DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

久田、逆転TKOで初防衛に成功(日本ライトフライ級)

2017年08月02日 03時50分41秒 | 日本ボクシング
先週28日・金曜日、エディオンアリーナ大阪で行われた試合結果です。
日本ライトフライ級戦:
王者久田 哲也(ハラダ)TKO8回2分54秒 挑戦者角谷 淳志(金沢)

*今年の4月、39戦目にして念願の王座初挑戦、そして王座獲得に獲得している久田。自身40戦目に行われた初防衛戦の相手である角谷は、これまでに日本王座に2度、世界王座に1度挑戦してきた中々の強豪。案の定試合は前半、挑戦者が若干リードするというものになりました。しかし後半戦、執念で角谷を飲み込み始めた王者は逆転劇に向けて動き始めます。7回にダウンを奪った久田はその後も攻撃の手を止めることなくパンチを挑戦者に浴び続け、最後はレフィリーストップ。王座を死守するとともに、さらなる上を目指す土台を築くことに成功しています。

久田が上を目指す現在のライトフライ級戦線。王者の顔ぶれは下記のようになります(2017年8月2日付け)。

WBA(唯一):田口 良一(ワタナベ/防衛回数6)
WBC:拳 四朗(BMB/0)
IBF:ミラン メリンド(比/1)
WBO:田中 恒成(畑中/1)
OPBF(東洋太平洋):空位
日本:久田(ハラダ/1)

世界王者が日本に3人いますが、久田との実力差はかなりあるようです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意見番(08‐01‐17) | トップ | 三浦、静かに引退 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL