カープBOM! Mk-Ⅲ

広島の名も無き”田舎侍”がカープを中心に色々と言いたい放題に書いて行く過激なスポーツコラムです。

CSはベイスターズと対戦

2017-10-17 22:22:22 | Weblog
 明日からカープのプレーオフ(クライマックスシリーズ・ファイナルステージ)がやっと始まります。 リーグ優勝から1ヶ月と1週間、レギュラーシーズンの最終戦からもかなりの時間が経ってしまいました。 一方で今日は甲子園球場で2位タイガースと3位ベイスターズによるファーストステージが1勝1敗のタイで行われベイスターズが6-1で勝って明日からカープとマツダスタジアムで対戦です。 初戦を快勝したタイガースでしたが大雨の中で無理矢理に行われた2戦目で勢いを削がれて運にも見放された感じも。 私は今日の予備日を忘れてましたが、たった1日なので基本的に雨天中止など存在しないかの様に組まれていたのでしょうか。 確かに梅雨ではありませんが秋雨前線なんて言葉もあるくらいで雨は降りますからね。 昨日も関西は一日中雨で試合は中止でした、もし日曜と月曜の両方とも試合が流れていたら初戦をタイガースが勝っていた為に2戦目までしか出来なかった場合は1勝1敗の引き分けとなりリーグ戦の順位が上のタイガースが勝ち上がる事になり、今日の試合もやるだけ無駄なので中止になり主催のタイガース球団が大損をするので。 結果的に3試合を開催出来て球団の利益を守ったものの勝負には負けてしまったと。 それにしても2試合目のあの”泥田グラウンド”は凄かったです。 甲子園球場のグラウンド整備を担当する阪神園芸の技術がネット上で評価されてましたが、もし甲子園の内野に芝が貼られていたら...と思わず考えてしまい、そして屋根も無い球場にも関わらず12球団で最も早く?全日程をカープが終えている点も気になり。 あの開幕戦を始め雨の中でも試合を強行出来る(客の健康問題や選手の怪我の事も考えれば褒められた話では無いのだが...)のはマツダスタジアムが内野にも天然芝を張った球場だからか。 阪神電鉄も甲子園のリニューアル工事の際に内野天然芝も検討したが高野連から1日に最大4試合する今の大会方式が出来なくなるから、と言われて諦めたとも。 とにかくやっとカープの試合だ...
10月17日(月)の巡回備忘録

10月16日(日) おはようございます【記念】ボスの日【歴史】阪神タイガース、21年ぶりのリーグ優勝(1985)【誕生】阿川泰子【雑記】球団初の日本一に輝いたこの年......

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日(月)の巡回備忘録 | トップ | ”雨中の決戦”をザッピング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事