DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

内山も引退を表明

2017年08月06日 00時02分47秒 | 世界ボクシング
WBAスーパーフェザー級王座を11度守ってきた内山 高志(ワタナベ)が先月末、現役からの引退を発表しています。

内山の引退、経歴についてはここで改めて書く必要はないでしょう。個人的には内山の試合を見るのが大好きでした。その強打の半面、打たれ脆さがあり時々ダウンを喫していた内山。しかし回復力も早く、王座を奪われたジェスリール コラレス(パナマ)以外には、ダウン後きっちりとお返しをしていました。

パンチの強さに目を奪われがちですが、総合的なボクシング技術、特に防御面でも卓越したものを持っていた内山。それがなければ、日本人としては重い階級であるスーパーフェザーで二ケタもの防衛回数は築けなかったでしょう。

しかし三浦 隆司(帝拳)、内山が引退を表明した後に現役から退くことを公表したウラジミール クリチコ(ウクライナ)、そしてここ数年引退か復帰かに揺れているファン マヌエル マルケス(メキシコ)もこのまま引退するのではという噂が流れています。こうも立て続けに引退する選手が出ると、寂しさと同時に、疲れが出てきますね。

何はともあれ内山選手、数々のKO劇、ありがとうございました。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週末の試合予定 | トップ | 久我、田村を振り切る(日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL