DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

大失望、リゴンドー(WBOスーパーフェザー級)

2017年12月11日 00時53分31秒 | 世界ボクシング
現地時間の半日前(9日・土曜日)、米国・ニューヨーク州で行われた試合結果です。
WBOスーパーフェザー級戦:
王者ワシル ロマチェンコ(ウクライナ)TKO6回終了 挑戦者ギレルモ リゴンドー(キューバ)

*これまでの両選手の経歴を知らない方が見たならば、この試合は白人選手のワンサイド・マッチに映った事でしょう。それほどのロマチェンコの一方的な試合でした。

試合前から両選手の対格差が言われていた一戦でしたが、リゴンドーの技術をもってすれば、勝つことは難しくても、中差の判定負け程度で決着がつくと予想していました。

ロマチェンコが凄かったと言ってしまえばそれまでなのですが、かなり期待していた試合だけに、リゴンドーの試合放棄には失望させられました。何でも左手を痛めたそうです。

蓋を開けてみるとやはりありましたね、両者の対格差。ロマチェンコが2階級ほど大きく感じられました(実際にリゴンドーは2階級下の選手)。それに加えてロマチェンコはリゴンドーをスピードでも上回り、徐々に、徐々にとリードを広げていきました。3回ぐらいからでしたかね、試合が一方的になったのは。

ホールディングを繰り返したキューバ人。5回にはついに減点1を科せられました。全くと言っていいほどいいところがなかったリゴンドー。6回終了後に降参。アマチュアを含めたこれまでのキャリアで、ここまで何も出来なかった戦いはなかったのではないでしょうか。ちなみに6回終了時までの公式採点では、ロマチェンコが当然の如くリード(3対0:60-53、59-54x2)。私(Corleone)は60-53でロマチェンコとしています。

その右ジャブと、体全体の動きでライバルを圧勝したロマチェンコ。体調も非常に良さそうでした。今後はどうするのでしょうかね。同級で対抗できる選手はいないでしょうし、一階級上のライト級を主戦場に移していくのでしょうか?現在、ライト級にはマイキー ガルシア(米)やホルヘ リナレス(ベネズエラ/帝拳)がいます。見てみたいですね、ロマチェンコ対ガルシア、リナレス戦を。そういえば両選手ともロマチェンコ同様、フェザー級から世界王座を獲得していきましたね。

   
(右のリードブローを中心に、試合を組み立てたロマチェンコ)

敗れたリゴンドー、プロ19戦目にして初の黒星を喫してしまいました。試合前に、WBAからはスーパーバンタム級のスーパー王座を剥奪すると脅されていましたが、その王座の行方も気になるところです。しかしこの試合のリゴンドーにはとてつもなく失望させられました。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意見番(12‐10‐17) | トップ | 38歳秋山、王座奪取(地域王... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
必死こいて観たのに(涙) (直江庸介)
2017-12-12 00:46:36
こんにちは。全く同感で、お金じゃなくて時間返してです。最近は看板倒れの試合が多いですね。今回も思いきりズッコケました。メイVSパック戦同様に。今夜地球が揺れる!でしたっけ?あれが地球を揺るがす試合か?って感じです。仰る通りボクシングファンではない人にこれは究極の技術戦だよなんて言ってしまった手前どうしてくれるんだよ(汗)です。 
Unknown (Corleone)
2017-12-14 03:52:49
コメントをいただき、ありがとうございます。
真剣勝負の末、予想外の結果ということは致し方ないとは思うのですが、やはり今回の試合は残念でした。
しかし逆に考えると、ポンポンと階級を上げて複数階級の世界のベルトを手にしていく選手たちの凄さが改めて浮き彫りになりましたね。今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事