DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

クルーザー級(01‐31‐12)

2012年01月31日 00時20分19秒 | ボクシングネタ、その他雑談
2012年1月31日現在のクルーザー級王者たちです。

WBA(レギュラー):ギレルモ ジョーンズ(パナマ/防衛回数2)
WBA(暫定):デニス レベデフ(露/0)
WBC:クリストフ ウロダルチェク(ポーランド/3)
IBF:ファン パブロ ヘルナンデス(キューバ/0)
WBO:マルコ フック(独/8)
OPBF(東洋太平洋):ブラット ピット(豪/0)

こちらは前回、2010年7月9日のクルーザー級王者たちです。

WBA:ギレルモ ジョーンズ(パナマ)
WBA暫定:スティーブ アレリュー(仏)
WBC:クリストフ ウロダルチェク(ポーランド)
IBF:スティーブ カニンガム(米)
WBO:マルコ フック(独)
OPBF(東洋太平洋):ドミニク ヴィア(豪)

そして前々回、2008年12月23日のクルーザー級王者たちです。

WBA:ギレルモ ジョーンズ(パナマ)
WBC:ジャコーベ フラゴメーニ(伊)
IBF:トーマス アダメク(ポーランド)
WBO:空位
OPBF(東洋太平洋):ドミニク ベア(豪)

*多分地味すぎるクラスだからでしょうか、このクルーザー級には常に注意を払っています。

ここ数年、一昔前より頻繁に世界戦が行われている同級。この階級の牽引車的存在だったフックが来月25日、WBAヘビー級王者アレクサンダー ポベトキン(露)に挑戦します。現在までに同王座が空位になったという情報や、暫定王座決定戦などの話は耳にしていません。

そのフックを大いに苦しめ、現在はWBAの暫定王座に君臨しているレベデフ。次戦を4月8日に予定しています。その試合がジョーンズとの王座統一戦という噂もありますが、対戦者が誰になるかは現在までに決まっていません。フックの動向に関わらず、同級実力ナンバー・ワンはこのロシア人でしょう。

実力拮抗者同士の再戦、ヘルナンデス対カニンガムが今週末2月4日に予定されています。どちらが勝利するにしろ、かなり競った内容になるでしょう。

最初OPBF新王者の名前を聞いた時、耳を疑いました。米国の有名俳優と同盟ですからね。このピット、現在30歳で12戦全勝(10KO)という好戦績の持ち主。是非同王座の地位を上げていってもらいたいです。

地味ながらも頑張りが見られるクルーザー級。スター選手の登場が望まれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライトヘビー級(01‐30‐12)

2012年01月30日 19時28分54秒 | ボクシングネタ、その他雑談
2012年1月30日現在のライトヘビー級王者たちです。

WBA:ベイビュート シュメノフ(カザフスタン/防衛回数3)
WBC:バーナード ホプキンス(米/1?)
WBC暫定:チャド ドーソン(米/0)
IBF:タボリス クラウド(米/3)
WBO:ネイサン クレバリー(ウェールズ/2)
OPBF(東洋太平洋):空位

こちらは前回、2010年7月4日のライトヘビー級王者たちです。

WBA:ベイビュート シュメノフ(カザフスタン)
WBC:ジャン パスカル(カナダ)
WBC暫定:チャド ドーソン(米)
IBF:タボリス クラウド(米)
WBO:ユルゲン ブルーマー(独)
OPBF(東洋太平洋):ティム ベル(豪)

そして前々回、2008年12月7日のライトヘビー級王者たちです。

WBA:ウーゴ ガライ(亜)
WBC:エイドリアン ディアコヌ(ルーマニア)
IBF:チャド ドーソン(米)
WBO:ゾルト エルデイ(ハンガリー)
OPBF(東洋太平洋):ティム ベル(豪)

*今春、3人の世界王者が防衛戦を行います。

まずは強打のクラウドは来月18日、元WBA王者のガブリエル カンピージョ(スペイン)と対戦。試合間隔は若干空き気味なクラウドですが、強豪との対戦に勝ち残っています。今後の活躍が期待できる選手といって過言ではないでしょう。続いて同25日、ジョー カルザゲの後輩クレバレーが米国のトミー カーペンシーと対戦します。

ホプキンスは4月28日、ドーソンとの因縁の再戦が控えています。この試合は高度な技術戦になるでしょう。

また空位のOPBF王座決定戦が3月30日に予定されています。対戦カードは豪州のマニー ビラミス(Vlamis)対 サモアのトガシリマイ レトス。この試合の勝者に西澤 ヨシノリが絡んでくると面白いのですが。

こうして見てみると、改めて地味なクラスというのが感じられますね。ホプキンスがどこまでやれるか?それが一番の注目点ではないでしょうか。

そういえばこのライトヘビー級、WBA王者が1人しかいないという希少価値のあるクラスでもあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色々(01‐29‐12)

2012年01月29日 02時57分14秒 | 世界ボクシング
最近(2012年1月29日ごろ)のニュースです。

1)WBCライトヘビー級戦バーナード ホプキンス 対 チャド ドーソン(米)の再戦が4月28日、米国ニュージャージー州で予定されています。両者は昨年10月に対戦し、その時は2回無効試合に終わっています。

2)現在WBOライト級には2人の王者が君臨しています。これまではファン マヌエル マルケス(メキシコ)が正規/レギュラー王者で、スコットランドのリッキー バーンズが暫定王者でした。今回、マルケスがスーパー王者に、そしてバーンズが正規王者にそれぞれ昇格しています。

3)バーンズは3月10日、保持する王座の初防衛戦に臨みます。挑戦者は日本でもお馴染みの元WBA王者パウルス モーゼス。

4)フロイド メーウェザー(米)は5月5日、マニー パッキャオ(比)は6月8日に次戦を予定しています。両者の一騎打ちより、両選手とも対ミゲル コット(プエルトリコ)との対戦が噂されています。

5)WBCフライ級王者のポンサックレック ウォンジョンカム(タイ)が3月2日、比国のソニー ボーイ ハロとの防衛戦を予定しています。この防衛戦、ポンサックレックにとり通算25度目のものになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週末の試合予定

2012年01月28日 00時06分38秒 | 世界ボクシング
2012年1月最終週末の試合予定です。

*寂しい事に今週末、2012年1月の最週末には、日本国内、海外ともに大きな興行は予定されていません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粉川、空位の王座獲得

2012年01月27日 00時08分20秒 | 日本ボクシング
昨日26日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本フライ級王座決定戦:
粉川 拓也(宮田) 判定3対0(96-94、96-95x2)池原 繁尊(横浜光)

*2012年初の日本王座戦。元OPBF(東洋太平洋)スーパーフライ級王者で、世界挑戦の経験もある粉川が、僅差の判定勝利で空位の王座を獲得しています。

新王者となった粉川はチャンピオン・カーニバルの一環として、林 徹麿(セレス)の挑戦を受けることが義務付けられています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バスケス、大差判定でV3

2012年01月26日 00時16分50秒 | 世界ボクシング
先週末21日土曜日、メキシコで行われた試合結果です。
IBFライト級戦:
王者ミゲル バスケス(メキシコ)3対0(120-107x2、119-108)挑戦者アメス ディアス(パナマ)

*指名挑戦者を相手に、ほぼフルマークの判定勝利を収めたバスケス。保持する王座の3度目の防衛に成功しています。バスケスは8回にダウンを奪っています。

昨年の6月頃、マルコ アントニオ バレラ(メキシコ)との対戦が噂されていた王者ですが、それ以降バレラの動向を一切耳にしません。引退したのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐藤、世界初挑戦が決定

2012年01月25日 07時11分40秒 | 世界ボクシング
3月27日、後楽園ホールで予定される試合です。
WBCスーパーフライ級戦:
王者スリヤン ポー チョークチャイ(タイ)対 挑戦者佐藤 洋太(協栄)

日本ウェルター級:
王者渡部 あきのり(協栄)対 挑戦者斉藤 幸伸丸(輪島功一スポーツ)

