DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

楽勝?圧勝?ステベンソンがフォンファラを返り討ち(WBCライトヘビー級)

2017年06月06日 00時37分10秒 | 世界ボクシング
先週末3日・土曜日、カナダで行われた試合結果です。
WBCライトヘビー級戦:
王者アドニス ステベンソン(カナダ)TKO2回28秒 挑戦者アンドレイ フォンファラ(ポーランド)

*2014年5月に初対戦している両雄の再戦。初戦では、連続KO/TKO記録の更新中だったステベンソンに対し、フォンファラが大健闘。敗れたとはいえ、ステベンソンに2007年師走以来のフルラウンドを強いています。

3年ぶりに実現した今回の再戦。両選手とも試合開始のゴングと同時に打ち気満々。しかしパンチ力で上回る王者が、打たれ脆さを備えている挑戦者が前に出てきたところに左をクリーンヒット。初回半ばにフォンファラが早くもダウンを喫してしまいました。

ダウンからのダメージが多大に残っているフォンファラ。そんなライバルに対しステベンソンは、容赦なくサウスポー・スタイルからの左でダメージを加えていきます。1分のインターバルでダメージからのダメージを回復できなかった挑戦者。2回が始まってからもステベンソンは容赦なく左を当てていきます。その回早々、フォンファラ陣営は躊躇することなく試合のストップを要請し、そこで試合終了。ステベンソンが圧倒的な力の差を見せつけて勝利。保持する王座の8度目の防衛に成功しています。

今月17日に行われる同級の3団体王座の統一戦、アンドレ ワード(米)対セルゲイ コバレフ(露)の再戦の勝者に標準を合わせているステベンソン。是非見てみたいですね、ライトヘビー級の頂上決戦を。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロフォード、圧勝で防衛に... | トップ | プロ7戦目が再決定(スーパー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL