BES大山(鳥取)

鳥取県大山周辺に関する日々の情報、お知らせなどを載せています

雪の上の生物4

2008-03-09 08:15:33 | 自然情報
前回の続きで、トビムシ≠害虫の話2

元々の名前の由来ははっきりとは解りませんが、
雪の上で、翅が無くノミの様に跳ねる事からユキノミ…ぽいです。

日本語名の「ノミ」は「(血を)飲む」が訛ったもの。
また、よく跳ねることから、「跳び」の名前。
漢字の「蚤」は「掻きたくなる痒い虫」から来ているとか。

そう言う訳で、ユキノミであっても、雪蚤ではないようです。

とは言っても、トビムシ(ユキノミ)は多いところでは
軽くスプーンで掬えるほど居るとか。

人間に直接害を与えると言う事はないようですが、
一般的には、ユキノミは不快害虫の一種とされています。

不快害虫とは、不潔感を与える、悪臭を発する、
視覚的不快感を与えるなどするムシのこと。ダンゴムシもその一種。

▼ちなみにコイツは稲を食べる害虫
ウンガ
今日8時の気温は4度。天気は晴れ。博労座積雪145cm。新雪0cm。
博労座駐車場満車。槇原駐車場空きあり。道路は積雪なし。
スキー場は雪が緩くなってハマリやすくなっています。怪我等に注意。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の上の生物3 | トップ | 雪の上の生物5 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (imovie avi)
2013-04-08 10:44:56
素晴らしい!大自然が不思議なものいっぱいあるぜ!
ryyr583@yahoo.com (iphone連絡先 回復)
2014-03-27 18:11:18
大自然が不思議なものいっぱいあるぜ!

コメントを投稿

自然情報」カテゴリの最新記事