*これまで強豪相手に日本王座を守ってきた佐藤。聖地後楽園ホールでの世界初挑戦が決定しました。この世界戦の前座では、2月23日に予定されていた日本ウェルター級戦も同時に開催されることが発表されています。豪華な興行になりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リゴンドウ、王座統一に成功

2012年01月24日 00時25分36秒 | 世界ボクシング
先週20日金曜日、米国ネバダ州で行われた試合結果です。
WBAスーパーバンタム級王座統一戦:
暫定王者ギュレルモ リゴンドウ(キューバ)KO6回1分29秒 正規王者リコ ラモス(米)

*リゴンドウの貫録勝ち、といえば十分でしょう。初回、連打からダウンを奪い、次の4ラウンドはリラックス・モードでボクシング。両者の頭が衝突し、試合が一時中断した直後、連打の中からのボディーでKO。文句なしの勝利でWBA王座を統一。暫定王者時代を含め、2連続防衛に成功しています。

サーシャ バクティン(露/協栄)戦は実現するのでしょうか?一つ減ったWBAの暫定王者。WBAの有言実行に期待しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の新OPBF王者

2012年01月23日 21時45分32秒 | 世界ボクシング
今月15日、韓国で行われた試合結果です。
OPBFスーパーフェザー級戦:
挑戦者金 ドンヒュク(DongーHyuk) 負傷判定8回1分17秒(2対1:77-76、78-74、74-78)王者ロナルド ポンティージロス(比)

*2012年初のOPBF戦が韓国で行われ、挑戦者の金が僅差の負傷判定ながらも王座奪取に成功しています。新王者はこの試合が僅か7戦目の選手。これまでの戦績は6勝(1KO)1敗で、韓国の国内スーパーフェザー級王座も獲得しています。久々に韓国からのOPBF王者誕生のような感がありますね。

新王者、どのような漢字を書くのでしょうか。ご存知の方はご連絡下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色々(01‐22‐12)

2012年01月22日 01時56分46秒 | 世界ボクシング
最近(2012年1月22日ごろ)のニュースです。

1)昨年10月、敵地タイに乗り込みWBCフライ級王者ポンサックレック ウォンジョンカム(タイ)に挑戦したエドガル ソーサ(メキシコ)。その時は明白な判定負けを喫しています。そのソーサが今月7日、比国のロイロ ゴーレスを相手に再起戦を行い7回TKOで勝利を収めています。すでに4月7日に次戦を予定しているソーサ。今年も精力的に試合を行っていきそうです。

2)強打と馬力で不敗を維持してIBFライトヘビー級王者タボリス クラウド(米)。来月18日に米国テキサス州で4度目の防衛戦を行います。今回の相手は前WBA王者ガブリエル カンピージョ(スペイン)になります。

3)暫定王座を含め、メキシコ人としては初の世界5階級制覇を果たしたホルヘ アルセ。現在WBOバンタム級王座を保持しているアルセは2月18日、メキシコで試合を予定しています。しかし挑戦者探しに苦慮中のようです。当初、元WBAフライ級王者ロレンソ パーラ(ベネズエラ)との初防衛戦を企画。しかし、その一戦はWBOに却下され、今度はブラジルのベテラン選手ジョバンニ アンドラーデに声をかけます。しかし対アンドラーデ戦もアンドラーデがWBOランキングの15位以内に入っていないためにWBOから世界戦としての認可が下りませんでした。現在までにアルセが別の挑戦者を発見したとい情報はありません。また、このままアルセ対アンドラーデが無冠戦として決行されるという可能性もあるようです。

4)WBAクルーザー級暫定王者のデニス レベデフ(露)が4月8日、ロシアの首都モスクワで試合を行います。対戦者は決定していませんが、同レギュラー王者ギレルモ ジョーンズ(パナマ)との王座統一戦の可能性もあるようです。

5)また3月31日には、サーシャ バクティン(露/元協栄)もモスクワで試合を予定しています。こちらも対戦者は未定です。

6)WBAスーパーミドル級の暫定王者で現在は同団体の1位にランキングされているブライアン マギー(英)。2月18日に敵地デンマークに乗り込み、ルディー マークセンと防衛戦を行います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加