DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

メイウェザーに続け!ワンヘンが48連勝(色々:08‐31‐17)

2017年08月31日 00時59分57秒 | 世界ボクシング
最近(2017年8月31日ごろ)のニュースです。

1)先週25日、WBC最軽量級王者ワンヘン メナヨーシン(タイ)が無冠戦6回戦のリングに登場。インドネシアのジャック アミサに判定勝利を収めるとともに、デビュー以来の連勝記録を48(17KO)に伸ばしています。メナヨーシンは勝利を収めるも、このインドネシア人の戦績が凄いというかお粗末なもの。ワンヘン戦を含め現在8連敗中で、その通産戦績は21勝(14KO)45敗(16KO負け)2引き分け。その勝率もさることながら、68回も戦っています。

2)先週末26日、フランシスコ フォンセカ(コスタリカ)を相手にIBFスーパーフェザー級王座の防衛戦を予定していたジェルボンテ デービス(米)。前日計量でウェート・オーバーという失態を演じ、戦わずして王座から転落しています。そういえばこのデービス、5月に行われたリーアム ウォルシュ(英)戦でも、2度目の計量でスーパーフェザー級の体重を作ることに成功していました。

3)10月14日に米国・ニューヨーク州で、スーパーウェルター級の3大世界戦が行われます。同級最強の呼び声高いエリスランディ ララ(キューバ)はその興行で、テレル ガウシャ(米)を相手にWBAスーパー王座の防衛戦に臨みます。

4)他の2つの世界戦は、WBCとIBF戦。WBC王者ジャーメール チャーロ(米)はエリクソン ルビン(米)と、IBF王者ジェレッド ハード(米)は、元WBA王者オースティン トラウト(米)とそれぞれ防衛戦を行います。

5)ちなみに同級のWBAにはいまだに3人の王者が君臨中。スーパー王者がララで、それに続くレギュラー王者はデメトリアス アンドラーデ(米)。暫定王者はブライアン カスターニャ(亜)。アンドラーデとカスターニャの次の試合は未定のようです。

6)そしてもう一つの世界王座、WBOのベルトを腰に巻いているのは、先週末に亀海 喜寛(帝拳)との王座決定戦に勝利を収めたミゲル コット(プエルトリコ)となります。一番メジャー団体に近いマイナー王座はララが保持しています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亀海、奮戦も大差判定負け(W... | トップ | モズリー、現役だったのか! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL