DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ティモシー ブラッドリーも引退

2017年08月23日 00時27分52秒 | 世界ボクシング
スーパーライト級でWBCとWBO王座の統一に成功し、ウェルター級では2度のWBO王座獲得に成功。そのキャリアで喫した黒星は僅かに2。しかもそれらの敗戦はどちらもマニー パッキャオ(比)に判定負けしたもの。論議を呼ぶ判定ながらもパッキャオには土をつけ、僅差の判定ながらもファン マヌエル マルケス(メキシコ)に勝利。その他にもブランドン リオス(米)、ジェシー バルガス(米)、ホルヘ カサマヨール(キューバ)、デボン アレクサンダー(米)、レイモント ピーターソン(米)等それなりの実力者に勝利を収めてきたティモシー ブラッドリー(米)。総合力はそれなりに高いものの、結局は印象の薄い選手で終わってしまいました。その引き際も、ブラッドリーそのもの。そっと現役から引退しました。

終身戦績は33勝(13KO)2敗1引き分け。KO率は35パーセント。その数字と実力が一致した選手でしょうね。勝敗は別としてフロイド メイウェザー(米)やミゲル コット(プエルトリコ)との対戦も見てみたかったです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロフォード、余裕の王座統... | トップ | 比嘉、初防衛戦が決定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL