DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

今週末の試合予定

2009年10月31日 00時04分10秒 | 世界ボクシング
2009年10月最終週末の試合予定です。

30日 金曜日
米国テキサス州
WBCカリビアン・スーパーウェルター級戦:
王者へクター カマチョ ジュニア(プエルトリコ)対 挑戦者ヨリ ボーイ カンパス(メキシコ)


31日 土曜日
米国ネバダ州ラスベガス
IBFバンタム級戦:
王者ジョセフ アグベコ(ガーナ)対 挑戦者ヨニー ペレス(コロンビア)

IBFスーパーウェルター級戦:
王者コーリー スピンクス(米)対 挑戦者カルロス モリナ(メキシコ)

WBCライト級暫定王座決定戦:
アントニオ デマルコ(メキシコ)対 ホセ アルファロ(ニカラグア)


11月1日 日曜日
大阪IMPホール
日本・東洋太平洋(OPBF)スーパーウェルター級戦:
王者野中 悠樹(尼崎)対 挑戦者柴田 明雄(ワタナベ)


3日 火曜日
宮崎県都城市早水文化センター
スーパーウェルター級8回戦:
湯場 忠志(都城レオ)対 戸高不乱拳大樹(ミサイル工藤)

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

アダメクがTKO勝利

2009年10月30日 08時45分05秒 | 世界ボクシング
ポーランドで行われた試合結果です。
IBFインターナショナル・ヘビー級王座決定戦:
トーマス アダメク TKO5回1分20秒 アンドリュー ゴロタ(共にポーランド)

*ポーランド史上最大の一戦を制したのはアダメク。同国の英雄ゴロタから初回と5回にダウンを奪いTKO勝利を収めています。
打っては離れ、攻撃時はコンビネーション。機動力で勝るアダメクのワンサイド勝利。試合終了時までの採点も3ー0(40-36、40-35x2)でアダメクでした。
クルーザー級王座をすでに返上しているアダメク。今後、最重量級でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。

観客の歓声は、ゴロタの攻撃時の方が断然大きかったように感じられました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

挑戦者が変更

2009年10月29日 07時36分08秒 | 日本ボクシング
12月18日神戸ワールド記念ホールで予定される試合です。
WBCバンタム級戦:
王者長谷川 穂積(真正)対 挑戦者アルバロ ペレス(ニカラグア)

フェザー級10回戦:
粟生 隆寛(帝拳)対フェイダー ビロリア(コロンビア)

*当初は元WBAフライ級王者で、現在WBOバンタム級1位にランキングされるエリック モーレル(プエルトリコ)の挑戦を受ける予定だった長谷川。サウスポーのペレスとの防衛戦に変更となっています。

前座で再起戦に臨む粟生の対戦者が決定。コロンビアのビロリアが相手を務めることに。ビロリアは昨年5月に当時オスカー ラリオス(メキシコ)が保持していたWBC暫定フェザー級王座に。そして先月にはWBOフェザー級王者ローマン マルチネス(プエルトリコ)に挑戦しています。ビロリアは両試合ともKO負けを喫しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色々(10‐28‐09)

2009年10月28日 06時14分31秒 | 世界ボクシング
最近(2009年10月28日ごろ)のニュースです。

1)この4月に、ポール ウィリアムス(米)に苦杯を舐めたロナルド ライト(米)。12月11日にプエルトリコで再起戦に臨みます。対戦者は中堅選手グラディー ブリューワー(米)。

2)WBAスーパーライト級暫定王者マルコス マイダナ(亜)が、11月21日に母国アルゼンチンで初防衛戦を予定しています。挑戦者はパナマのウィリアム ゴンザレス。

3)先週末24日に行われる予定だったIBFフェザー級戦、王者クリストバル クルズ 対 挑戦者リカルド カスティーリョ(共にメキシコ)。11月21日に延期となっています。

4)11月21日にはWBC暫定スーパーフェザー級戦も予定されています。王者ウンベルト グティエレス(メキシコ)がドイツに乗り込み、同地のビタリ タイベルトの挑戦を受けます。

5)12月19日にドイツで2大暫定王座戦が予定されています。WBCミドル級暫定王者セバスチャン ズビック(独)がイタリアのエマヌエル デラ ロサと、そしてWBOライトヘビー級暫定王者のユルゲン ブルーマー(独)がそれぞれ初防衛戦に挑みます。ブルーマーの挑戦者は現在までに決定していません。

6)世界王者を乱発、悪用するWBA。どうやら同団体には、インターコンチネンタル王座とインターナショナル王座が並立して存在しているようです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロハス、次はダルチニアン

2009年10月27日 06時46分53秒 | 世界ボクシング
メキシコで行われた試合結果です。
WBC暫定スーパーフライ級戦:
王者トーマス ロハス(メキシコ)判定3ー0(119-108、117-109x2)挑戦者エバンス ムバンバ(南ア)

*接戦が予想されていた一戦。王者ロハスが3回と11回にダウンを奪い、大差判定で暫定王座の初防衛に成功しています。
ロハスは1ヵ月半後に、WBC正規王者でWBA王座も保持するビック ダルチニアン(豪)と対戦します。

これまでに11敗(32勝1引き分け、KO負けは1度のみ)を喫しているロハス。しかし苦杯を舐めさせられた選手たちは、ホルへ アルセ(メキシコ/暫定王座を含めて3階級制覇達成)、アンセルモ モレノ(パナマ/現WBAバンタム級王者)、ジェリー ペニャロサ(比/元2階級制覇)、クリスチャン ミハレス(メキシコ/元2団体統一スーパーフライ級王者)、ロセンド アルバレス(ニカラグア/元2階級制覇、懐かしい!)等世界的強豪多数。師走に意外な結果が待ち受けているかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3戦目の相手は國重

2009年10月26日 04時02分28秒 | 日本ボクシング
12月29日、大阪府立体育会館で予定される試合です。
ライトフライ級10回戦:
WBCライトフライ級9位國重 隆(大阪帝拳)対 日本ミニマム級8位井岡 一翔(井岡)

*日本ボクシング界の大型ルーキー井岡のプロ3戦目が年末に予定されています。今回の井岡の対戦者は、何と現役世界ランカーの國重。世界戦挑戦の経験もある技巧派です。
叔父の井岡 弘樹会長によると、もし國重にKO勝利するような事があれば、4戦目での世界挑戦もあるとの事です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポンサックレックの防衛戦

2009年10月25日 12時13分08秒 | 世界ボクシング
タイで行われる予定だった試合です。
WBC暫定フライ級戦:
王者ポンサックレック クラティンデーンジム(タイ)対 挑戦者リチャード ガルシア(比)

*当初、今週木曜日22日に予定されていた試合。どうやら中止となっていたようです。現在までに、ポンサックレック、ガルシア共に今後の試合日程の発表はされていません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週末の試合予定

2009年10月24日 00時56分43秒 | 世界ボクシング
2009年10月第4週末の試合予定です。

24日 土曜日
メキシコ
WBC暫定スーパーフライ級戦:
王者トーマス ロハス(メキシコ)対 挑戦者エバンス ムバンバ(南ア)

メキシコ(上記とは別会場)
IBFフェザー級戦:
王者クリストバル クルズ 対 挑戦者リカルド カスティーリョ(共にメキシコ)

ポーランド
IBFインターナショナル・ヘビー級王座決定戦:
トーマス アダメク 対 アンドリュー ゴロタ(共にポーランド)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次はモーレル

2009年10月23日 06時51分41秒 | 日本ボクシング
12月18日神戸ワールド記念ホールで予定される試合です。
WBCバンタム級戦:
王者長谷川 穂積(真正)対 挑戦者/元WBAフライ級王者エリック モーレル(プエルトリコ)

*日本のエース長谷川の10度目の防衛戦が決定。挑戦者は元WBAフライ級王者で、現在WBOバンタム級1位のエリック モーレル。相手にとって不足なし。モーレルは強豪中の強豪です。
減量の悪影響がないと考えた場合、やはり長谷川有利は不動のものでしょう。ロレンソ パーラ(ベネズエラ)やマーティン カスティーリョ(メキシコ)等、自分より技術が上の選手に苦杯を舐めてきたモーレル。長谷川には両選手以上の技術と、彼等に勝る体格があります。

また前WBCフェザー級王者粟生 隆寛(帝拳)もこの興行に出場を予定しています。粟生にとり、7月に王座を失って以来の再起戦になります。

師走の神戸に、ほんの少し早いクリスマスが訪れるようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フロッチが競り勝つ

2009年10月22日 07時34分26秒 | 世界ボクシング
英国で行われた試合結果です。
WBCスーパーミドル級戦:
王者カール フロッチ(英)判定2ー1(116-112x2、113-114)挑戦者アンドレ ディレル(米)

*この試合の数時間前に行われたアーサー アブラハム対ジャーメーン テーラー戦よりも競った試合になりました。
私(Corleone)の採点は114対113でディレル。振り分けが難しいラウンドがかなりありました。見方によっては(実際に2人のジャッジはフロッチを支持)、どちらに転んでもおかしくない試合でした。ディレルは度重なるホールディングのために、10回に減点を受けています。逆にフロッチ。ラビットパンチ(頭部後方)を連発するも減点なし。

スピード、テクニック、そして手数は挑戦者。しかしディレル、スーパーミドル級としてはパンチが軽すぎ。対戦者にとり、見た目以上にやりづらいと思われるフロッチ。しかしテクニシャン相手になると、下手さ、そして動き全体の鈍さが顕著になってしまいました。

勝って王座防衛に成功したフロッチは評価が落ち、逆に負けて評価を上げたのが挑戦者。面白いものです。
フロッチの次戦はミッケル ケスラー(デンマーク)と、そしてディレルはアブラハムとの対戦が内定しています。ディレル対アブラハム戦は、1月23日に米国内で予定されています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加