DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

WBA3大フェザー級戦(色々:09‐10‐17)

2017年09月10日 00時20分45秒 | 世界ボクシング
最近(2017年9月10日ごろ)のニュースです。

1)今年に入り、徐々にではありますが一階級一王者体制になりつつあるWBA。しかしフェザー級戦線では相も変わらず3人の世界王者が別個に防衛戦を決行するようです。

2)そのトップバッターを切るのが第三の王者である暫定王座保持者のクラウディオ マレロ(ドミニカ)。マレロは一週間後の15日、ヘスス ロハス(プエルトリコ)を相手に、4月に獲得した王座の初防衛戦を行います。ヘスス ロハスといえば、かつてのWBAフライ級、スーパーフライ級王者で同姓同名の選手がいましたね。そのロハスはベネズエラ出身の選手でした。

3)マレロに続くの一つ各上の王者、レギュラー王座保持者のアブネル マレス(メキシコ)は来月14日、アンドレス グテイエレスを相手に昨年師走に獲得した王座の、こちらも初防衛戦を行います。

4)WBAフェザー級の頂上王者であるレオ サンタ クルス(メキシコ)はマレスと同じ興行でクリス アバロス(米)と防衛戦を行います。当初の予定だと、クルスとマレスが直接対戦する予定でしたがね~。

5)日本でもお馴染みで、人気も高い世界5階級制覇王のノニト ドネア(比)。昨年11月に当時保持していたWBOスーパーバンタム級王座を失って以来、実戦から遠ざかっていました。そのドネアが今月23日、米国・テキサス州のリングで再起戦を行います。ドネアはメキシコのルーベン エルナンデスと空位のWBCフェザー級シルバー王座を争います。このシルバー王座、訳が分からないため、個人的には同団体のインターナショナル王座を合併してもらいたいです。

6)ドネアから王座を奪ったジェシー マグダネロ(米)が11月11日、米国・ネバダ州のリングでセサール フアレス(メキシコ)を相手に保持する王座の2度目の防衛戦を行います。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週末の試合予定 | トップ | ロマゴン、完全KO負け(WBCス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL