DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

内山、復讐か返り討ちか(WBAスーパーフェザー級:スーパー王座)

2016年10月25日 00時13分39秒 | 世界ボクシング
大晦日に大田区総合体育館で予定される試合です。
WBAスーパーフェザー級戦(スーパー王座):
王者ジェスレル コラレス(パナマ)対 挑戦者内山 高志(ワタナベ)

WBAライトフライ級戦(唯一王座):
王者田口 良一(ワタナベ)対 挑戦者カルロス カニサレス(ベネズエラ)

*以前から開催が予定されていたこの2試合。正式に発表されています。

まずはスーパーフェザー級戦。4月の敗戦後、評価がガタ落ちした内山ですが、冷静な目で見ると総合力では内山が断然上でしょう。内山勝利のカギは、精神面と前半戦(特に4回まで)の戦い方。内山が慎重に戦うも、極度に消極的にならなければ、かなりの確実で王座返り咲きが可能ではないでしょうか。

ライトフライ級戦になりますが、挑戦者のカニサレスの戦績は16戦全勝13KOで、そのKO率は何と81%!!! この数字はライトフライ級としては驚異的な数字です。しかしカニサレスの戦績をパッと見返してみると、カニサレスとの対戦時に10戦以上の試合経験を持っていた選手は僅かに3名。勝率が5割以上の選手は僅かに1人!実際にカニサレスが田口と向き合ってみなければ分からない所がありますが、あくまで数字だけの選手のように思えます。この大晦日にワタナベジムの選手が2人、世界戦で勝者のコールを受ける確率はかなり高いといっていいでしょうね。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 圧巻、ベリュー(WBCクルーザ... | トップ | この階級、この選手(オルズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL