DAISPO WORLD BOXING EXPRESS

今年もやってるやってる~

ワード、再戦では快勝(3団体統一ライトヘビー級)

2017年06月20日 01時51分20秒 | 世界ボクシング
先週末17日・土曜日、米国・ネバダ州で行われた試合結果です。
3団体統一ライトヘビー級戦:
王者アンドレ ワード(米)TKO8回2分29秒 挑戦者セルゲイ コバレフ(露)

*7ヵ月前の昨年11月、当時王者だったコバレフにワードが挑む形で行われた両者の第一戦。その時はコバレフが2回にダウンを奪い、その後のラウンドもロシア人が支配したように思えました。しかし判定は僅差ながらもワードを支持。疑惑の王者交代劇が起こっています。

議論を呼ぶ判定だっただけに、両者による直再戦が今回行われる事になりました。7ヵ月ぶりに拳を交えた両選手ですが、初戦からの学習能力の違いが明暗を分けました。11月の一戦とは違い、コバレフに対しまったく臆することなくスタートを切れた今回のワード。そんなライバルとは逆に、コバレフからは気負いが感じられました。

試合後、ワードのローブロー(低打)を非難しまくっていたコバレフですが、その問題のパンチによる試合中断が2回に早速訪れました。この回に起こったそのパンチは明らかにローブロー。しかしカウンター気味に入ったワードのパンチは、素晴らしいタイミングのものでした。

クリンチ際に後頭部を殴りあうといういただけない行為が見られた両選手。しかしワードはコツコツとタイミングのいいショートブローをヒットさせていきます。

7回、再びワードのローブローを指摘したコバレフ。そのパンチはベルトライン上のものでした。8回、前回と全く同じパターンで試合が中断。しかし試合再開後、ワードがクリーンな右カウンター・パンチを浴びせロシア人をぐらつかせます。その後、ボディーブローを交えたコンビネーションでコバレフを追い詰めていった米国人。少々早いタイミングでしたが、主審が試合をストップしライバル戦に決着をつけることに成功しています。

7回終了時までの採点では、僅差でリードをしていたワード(2対1:67-66x2、65-68)。私(Corleone)は69対64の明確なポイント差で米国人がリードしているように感じました。

初戦後同様、試合結果に不満を露にしているコバレフですが、今回は明らかに実力負けの感があります。彼の態度には少々失望させられました。両者による第3戦が行われたとしても、もっとはっきりとした内容でワードが勝利を収めるのではないでしょうか。ちなみに反則とされるローブロー(低打)というのは、ベルトラインの下になり、ベルトライン上のパンチは反則打として扱われません。

ライバル戦に勝利すると共に、11月に獲得した王座の初防衛に成功したワード。全勝記録を32(16KO/TKO)に伸ばしています。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山中、V13戦が決定(WBCバン... | トップ | フライ級戦は2試合とも2対1の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL