DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

亀海、初の世界は何とコットと対戦!(WBOスーパーウェルター級)

2017年06月14日 00時37分39秒 | 世界ボクシング
8月26日、米国・カリフォルニア州で予定される試合です。
WBOスーパーウェルター級王座決定戦:
ミゲル コット(プエルトリコ)対 亀海 喜寛(帝拳)

*日本のボクシングファンからすれば、まさに涎ものの試合ですよね。亀海は世界の中量級では日本が誇る第一人者であることは疑いの余地はありません。この試合の焦点は何といっても対戦相手であるコット。少々ピークが過ぎ去った選手ではありますが、世界が誇るスーパースターであることには変わりありません。

ここまでのコットの戦績は45戦して40勝(33KO)5敗(2引き分け)。獲得してきた世界王座はWBOスーパーライト級、WBAウェルター級、WBOウェルター級、WBAスーパーウェルター級、そしてWBCミドル級。対戦してきた主な選手は、フロイド メイウェザー(米)、サウル アルバレス(メキシコ)、マニー パッキャオ(比)とこの3人と対戦しただけでも凄い!結果はコットから見て3敗ですが...。他にもセルジオ マルティネス(亜)、シェーン モズレー(米)、ザブ ジュダー(米)、アントニオ マルガリート(メキシコ)、リカルド マヨルガ(ニカラグア)その他多数。コットのキャリアをひも解けば、21世紀の著名選手が溢れ出てきます。

対する亀海が獲得してきた王座となると、日本スーパーライト級とOPBF(東洋太平洋)ウェルター級王座のみ。これまでに対戦してきた世界トップレベルの選手は、ロバート ゲレロ(米)ぐらいでしょうね。戦績は27勝(24KO)3敗2引き分け。

コットは2015年11月から実戦を行っておらず、亀海は体格で上回っています。そしてコットはタフが身上な亀海タイプの選手を比較的苦手としています。私(Corleone)の予想は7対3でコットですが、亀海が番狂わせで勝利、というケースも少なからずあると見ています。今から実現が楽しみな一番。試合開始のゴングを聞くのが非常に待ち遠しいです!
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンヘン、V7+47連勝(WBC... | トップ | 注目カードが9月に集中(色々... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL