DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

次はホーン?小原が王座奪取(WBOアジア・太平洋ウェルター級)

2017年08月21日 00時29分15秒 | 世界ボクシング
今月10日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
WBOアジア・太平洋ウェルター級王座決定戦:
小原 佳太(三迫)TKO2回2分34秒 ナロン ボーンチャン(タイ)

*昨年9月、敵地ロシアに乗り込み世界初挑戦を実現させた小原。しかしリング外に叩き出され動顛したままTKO負け。実力は世界に通じるものがあるものの、それをリング上で見せる間もなく敗戦を喫してしまいました。

今回がその屈辱から再起2戦目となる小原。本来のスーパーライト級から一階級上げ、新たな階級での地域王座決定戦に出場。序盤戦で勝利を収め、順当な再起路線を歩んでいます。同王座の各上王者と言うべきでしょうか、WBO王座の保持者は「時の人」ジェフ ホーン(豪)。年内にマニー パッキャオ(比)との再戦を予定しています。その一戦でホーンが勝利を収めた場合、その次の防衛戦の相手に小原が選ばれる可能性があるのではないでしょうか。


日本スーパーウェルター級戦:
王者井上 岳志(ワールドスポーツ)TKO8回1分52秒 挑戦者長濱 陸(白井・具志堅)

*4月に王座決定戦で同王座を獲得している井上。指名挑戦者長濱を終始圧勝。無難な防衛に成功しています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 輸入ボクサー、世界挑戦へ(W... | トップ | クロフォード、余裕の王座統... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL