DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

田口、田中戦へ向け大前進(WBAライトフライ級ほか)

2017年07月31日 00時05分10秒 | 世界ボクシング
約一週間前の23日、大田区総合体育館で行われた試合結果です。
WBAライトフライ級戦(唯一王座):
王者田口 良一(ワタナベ)TKO9回24秒 挑戦者ロベルト バレラ(コロンビア)

*WBO同級王者田中 恒成(畑中)との王座統一戦実現が期待される田口。指名挑戦者バレラをボディー攻撃を中心としたボクシングで終始圧。9回にレフィリーストップを呼び込むと同時に、保持する王座の6度目の防衛に成功。年内(大晦日かな?)に予定される田中戦へ向け大きく前進しています。


IBFミニマム級戦:
挑戦者京口 紘人(ワタナベ)判定3対0(116-111x2、115-112)王者ホセ アルグメド(メキシコ)

*昨年4月にプロデビューを果たし、今回がプロ僅か8戦目となった京口。自身の3倍のキャリアを持つアルグメドに対し、試合開始からボディーブローを駆使し攻撃を仕掛けていきます。特に中盤戦、ダウンを奪った9回を含め試合を大きくリードしていった挑戦者。最終回にスリップダウンを3度するという尻つぼみ的な試合の終わらせ方をしてしまいましたが、試合終了のゴングに持ち込むことに成功。世界王座奪取に成功しています。


日本スーパーフライ級戦:
王者船井 龍一(ワタナベ)負傷判定7回1分32秒(3対0:68-65x2、67-66)挑戦者奥本 貴之(グリーンツダ)

*この3月に、3度目の王座挑戦(日本王座は2度目)で念願の王座獲得に成功している船井。緩やかな展開でスタートした今回の一戦でしたが、王者が徐々にペース、ポイントを把握。3回、5回に負傷した傷のために消化不良の形で試合が終わってしまいましたが、船井が明白なポイント差で保持する王座の初防衛に成功しました。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木村、敵地で王座奪取!(WBO... | トップ | 意見番(08‐01‐17) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL