DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

下田が引退を表明

2017年02月22日 00時09分09秒 | ボクシングネタ、その他雑談
元WBAスーパーバンタム級王者下田 昭文(帝拳)が現役からの引退を発表しています。

2007年4月に日本スーパーバンタム級王座を獲得し、その王座は3度の防衛に成功。その後2010年3月にOPBF(東洋太平洋)を、そして2011年1月にはWBA王座を順次獲得。スター街道に向け順調に歩んでいるように思われました。しかし米国で世界王座を失て以来、WBOインターナショナル・フェザー級王座、日本フェザー級王座(2度)の獲得を目論むもいずれも失敗。結局はその類まれな能力を生かし切ることなく現役生活を終えてしまいました。終身成績は31勝(14KO)6敗(2KO負け)2引き分け。まだまだ32歳。本人は満足の引退発表のようですが、もっと活躍が期待できた選手だっただけに、少々残念です。せめて日本王座の2階級制覇は達成してほしかったです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロイ ジョーンズ、マイナー... | トップ | 大森、世界初挑戦が決定(WBO... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ボクシングネタ、その他雑談」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL