した一戦でした。

>インディーさん
スタートの出方は大方の事前予想がそうであったようにプラン通りだったと私も思っています。

>Unknownさん
以前にも書いたことがありますが
よく聞くフレーズ 挑戦者なんだから積極的にいかないとダメ
というものには何の意味も根拠もありません。
心意気について言うのならわかる部分もありますが、採点においてそんな根性とか心意気みたいなもの無意味なのは言うまでもないですよね。
採点基準において挑戦者と王者とで何か違いはありません。

>konさん
日本のアブラハムってのは少し前から流行らせようともくろんでたのですが、影響力少なすぎブログ発信ですしアブラハム自体が日本ではマイナー
まぁこれからもしつこく使い続けます

>Unknownさん
この日の村田は素晴らしかったです。ただエンダムに関してはこんなもんだったっけか、というのが率直なところでした。

>せっちさん
村田勝利以外にないと私も感じています
運・不運、こんな言葉で片づけられたら村田選手もたまったもんじゃないでしょうが、不運としか言いようがない夜でした

>北陸の通りすがりさん
WBAがそういう動きを見せてはいるようです。
判定結果に疑問を感じた場合、いろんな記者のスコアを並べてみて多数派意見とオフィシャルとの違いを色々検証できて興味深いのですが、日本開催の場合それが困難なのがいつも残念です。(リアルタイムであるいは録画でも試合を見ている記者自体が少ないためと思われ)
山中モレノ1の時もそうでした
compuboxのスタッツも見たいけど多分今回も無理なんだろうな・・
多数派意見? (Unknown)
2017-05-21 17:07:27
ルール自体に問題があるのに改正されないことが問題。

10ポイントマストの伝統を守る限り、問題も守られる伝統になる。
攻撃の有効性を加点するに変更すればよい。

極力振り分けはあり、手数もあり。しかし、有効性は低い。

そもそもスポーツはルールに主体性がある。
選手、ジャッジ、関係者、ファン、すべてがそれに合わせる。
解釈に各自の独善性という主体性はあるが、
判定の議論は(独善的)解釈論争になるだけ。

論争すべきなのはルール。
試合で論争は動員力勝負になるだけ。
くだらんナショナリズムを肯定する、別の問題になる。
Unknown (Unknown)
2017-05-21 18:49:06
確かに村田の勝ちで全く問題ない試合内容ではありますがスタッツが出てればヌジカムの勝ちも理解出来る内容だったはず。
管理人さんが山中モレノ1をと言いますがあの試合はこんなレベルじゃない不当判定。
モレノは山中を完全に完封してシャットアウトしましたが村田はガードの上からでも打たせすぎ。
ダウンも一度しか取ってないから4R以外2ポイント差がつくラウンドはないです。
確かにハッキリと村田が勝った試合だとは思いますが山中や長谷川のWBC判定はこんなレベルじゃないほど酷いですね。
Unknown (kon)
2017-05-21 19:03:29
多数派意見?タイトルのUnknownさん
それは今回の問題とは少しズレていると思いますよ。
コバレフvsウォードのような試合にそういった論争が巻き起こるのは分かりますが、見直しもしましたがやはり今回の試合は明らかな村田選手の勝利だったと思います。
そもそも現状のルールでも第一に優先されるのは有効打、次点で手数などの攻勢をとることになっているはずです。
今回の問題は、少し前に不可解なジャッジが続いたcj rossさんの時のようにジャッジ個人の質が問われるのであって、ルールがどうのじゃないと思います。
Unknown (tan)
2017-05-22 04:55:20
山中モレノ1はそこまで不当判定じゃないでしょ
あれは僅差だからどちらが勝ってもおかしくない
今回はと別
Unknown (Unknown)
2017-05-22 07:46:24
パッキャオ×ブラ1
山中×モレノ1
コバレフ×ウォード
ロマゴン×シーサケット

どれも不当判定で勝ちは本来なら反対だけどこの中でも山中×モレノが1番酷い判定
12R中11R取られてダウンまでしてるのに見逃してもらうあり得ない試合内容

村田も勝っていた内容だけどモレノが山中を圧倒したほどではなかった
あまりに手数が少なすぎた
Unknown (Unknown)
2017-05-22 08:21:45
現地観戦しましたが、全く疑う余地なく村田の勝利と感じました。
試合終了直後、判定が出る前に、前の人の書き込みにもあるように、たくさんの人が帰路についてましたが村田の勝利が疑いようもないから、と感じました。
ある程度、離れたところから見てもわかる村田のパワー、最後の方はヌジカムが逃げ回っているようにしか見えず、現地で見てる人ほど、そう感じる人は多かったのではないでしょうか?
また、帰る人の他にも村田を讃えようと席を離れ、前の方に押し寄せる人もたくさんいて、もう村田が勝ったという雰囲気でした。
かくいう私も村田を讃えようと席を離れ前に押し寄せた一人だったのですが、判定を聞いて唖然としてしまいました。
なんかこの結果に怒りがこみ上げるというよりは、白けちゃいましたね、拳四朗戦、比嘉戦と徐々に盛り上がった、それまでの熱が急にフッと消えちゃったみたいで、なんだか虚しい気持ちで帰路につくことになってしまいました。
Unknown (オッドアイ)
2017-05-22 09:07:10
かなりの人が「不可解な判定だ!」「リマッチだ!」と仰っているようですが、私は113:114でアッサンの勝利でした。

村田選手の右ストレートは世界に通じると思うのですが、アッサンは4、7ラウンド以外ほとんどのケースで右ストレートを左ガードで抑えています。
それは多少ガードから滑り込んで当たることもありました。しかしながら、ギャラリーが歓声を上げるシーンが本当に有効打であったのか?と言うと疑問を感じます。

アッサン選手も有効打が少ないことは分かるのですが、有効打が似たり寄ったりの場合手数で考えても仕方ないのではと思います。
「アッサンの有効打はなかっただろ?」と思われる方もいると思いますが、私は村田選手の前に構えがちなガードに対しフックで耳の近くを打つケース、コンビネーションでボディーを打つケース等を踏まえて感じたものです。

周囲の人とは違い、負けたことは村田陣営自身がよく分かっているのではないでしょうか?
12ラウンドの村田陣営の声掛けは「もっと攻めて倒せ!」(正確な文言は忘れましたが、このままじゃ負けるから攻めろ!という認識の下に声掛けしていると思わせるものでした。)だったと思います。

アッサンは逃げてばかりで・・・と言われていますが、無謀に感じる打ち合いに転じるケースも見られましたし、私には村田選手が上手く攻めれず逃げられている風に見えてしまいました。
特に7ラウンドの最後の1分は詰めが甘くほとんど手の出ない村田選手に歯がゆさを感じました。

ゴロフキンに勝つことはさておき、村田選手にはチャンピオンになる可能性が十分あると思います。
これを糧に今後の活躍を期待したいです。
ボクシングの判定基準 (ノリ)
2017-05-22 10:49:22
ボクシングが大好きで、40年余り見てきた。
これが正しい判定とはとても思えない。
それと、村田が「判定を受け入れる」等の発言しているが、本当に素晴らしい人物だ。
ただこの発言は海外では、本人は負けを認めているという意味で受け取られる。
日本人の美徳が、この世界では仇になる。
敵陣営は、「本人が負けたと言ってるのだから再戦する必要はない」てなことも言いかねない。
ここは、「おれが勝っていた ! もう一度戦え」くらい言うべきだったかもしれない。
Unknown (あいち)
2017-05-23 05:44:55
お久しぶりです!
オッドアイさんの言う様に、確かにガードの上のパンチが多く、はっきりパンチ数を数えたわけではないですがそういう見方をするともう少し僅差かも、と思ってきました。
が、ボディへのヒットは村田はけっこう取っていたようにも見えます。
よくジョー小泉さんが、相手に与えたダメージ量が優先というようなことを言っていますが、ガードの上からのダメージはどういう扱いなのかよく解っていないです。
ガードの上から効かせてのダウンは当然ダウンなので、ガードの上からのパンチでフラフラしていたら有効と取っていいように思いますが…。

ヌジカムはボディが打たれ強かったですね。
よくやった (氷室)
2017-06-27 20:34:44
この試合は村田がいくら勝っていてもチャンピオンじゃない ゴロンフキンかカネロとやらないと納得しませんよ 決定戦なんかじゃ亀田といっしょだろ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む