日々是楽!(Enjoy it every day!)

アウトドア親父の徒然日記・・・。親父がその平凡な日々の中で楽しい美味しいと思ったものを気ままにメモ。
By だいりん

今年のボジョレーはどう?

2014-11-30 22:59:58 | 焼酎
自分は思いっきり焼酎派。それでも、ミーハー気分で毎年ボジョレーヌーボーだけはたしなむ。
何せ我々バブル世代は、若い頃大騒ぎしたんだよ。
11月の第3木曜日に解禁されるため、花金から花木と言われた頃、夜中にカウントダウンしながら世界最初に飲めると一大イベント化していたものだ。最近はかなり寂しくなったけどね。
もちろん、我が家はワイン良く知らないので、安価なもので気分だけ楽しむという感じ。

そんなボジョレーのお相手は、ブリ&豚&牛しゃぶ。そしてかみさんがボジョレーのために用意してあった高価なチーズとクラッカー。
思いっきり和と洋の合わせ技だけど、まぁ~いいんじゃない。しゃぶしゃぶ美味いねぇ~。特にブリしゃぶ!最高だ。
そして、かみさんお薦めのチーズは仏産の「クラリーヌ」というマイルドでクリーミーなウォッシュタイプのチーズ。木箱に入っているってのもお洒落?これ又高価なクラッカーで頂く。なるほど、さっぱりしたボジョレーに合うねぇ~。
最近、お祭り騒ぎが減ったのでは?若い人よ、もっとくだらないことで騒いでもいいんじゃない?個人的にはいいか悪いかわからないが、年に1度のボジョレー祭り嫌いじゃない。今年も楽しめました。うん、良かった良かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美味いぞっ、山猪!

2014-11-29 23:05:45 | 焼酎
体調不良のためこの週末はじーっと我慢。
そのおかげで復活ぎみ。こういう時の薬といえば芋焼酎しかない。それも毎年欠かさず飲まなくてはいけないと決めている程美味い!「山猪」に限る。これ飲めば元気復活間違いない。
あぁ~美味い。ロックで頂けば身体の芯から熱くなってくる。

だって、この「超豪傑芋焼酎」のラベルが輝く!
こんなに美味そうなラベルないよねぇ~。もちろんその名に恥じない美味さだけどね。あぁ~美味い。

よしっこれで復活だ。明日のジャパンカップの予想でもしようかな?ジェンティル、ハープスター、ジャスタウェイ、イスラボニータ・・・顔ぶれは豪華。でも、こういうレースって荒れるんだよねぇ~。ワンアンドオンリーやエピファネイアあたりがあっと言わせる?ってパターンあるんじゃない?でも、ジェンティル調子いいらしいなぁ~。初のG13連覇あるのかなぁ~?いやっ、自分はジェンティルもハープスターも外すな。今年のJ-CAPは穴がくる!うん、明日が楽しみだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なめろう最高!

2014-11-27 23:55:26 | 焼酎
今日はずーっと電車移動。地方の電車移動はホント疲れる。
何より時間調整がえらく面倒。喫茶店で時間つぶしたりとどうもテンポが悪い。そのせいか?どうもイマイチ体調不良?身体が重い。
こういう時はアルコールの力を借りて、カーっと飲んで早く寝るのが1番。早速、グランドキリンの「ホップフルーティ」を一気飲みだ。おぉ~この柑橘系の香り、そしてフルーティーさと苦味のバランスが最高だ。美味い~!

晩酌には待ってました「田中農場 コン、芋は丸ク茜色 夏がきた」だ!
これがいよいよ最後の1本それもあとわずか・・・別れがホント惜しいよ。更に、嬉しいのがアテのなめろう。あの独特の粘り気・・・こりゃ、ホント最高だ。たまらん。これで元気回復かな?がんばらねばっ!しかし、この焼酎ホント美味いなぁ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田中農場 コン、芋は丸ク茜色!

2014-11-26 23:01:55 | 焼酎
今宵の1本は「田中農場 コン、芋は丸ク茜色」!

「最大の特徴は、紅茶を連想させる香り!使用芋は、減農薬・緑肥栽培で本来芋がもつ発育の力を最大限に引き出した100%(宮崎県都城市の「農業法人(有)コウワ様」)生産のタマアカネ(九州144号)を使用しております。形は丸い球状の芋で肉色はアカネ色(オレンジ色)です。今までにない芋焼酎の香りに仕上がっています。」とのこと。

うぅ~美味い!正直、紅茶の香り?っと思ったが、確かに言われるとそう感じる。後味まで紅茶っぽくなってくるから不思議だ。しかし、このタマアカネって美味い芋だなぁ~。感心。
更に、アテの生しらすの美味ぇ~こと。最高だ。

話かわって、高倉健さんが亡くなりましたねぇ~。
決して任侠ものファンではなかったですが、ホント惜しい方を亡くしたなぁ~。自分ら世代では1番は「野生の証明」や「南極物語」。もちろん、「幸福の黄色いハンカチ」なども世代ではないが何度も見直したものだ。あの健さんの眼力のすごさ・・・偉大な方をまた1人失いましたねぇ~。追悼番組として、武田鉄矢と桃井かおるとの珍道中・・・やってくれるだろうなぁ~。楽しみにしてよっと。
今更ですが、ご冥福をお祈り致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長浜のB級グルメ堪能! イタリアン焼きそばとホワイト餃子!

2014-11-24 23:10:03 | 美食(グルメ)
我が家のキャンプでは、ご当地グルメ堪能も必須。
初日のランチには、長浜にて名物の鴨を食したいなぁ~っとも思ったが、少々遊び過ぎて金欠だったことと、娘たちがあまり乗り気じゃなかったことで断念。鴨美味いんだけどなぁ~。ホント残念だ。
ならば、思いっきり方向転換し以前も食したことがある長浜が誇るB級グルメの2トップを目指して「茶しん」へ。
茶しんの2トップと言えば「イタリアン焼きそば」と「ホワイト餃子」だ。特にこのイタリアン焼きそば!思う存分のお子様メニュー?何せ焼きそばにミートソースがかかっているのだ。でも、これが美味いから面白い!
以前にも書いたが、ホワイト餃子はここのオリジナルではなく、もちろん金沢でもなく千葉の野田が本店のチェーン店だ。結構知らずに各地方都市では地元餃子だと思われているふしがある。でも、これっ美味いんだよねぇ~。皮のモチモチ感がたまらないのだ。どちらにしろ、両方ともB級グルメ感は抜群。

翌日は、鶏足寺の紅葉狩り散策の途中で、五平餅を賞味。ところが、この五平餅美味いんだけど少々味が違う?そうだ、これタレがモロにみたらし団子。確かにみたらし団子も販売していたから2足のわらじ作戦だなぁ~?でも、甘くて悪くないかも?
ランチは「近江ちゃんぽん」の「ちゃんぽん亭」へ。優しい和風味が売りの近江ちゃんぽんは嫌いではない。ところが、3連休の中日と言うこともあり大混雑。20分程待つハメに。駐車場は半分ほどが県外ナンバー・・・でも、そこまでして食べるものでもないような?とりあえずグルメも満喫でき楽しい奥琵琶湖キャンプとなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファイブオーシャン奥琵琶湖キャンプ場!

2014-11-23 23:05:57 | Camp
今年最後の3連休。
先週思いっきり遊びまくったのに、3連休と聞けばじーっとなどしていられない性分が悲しい・・・っということで急遽琵琶湖畔の「ファイブオーシャン奥琵琶湖キャンプ場」へ父娘キャンプへ出発。
前回のキャンプもそうだし、湖東三山の紅葉狩りと最近ちょっと滋賀にはまってる?とりあえず今回はノーリードサイトを選択。広いし愛犬たちはご機嫌だ。やはり愛犬連れキャンパーには嬉しい仕様だ。11月後半というのに今宵は少々暖かめ。焚火には最適だ。

翌日は、これまた滋賀の紅葉名所の「鶏足寺」へ。
鶏足寺は山里の畦道をしばし歩いて行くのだが、その趣がすごく良いのだ。もちろん紅葉も素晴らしい。でも、本当の見頃は落葉時期なんだよね。まさに真っ赤な絨毯状態になるのだが、今日時点では落葉はわずか。3連休の中日とあってすごい人出のためベストショットとはいかない。週末の紅葉名所は仕方ないよねぇ~。
でも、今年も十二分に紅葉狩りを満喫でき大満足。やはり紅葉はいいっ!
本当は2泊キャンプを楽しみたいところだが、1日のんびりするのも有りだね。歳とったなぁ~。30歳台ではこんなこと考えなかったけどなぁ~。あぁ~歳には勝てないね。

詳細はこちらから!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開墾畑の天狗櫻!

2014-11-21 23:19:04 | 焼酎
あぁ~流石に1週間休んでしまうとリハビリが必要だ。疲れるぅ~。
元気回復とくれば、美味い芋焼酎に限る。今宵の芋焼酎は待ってました限定の「開墾畑の天狗櫻」だ!

「昨年度開墾した「池ノ原地区」は「粘土質でよい芋が取れる」と言われている土地で、特に開墾したばかりの畑は植物のエキスが溶け込み、ミネラルを多く含んでいるため無肥料でサツマイモを育てることができるといわれるほどの理想的な土壌。そのため、開墾した初年度にとれたサツマイモで仕込んだ焼酎は特別に瓶詰し、その土地の味わいを楽しんでいただけるよう商品化しました!」とのこと。
おいおい、このまろやかさ何だぁ~?美味すぎる!

あまりの優しい甘さに感動しちゃっているパパ。美味さだけではない。このラベルも素晴らしい。あぁ~止まらんぞ。そして、アテの濡れピーナッツも負けていない。実はこれっ義父の趣味となっている畑でとれたものなのだが、極旨!アテに最高だ。あぁ~最高。疲れもぶっ飛びそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉名所の「湖東三山」へ紅葉狩り!

2014-11-19 23:51:29 | Family (旅,スキー等)
1週間の休暇ってのもあっという間。ホント贅沢なものだ。最終日はどうしよう?っということで、悩んだ結果、滋賀県の紅葉名所の「湖東三山」へ紅葉狩りに決定!
ホントは京都も良かったのだが、より近い滋賀にで十分。何せ湖東三山は日本紅葉名所百選ともなっている先日のソロキャンプの帰りに訪れた「永源寺」とならび滋賀を代表する紅葉名所だ。ちなみに湖東三山とは、西明寺、百済寺、金剛輪寺の3つの天台宗寺院の通称だ。

早速、1番東側に位置する「西明寺」へ。
ここへ来たらまずは紅葉よりも先に天然記念物の「不断桜」からだ。不断桜は、冬桜の一種で、9月から翌年の5月ごろにかけて咲き、11月に満開になるという素朴な桜だ。樹齢約250年ともいわれ柵に囲まれ大切に守られている。それにしても寂しげな桜だねぇ~。
室町時代初期に建立された重要文化財のニ天門と紅葉のコントラスト素晴らしい!更に国宝の三重塔と紅葉・・・う~ん、残念この周りはまだ紅葉見頃手前という感じだが・・・それでも思わず見とれてしまう。

続いては1番西に位置する「百済寺」へ。
早速「天下遠望の名園」と言われる「喜見院」へ。宣教師ルイス・フロイスが「地上の天国 一千坊」と絶賛した光景やいかに?おぉ~確かに琵琶湖までが見えるこの眺望は当時天下が見えた程だったんでしょうねぇ~。又、ここ百済寺はその名の通り、あの聖徳太子が百済人のために建立した名刹だ。この眺望の先約880km先にその百済国を偲ぶことができる。でも、面白いことに呼び名は「ひゃくさいじ」。何で「くだらじ」じゃないのだろうか?不思議?
庭園も素晴らしい。真っ赤に染まる紅葉、そして池にうつる逆さ紅葉・・・しばしぼーっと何も考えずに見ていたい光景だ。何か抹茶でも頂きたい雰囲気だ。

最後は「金剛輪寺」へ。
最初の黒門周りの紅葉は1番美しい。あれっこれは紅葉期待できるのでは?参道の紅葉も今日一だ。雰囲気いいねぇ~。まずは「名勝庭園」へ。ここの紅葉も美しいとか?桃山、江戸初期、江戸中期の三庭からなる国の名勝にも指定されている庭園へいざっ。おいおい縁側から覗く紅葉の美しさ・・・まさに絶景かな?って感じだ。この風情いいねぇ~。まさに和って感じだ。この趣最高だ。しばし、燃えるような紅葉に酔いしれる。

金剛輪寺の紅葉は「血染めのもみじ」と言われ知られているが、この庭園の真っ赤な紅葉も血染めのもみじなんだろうか?とにかく赤いもんねぇ~。しんみりと名勝庭園の紅葉を堪能した後は、本堂目指し再出発。体力なし夫婦にとっては結構キツい。何でそんな高いところに本堂ってあるんだ?参道の両脇には小さなお地蔵さんがずーっとならぶ。おいおいお地蔵さんすごい数だ。しかし、ここの本堂遠い。
ヘトヘトになりながらようやく本堂へ。本堂脇の燃えるような真っ赤な紅葉・・・これぞっ血染めのもみじだ。まさに真っ赤。紅葉が西日を受け、真っ赤なフィルターを通過してきたように辺りを赤く染める。わぁ~これぞっ人工ではなせない美しさだ。いやぁ~ホント鮮やかという言葉が1番合う。

グルメも満喫。ランチは西明寺前の「一休庵」へ。人気とのことなので「西明寺そば」を注文。湯葉、そしてヨモギと粟の麩がえらく美味い。おぉ~これは大正解だった。たまには素朴な蕎麦もいいもんだ。
忘れてはならないのが、百済寺前の店の名物が「松茸フライ」だ。近江牛コロッケや赤こんにゃくおでんなど美味そうなものが色々あるが、やはり松茸フライだろう。おぉ~松茸のフライなんて初めてだ。ところが、これがえらく美味い!口の中に松茸の味が広がったら、しばし消えない。これっ確かにお薦めだ。

おぉ~長い石段のおかげで少々足腰にきたが、半日のんびりと紅葉狩り・・・やはり日本の四季って素晴らしいものだ。大満足!よしっ明日から仕事がんばるぞぉ~!

詳細はこちらかどうぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田中農場 「コン、芋は丸ク茜色 夏がきた~」!

2014-11-18 23:37:00 | 焼酎
夏焼酎を今更開栓。田中農場 「コン、芋は丸ク茜色 夏がきた~」だ。
超人気焼酎の「茜霧島」と同じ「タマアカネ」を使った極旨焼酎だ。
「夏に飲む焼酎として、一冬越して熟成させた夏の限定芋焼酎です。熟成することによって、旨味と甘味が増して、不思議ですが紅茶を連想する余韻が口の中で広がります。」とのこと。
なるほど美味い。うたい文句通り華やかな味わいと余韻だ。これっ飲んじゃうとわざわざ茜霧島じゃなくて良いと痛感だ。更にアテの豚足の美味いこと・・・これぞ最高の組み合わせだ。

話かわって、今宵のアギーレJapanよかったですねぇ~。まずは勝負ごと結果が全てだ。アジア杯で争うことになるだろうオーストラリアにしっかり勝ちきっておくということは重要だ。最後の失点は不要だったが、買ったのだ100点満点だろう。
でも、ファンとしてひと言。おいおい、サッカーと野球の日本代表を同じ時間帯に放送ってないだろう。ちょっとは日付をかえる工夫してもらいたいものだ。だって、どちらも見たいものにとっては苦痛でしかない。もう少しお互い考えて欲しいよねぇ~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も小原の「四季桜」へ!

2014-11-17 23:22:39 | Family (旅,スキー等)
今年も愛知県の紅葉名所の1つ豊田市の小原へ。
ここの紅葉は他とはちょっと違う。何故なら桜と紅葉を一緒に見れるからだ、っというよりこの時期に名物の「四季桜」が満開をむかえ桜がメインとなる。初冬に山一面が桜が咲き誇るなんてそう見れるものではない。

週末の授業参観の振替休日の長女と愛犬くぅーちゃんと一緒に、桜&紅葉狩りだ。いやぁ~今回で2度目だがとにかく素晴らしい眺望だ。桜はほぼ満開で昨年より美しいが、紅葉がイマイチ。桜と紅葉の見頃がぴったりと重なるってホント難しいらしい。そりゃそうだよねぇ~。

四季桜の会場はいくつかあるのだが、山の斜面が桜で彩られる上の写真の「四季桜の里」から個人的には紅葉が美しくて好みの「西運寺」へ移動。ここの紅葉のアーチと上からの薄桃色と赤のコントラストは最高だ。一見の価値がある。この2ヶ所見ればもうお腹いっぱいという感じだ。

うん、今年も小原の四季桜見れて満足。この休みの間にもう1回美しい紅葉見たいなぁ~。もう割り切って休暇中全部予定をいれるぞぉ~。でも、明日は悲しい通院だけど。

詳細はこちらかどうぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加