DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

石本、ライバルを返り討ち(日本スーパーバンタム級)

2016年10月12日 01時05分53秒 | 日本ボクシング
今月1日、後楽園ホールで行われた試合結果です。
日本スーパーバンタム級戦:
王者石本 康隆(帝拳)TKO10回2分27秒 挑戦者古橋 岳也(川崎新田)

*昨年の8月、8回戦で対戦している両選手。その時は僅差の判定で石本が勝利を収め、4ヶ月後に行われた日本王座決定戦に出場。勝利を収め、現在の地位を獲得しています。対する古橋は2度の8回戦のリングに登場し1勝1敗の戦績を残しています。どうやら両者の初戦の結果がその後の明暗を分けたようです。

好ファイトだった前戦に続いてこの試合でもいい試合を演じることになったライバル。しかしこれまでに2度の王座を獲得してきた石本が左ジャブとフットワークで試合のペースを把握。古橋も懸命に食い下がりますが、最後は石本が連打でレフィリー・ストップを呼び込む事に成功。保持する王座の2度目の防衛に成功するとともに、タイトル戦で初のKO/TKO勝利を収めることに成功しています。

2013年に中国のマカオで元WBO同級王者ウィルフレド バスケス(プエルトリコ)を破ってWBOインターコンチネンタル王座を獲得している石本。一昨日10日に35歳の誕生日を迎えていますが、今後もベテランの意地を見せ上を目指していってもらいたいですね。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブレーマー、根負け(WBAライ... | トップ | OPBF(東洋太平洋)x4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL