日々是楽!(Enjoy it every day!)

アウトドア親父の徒然日記・・・。親父がその平凡な日々の中で楽しい美味しいと思ったものを気ままにメモ。
By だいりん

名古屋メシと言えばひつまぶし! しら河へ!

2016-04-30 23:06:13 | 美食(グルメ)
新築祝いをかねて、今日は東京より妹が来名。
こうなると、妹の期待は最近東京でも人気の名古屋メシだ。何食べたい?と尋ねれば、手羽先、味噌カツ、味噌煮込み、台湾ラーメン、あんスパ・・・等々色々ある中、当然とばかり妹は鉄板グルメの「ひつまぶし」!っと即答。

やはりひつまぶしとくるよなぁ~。しかし、このGWの中どこにしよう?もちろんどこも長蛇の列・・・GWだっ、ある程度待つこと覚悟して1番近場の人気店しら河へ。流石にGWに「あつた蓬莱軒」で列ぶきにはなれない。それに並で吸い物付きとは言え3600円は高すぎる。今や地元ではプチアンチ蓬莱軒だ。
約1時間待ってようやく席へ。早速、生ビールで乾杯!アテは「骨煎餅」と「肝塩焼き」!う~ん、美味い!特に肝!最高だよね。ビールがぐいぐい進む。

肝焼きも美味いが、やはりメインはひつまぶしだ。うぅ~この蓋を開ける瞬間がたまらない~。でも、GWなのに1時間待ちで済んだのはラッキー!土用の丑の日であれば2時間待ちありだもんね。おぉ~久しぶりの鰻だ。この香りたまらん。ちなみにここは並で2450円とコスパもいい(吸い物なしだけどね)。

今や、名古屋メシの代表格としての地位を確立したひつまぶし。最近では東京でも食べられるが、向こうではやはり関東風なんだよね。あえてひつまぶしは選ばない。名古屋で喰うからひつまぶしなのだ。関東人の自分だがかみさんの実家へ帰った時は、やはりふっくらと蒸した関東風を迷わず選ぶもんねっ。これぞっ、ご当地グルメの魅力なのだ。ちなみに自分だけ上ひつまぶすを選んじゃったけどね。

今や、ひつまぶしの3段喰いは全国区になったのでご存じだろうが、まず1杯目はそのまま2杯目は薬味を入れて、更に3杯目はお出汁を入れてだ。実際には4~5杯ほどいけるけどね。うぅ~やはりお茶じゃなくてお出汁だよねぇ~。濃厚味多い名古屋メシは好き嫌いわかれるが、ひつまぶしと手羽先は数少ない万人受けグルメと言える。少々高いのが難だけどねぇ~。あぁ~喰った喰った。妹も満足してくれたようで、とりあえずお役御免だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよGWスタート! ドトール「エチオピア イルガチェフェ ナチュラル」でのんびりモーニング!

2016-04-29 23:54:14 | 珈琲
待ちに待ったGW突入。ところが今年は悲しいかなこれっというGWイベントが入っていない。こんなGWって20年近くなかったのでは?
でも、割り切ってしまえばこんなのんびりGWも悪くないのでは?っということで朝からのんびりモーニングコーヒーを楽しむ。先日ドトールでゲットしてきた定番の「マイルドブレンド」と限定の「エチオピア イルガチェフェ ナチュラル」。

まずは、限定の「エチオピア イルガチェフェ ナチュラル」!
ドトール曰く「世界中のコーヒー好きに人気のイルガチェフェ。よそのイルガチェフェと飲み比べてみてください。(と言えちゃうくらい、自信があります。)濃厚な甘味、苺のような香り。2016年限定。ドトールのイルガチェフェ。」とのことだ。おいおい、よほど自信があるようだ。

「太陽が引き出した、甘みです!」との売り文句通り、なるほど濃厚な甘さとフルーツのようなアロマを持ったコーヒーと言われるだけに、この独特の甘さがいいもんだ。
「エチオピア産のナチュラル精選のコーヒーは、未成熟豆などの混入が多いのですが、今回は熟した赤い実のみを手摘みし、さらに熟度の高いものだけを選び出しアフリカンベッドで直射日光を遮りながら一週間以上かけてじっくり乾燥させました。」というだけのことはある。この珈琲の中に隠れた甘味を朝からのんびり味わえるって最高だ。

そして、休日の特権?っとばかり夕方から晩酌スタート。
うん、こんなGWも悪くないぞっ。遅くない時期にDIYでウッドデッキを造りつもりだが、まだ夕暮れという時間帯からワイヤレスTVと扇風機、蚊取り線香を持ち出し、「ちょっと暑いなぁ~」と言いながらウッドデッキに寝転びながら芋焼酎の水割りをたしなむ・・・う~ん、いいねぇ~。更に狭い庭の奥に野菜栽培コーナーつくる予定なんだけど、そこで採れた枝豆がアテなんてなったら最高だなぁ~。
大した予定が入っていないGWとは言え、明日は新築の我が家ということで妹がわざわざ東京から訪ねてきてくれる。ガッツリ名古屋メシでおもてなししないとねっ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アレンエドモンズ「Strand」!

2016-04-29 00:00:52 | Shoes
紳士靴と言えば、英国、イタリア、そして忘れてはならないのが米国だ。
米国靴と言えば無骨だけど実用度満点!セレブ御用達の「オールデン」が代表格だが、自分にとっての米国代表はぶっちぎりで「アレンエドモンズ」だ。「世界で最も豪華で履き心地の良い靴を作りたい」がモットーのこれぞっ米国靴と言われる硬派な靴メーカーだ。

Park Avenue」や「Fifth Avenue」など定番靴を持ち合わせているが、自分的には「Strand」だ!このセミブローグの美しいこと。これぞアメリカンだ。
アレン・エドモンズは「360度グッドイヤーウェルト製法」と言われる製法がウリで、靴の「前部」だけでなく、「全部」がグッドイヤーウェルト製法なのだ。かかと部分までこの製法で作られているので、長時間の歩行に向いていると言われている。更に釘やスチールシャンクを一切使わずに、中底にコルクを全面に使うのがアレン・エドモンズの手法だ。

おいおい、噂に違わぬ履き心地だ。履いただけで独特の中底のコルク感が伝わってくる。色々と履いてきたからこそわかる!これは素晴らしい。馴染むという言葉が1番合うのかもしれない。足にしっくりと沈んで馴染んでいくのがわかるのだ。更に踵のソールも太い。歩き易さと言えばどうだろう?自分的には断トツ!
見た目はえらく無骨だが、この履き心地見た目とはちょっと違う。まず土踏まず辺りはえらく細い。ぐーっと閉まってフィット感強だ。だが、指先は余裕があってグーパーが出来るほど。まさに機能的だ。

しかし、このクラシックさ・・・いいよねぇ~。最近ここまでずばりラウンドトゥーって見なくなったもんね。このぼてっとしたずんぐりむっくりなシルエット・・・繰り返すがまさにクラシカルだ。欧州のロングノーズデザインもいいが、1足はこんな堅物靴持っていたいですよねぇ~。
アメリカの歴代大統領に愛されたことで知られるアレンエドモンズ。大統領就任式&初登庁で履く靴と言われているんだよねぇ~。ジョン・F・ケネディ、ジョージ・ブッシュ、ビル・クリントン、バラク・オバマ・・・皆そうだ。1度足を入れれば英国&欧州靴にはない良さがじーんと伝わってくる。う~ん、お気に入り靴がまた増えた。満足!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに熊本ラーメン!

2016-04-27 23:07:30 | 美食(グルメ)
今日のランチは久しぶりに熊本ラーメン。
全然関係ないかもしれないが、少しでも被災した熊本を応援したいという気持ちから、思わず懐かしい熊本ラーメンの店の「味千」へ入っちゃった。っということで高菜ラーメンを注文。
う~ん、博多の豚骨ラーメンも美味いけど、熊本ラーメンも悪くないね。何より高菜が最高だ。とにかく、少しでも早い熊本の復興を願ってるぞ~。

話変わって、スーパーチャンピオンの内山選手負けちゃいましたねぇ~。えらく残念。
あの具志堅のV13を越えるのでは?と期待していたのに・・・とりあえず、完璧なKO負け。でも、タイミング良い1発を受けてしまったという感じなので、ぜひリターンマッチに期待したいですねぇ~。がんばれぇ~内山!反して田口&河野チャンプはお見事でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○齊!

2016-04-26 22:12:28 | 焼酎
おいおい、たまに何て読んだら良いのか?わからい焼酎名がある。これもそんな1本だ。これっ「○齊」・・・わさいと読むのだそうだ。
「鹿児島の伝統的な焼酎造り無双蔵の若き杜氏が、焼酎用に新たに開発された品種「サツママサリ」による焼酎造りに取り組んだ意欲作「○齊(わさい)」。「サツママサリ」の特徴でもある甘くフルーティな香りとすっきりした味わいに木樽蒸留した柔らかな風味との、杜氏のこだわりの味わいに仕上がっております。」とのこと。

なるほど、適度なフルーティーさが爽やかで悪くない。難しい名前に反してすごく飲み易い。
話変わって、本日東京五輪のエンブレムが発表になりましたねぇ~。紆余曲折あっただけにようやくっという感じだが、自分的にはあの市松模様って????個人的には朝顔!もう難しいこと考えずに朝顔で良かったんだよ。でも人気はなかったようで残念。
更に、カープの新井選手が2000本達成!これで47人目の達成だ。おめでとうございます。しかし、阪神の新井と出戻った広島での新井って全くの別人?これだから野球って面白いよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五箇山とうふ「いぶりとっぺ」!

2016-04-25 23:25:33 | 美食(グルメ)
先日の大牧温泉&五箇山旅行のお土産として持ち帰ったのが五箇山豆腐いぶりとっぺだ。
五箇山豆腐」とは五箇山で作られる堅豆腐の事で、 普通の豆腐より水分を抜いて作られるため、縄で吊るせる堅さとなる特徴たっぷりのご当地豆腐なのだ。 その製法は、 山間部や豪雪地帯など保存食としての知恵であり各地で受け継がれてきたのだそうだ。

とっぺ」とは富山弁で豆腐のことで、豆腐を燻してあるから「いぶりとっぺ」と命名したそうだ。「 五箇山豆腐は人気があるが日持ちしなかったため、 遠方から来られたお客様にもこの味を食べていただきたく開発しました。 」とのこと。
なるほど、ご当地の知恵がつまったソウルフードのようだ。おいおい、何なんだこのチーズのような独特の風味?食感も特徴あって悪くない。 薄く切ったら焼酎のアテに最高だ。個人的にはやや薄味だが、たまにはこの手のアテも悪くない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休日は靴磨き! ハイシャイン仕上げだ!

2016-04-24 23:35:27 | Shoes
実は先日ネットで注文しておいたハイシャイン仕上げのキーアイテムとも言える「ガラストラップ」が到着。
おいおい、これだよこれっ、ハイシャイン仕上げ(鏡面仕上げ)の際にちょんちょんと押して水を少しだけとる必須アイテムだ。この動作がいいんだよねぇ~。もちろん、「サフィール」の「ワックスポリッシュ(無色)」もセットだ。

贅沢品と言ってしまえばそれまでだが、この手のアイテムあると気分が乗ってくるんだよねぇ~。でも、趣味の世界ってこれで良いのだ。だって、便利だし何よりガラストラップは美しい!これぞっ自己満足の一品だ。早速、ハイシャインに挑戦だ。

涼しくなってきた夕方、まさに適温。玄関前に座り込んで早速趣味の靴磨きスタートだ。
購入した頃から、これぞっハイシャイン仕上げにしたいと思っていたサントーニ!まずは右足からスタート!ワックスを少し多めに塗って、そこからトラップで水滴つけながら、ただただひたすら優しく丸くワックスをのばしていく。ここからは根気が全てだ。どうですか?やはりこの輝きいいですよねぇ~。

そして、30分程左右磨き終えたら本日の靴磨き作業終了。
う~ん、いいねぇ~。トゥーを鏡面仕上げするだけで、びしっと靴が輝いて見える。これだからたまらないのだ。好きじゃない方にはこの気持ちわかってもらえないだろうねぇ~。いいのだ、自分だけにやにやしていれば・・・う~ん、最高。

自己満足した夜の晩酌は実にいい。今宵も極旨芋焼酎と「柿の種 梅しそ」でちびちびと・・・しかし、馴染みの柿の種だが、この梅しそ味意外と美味いねぇ~。何せ紀州産の南高梅使用しているから本格的だよね。あぁ~来週はいよいよGWかぁ~何も予定入っておらず少々寂しさもあるが、新居のDIYでもがんばるかなっ?


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

かみさんのバースデーディナーは人気の「ビストロ・ルボル」へ!

2016-04-23 23:03:02 | 美食(グルメ)
昨日に続き、今宵もかみさんの誕生日をファミリーで祝するためにバースデーディナーへ!
鶴舞の予約のとりにくい店として知られる「ビストロ ルボル」を予約済みだ。昨年長女の卒業祝いとして伺って以来だ。ところが、この4月からスタッフが辞められて厨房はシェフ1人のみとなってしまったということで、ディナーメニューはシェフおまかせのみ。時間もちょっとかかってしまいます・・・っと予約時に説明を受けていたものの、う~ん大丈夫?ファミリー全員が大好きなビストロだけにちょっと心配?

早速、生ビールで乾杯!いつもはシャンパンからスタートといくところだが、今宵は主役のかみさんが「シャンパンカクテル カシス」を飲みたい!ということでこちらは暑かっただけにビールから。そして、待ってましたアミューズ(お口取り)からディナースタート。この「白レバーペースト」最高なんだよねぇ~。パンにつけて食べれば、ホントいくらでも食せそうだ。娘たちも大好物!

ほぼ生ビール一気飲み!生ビールもう1杯おかわりしてもこれ又一気飲み。くぅ~!続いては、ワイン。ボトルで頼もうかと思ったが、白も赤も両方たしなみたい気分だったので、お好みのグラスワイン3杯で1800円という設定があったのでこれに決定!まずは1番フルーティーで且つ辛口風という白からスタート。ここで待ってましたルボルの名物とも言われるオードブル「田舎風豚肉のパテ(厚切り)と鶏白レバームースの盛合せ」だ!これ食べにきたんだよねぇ~。手前の豚肉パテも申し分ないし、奥のレバームースも先ほどのとは味付けが違っていて最高!あぁ~ワインにガッチリあう。オリーブもね。ここは大皿ものを皆でわけあう、続に言うシェアしあうスタイルなので肩凝らずワクワクできて楽しい。

あぁ~思いっきり焼酎派の自分だが、こういう極旨のアテが揃えばワインもいいねぇ~。2杯目も白ワインを選択。次は1番辛口だ。前菜2品目は「若鶏もも肉とフォアグラのガランティーヌ 」と「旬の富山産ホタルイカとクスクスのサラダ あおさのソース」。オーナーからも聞いていたが今宵は肉、肉、肉三昧とのこと。おぉ~ファミリー全員かかって来いっという感じだ。しかし、フォアグラを鶏もも肉で巻いたらダメだろう?美味すぎる。更に、ここで旬のホタル烏賊がお口直しに丁度良い。

続いては「牛タンのタルタルソース」。タルタルソースと言ってもマヨネーズのタルタルではなく、ドレッシングでの味付けだけにさっぱりしていて、牛タンとバッチリあう!くぅ~美味い!スタートから肉続きだが、このへんのさっぱり感がいい口休めになるのだ。このへんのバランスが上手いよねぇ~。ここで赤ワインへ。

メイン料理は肉2品。まずは、でぇ~んと「地豚渥美産うまみ豚肩ロース」登場。なんと400gオ-バー。うぅ~流石に少し腹がキツくなってきた。しかし、豚肉は美味い。主役のかみさんも娘たちもかなり満腹感・・・そりゃぁ~そうだろう。このボリュームは可笑しい?普段でもすごいのに、今晩はシェフ1人となっておまかせメニューだけとなったためのサービス対応とのことだ。

その気持ちは嬉しいのだが、これはやり過ぎなのでは?嫌な予感が的中?最後に出てきたのが「アメリカ産アンガス牛みすじ肉の厚切りステーキ」!おいおい、デカ過ぎだぁ~。まるで肉の塊。これも300gオ-バー。娘の顔と同じサイズでは?正直、美味いを通り越して敗北感が滲み出てくる。牛肉の大きさばかりが目立つが、アスパラのデカさにもびっくり!こんな太いアスパラ見たの初めてだ。あぁ~腹八切れそうだ。


〆はデザート。もちろん、主役のかみさんのデザートはサプライズ対応のデザートプレート。やはり、誕生日祝いはバースデーケーキで〆ないとね。しかし、ファミリー全員はもう満腹で苦しい・・・ところが、かみさん&娘たちは甘いものが別腹を見事に実践。デザートは4種から選択。次女はバニラとチョコとイチゴのアイス3種盛り、そして自分がクリームブリュレ!長女がかみさんと同じもの・・・デザート名忘れちゃったぁ~。

いやぁ~超満腹。もう何も入らない。しかし、これだけのボリューム、プライス、美味さ・・・ルボルは素晴らしい。こんな肩凝らない親しみ易いビストロがもっと近所にあるといいんだけどなぁ~。ランチは勿論のことディナーも大満足レベル。かみさんも喜んでくれたようで何よりだ。しかし、かみさんの誕生日イベントは雨ばかり・・・店出るとやはり雨。流石雨女だ。あぁ~帰りの電車は満腹で苦しいほど。モロに喰い過ぎだぁ~。

ビストロ ルボル
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「フォルトゥナの瞳」百田尚樹!

2016-04-23 00:00:16 | Book
百田尚樹氏の2014年9月発刊の「フォルトゥナの瞳」だ。
他人の「死」「運命」が見えてしまうというストーリー。まぁ~良くある話だよね。何となく先がわかってしまう在り来たりの設定だ。とにかくくどい。途中同じようなフレーズがまたかぁ~?という具合で繰り返されるので飽きてきてしまう。
っとは言え、そこは人気の百田氏なのでそこそこに面白く書き上げるのだが、正直内容は浅い。典型的な娯楽作だ。
しかし、百田氏の作品は良悪はっきりわかれるねぇ~。重い内容から軽くて雑誌感覚のものまで・・・これもテクニックと言えるのか?とりあえず、この手の軽いのも嫌いではない。もちろん、読後感はそれなりだけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かみさんの誕生日!

2016-04-22 23:53:28 | 美食(グルメ)
今日はかみさんの誕生日。もちろん、忘れてはいない。っというか忘れたら大変ことになる。
っということで、仕事帰りに名鉄地下街の人気ケーキ屋「カフェ・コムサ」の姉妹店「Berry cafe ChouChou」にてケーキをゲットだ。滅茶苦茶美味そうな「マンゴーとイチゴのタルト」だ。これだけマンゴーたっぷりだと美味いよねぇ~。サイズだって6ピース分。もちろん、かみさんも、娘たちも大満足!うん、ひと安心。

更に娘たちから可愛いスリッパのプレゼント!おいおいこれっ高かったんじゃない?奮発したものだ。もちろん、離れている息子からもおめでとう電話が入ったようだ。うん、それで良しだ。
明日は、ちゃんと人気レストラン予約してある。ファミリーでもう1度お祝いだ。予約のとりにくい店だけに美味いこと間違いない。楽しみだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加