カープBOM! Mk-Ⅲ

広島の名も無き”田舎侍”がカープを中心に色々と言いたい放題に書いて行く過激なスポーツコラムです。

打線が不振でピンチ

2017-04-20 22:22:22 | Weblog
 今日もカープはホームのマツダスタジアムでベイスターズと対戦でした。 そしてテレビ中継もやってましたし夕方、散髪に行くと散髪屋も18時になると店内のラジオをそれまで掛けていた広島FMの番組からRCCラジオのカープナイターに替えてました。 試合はカープが大瀬良投手、ベイスターズが井納投手の先発で始まり、大瀬良投手は2回に1点を先制されたものの追加点は与えず0-1の投手戦となって中盤も過ぎ、終盤に入った7回にそれまで味方の援護の無い中、追加点を与えず粘っていた大瀬良投手が2点を失って0-3となり敗色濃厚に... しかし、その裏の攻撃でそれまでヒットもほとんど出なかった打線が集中打でチャンスを作り、安部選手のタイムリーヒットと”新・必殺仕事人”こと大瀬良投手の代打・小窪選手のタイムリーヒットで3点を返して同点に。 しかし勝ち越す事が出来ず大瀬良投手の黒星だけは消しましたが先発での初勝利はまたもお預けに。 7回を3失点ですから先発投手としての仕事は出来ましたが、終わって見ると7回の追加点さえ取られなければ...とも。 少なくとも先発投手としての復活は間違い無いので後は”勝てる投球”が出来る様にバッテリーで工夫して行けば。 今週末はサンフレッチェのクラブ創立25周年記念イベント付きのホームゲームがありますし、バスケのドラゴンフライズもB1リーグ昇格に向けて重要なホームゲームです。 カープは神宮へ。
残念な広島”W敗戦”

 今日もカープは横浜スタジアムでベイスターズと対戦でした。 珍しくビジターながらテレビ中継されていた試合はカープが左腕・ジョンソン投手、ベイスターズがモスコーソ投手の先発で始まり、......

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若手サウスポーに期待 | トップ | 深刻な得点力不足@広島 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL