DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

2017年最後の色々(色々:12‐27‐17)

2017年12月27日 00時16分41秒 | 世界ボクシング
最近(2017年12月27日ごろ)のニュースです。

1)ちょうど一月前にWBOライトヘビー級王座に返り咲いたばかりのセルゲイ コバレフ(露)。3月3日に王座復帰後の初防衛戦が決定しています。米国・ニューヨーク州で行われるこの一戦。コバレフに挑戦するのは、同国人でマイナー団体IBO王座保持者のイゴール ミカルキン。

2)WBA同級保持者のドミトリー ビボル(カザフスタン)も「コバレフ対ミカルキン」戦と同じ興行に出場を予定しています。ビボルは指名挑戦者スリバン バレラ(キューバ)の挑戦を受けます。

3)元WBAヘビー級王者で、現在WBOインターナショナル、WBAコンチネンタル王座を保持しているアレキサンデル ポベトキン(露)。今月15日にWBOヘビー級1位にランキングされているクリスチャン ハマー(ルーマニア)と対戦。大差判定勝利(3対0:120-107、120-108、119-108)を収め、来年にも予定される世界復帰戦に向け大きく前進しています。

4)その翌日の16日、比国でOPBF(東洋太平洋)ライトフライ級暫定王座決定戦が行われ、イバン ソリアーノ(比)が同国人のジェイセバー アブシデに3対0(117-110x2、116-111)の判定勝利を収め、王座獲得に成功しています。

5)ちなみに同正規王者には、今年2度沖縄のリングに登場したエドワルド ヘノ(比)が君臨中。そのヘノは2月17日、こちらもまた比国出身の元OPBF、WBOミニマム級王者メルリト サビーリョを相手に保持する王座の防衛戦を行う予定です。

6)比国の軽量級の注目株と言えばやはりこの人、レイ ロレト。彼も上記のOPBF戦に出場するという噂もありました。しかしOPBF戦も含め、今後の試合予定は今のところハッキリとしていないようです。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡田、2つ目のベルトを獲得(... | トップ | 後楽園ホールでの世界戦(WBA... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事