日々是楽!(Enjoy it every day!)

アウトドア親父の徒然日記・・・。親父がその平凡な日々の中で楽しい美味しいと思ったものを気ままにメモ。
By だいりん

日本一の炭酸泉「長湯温泉」!

2006-07-30 23:24:34 | Camp
  
高原キャンプはホント爽やかだ。夜も寝苦しいということはまるでなし。寒いくらい。今回は、テントにフライをせずに設営したこともあるが、ホント快適でした。
キッズたちも思いっきり遊んで夏休みをEnjoyしてくれたようです。
撤収の汗は、車で約15分の長湯温泉へ。日本一の炭酸泉で有名な長湯温泉は1度訪れたかった温泉である。その中でも人気の「ラムネ温泉」へ。その名の通り、浴槽に入れば全身に泡がつく。これがすごいのだ。泡を拭ってもすぐにつく。流石,
炭酸泉。湯船から出ると気泡がはじける感覚が肌でわかるほど。32℃とぬるいのに身体が赤く火照る、泡効果で暖まるのだ。不思議なもんだ。何せバブの12倍の威力とのこと。これはホント効きそうだ。飲泉もあるが、こちらは正直まずすぎ・・・身体にはすごく良いらしいがとてもじゃないが酸っぱく鉄分臭くて飲めたものじゃない。
しかし、炭酸泉初体験なかなか面白かったです。大分はいろいろ面白い温泉があって楽しい!

詳細はこちらから!

長湯温泉「ラムネ温泉」 http://www.lamune-onsen.co.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久住山荘南登山口キャンプ場

2006-07-29 23:11:37 | Camp
   
九州も梅雨明け後はものすごい猛暑・・・あれだけ記録的な大雨が降ったのにここ最近は晴天続き。避暑を求めて福岡を脱出。九州を代表する避暑地の大分県久住高原は日差しは強くとも、爽やかな高原の風が吹き最高だ。本日は、オートキャンプブーム前から営業されてきた俗にいう元祖ワイルドキャンプ場の「久住山荘南登山口キャンプ場」にて野営。とはいえ最近の流れに乗りすごく綺麗にされている。くじゅう連山を眺めながら、のんびり過ごすのはホント最高の贅沢だ。
夕食は、ダッチオーブンにて「スタッフドチキン」、鶏の丸焼きだ。ワイルドなメニューだし、美味しいし最高でした。星空も素晴らしく、冬ならばともかく夏であれだけ綺麗な天の川見れたのは久しぶりでした(でも、星が多過ぎて逆に天の川がわかりにくいくらい)。高原はやはり良いですねぇ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄出張 その3!

2006-07-28 22:50:27 | 美食(グルメ)
  
沖縄出張最終日。3日間ホント暑い。
今日は金曜日・・・それこそ観光客ラッシュだ。ランチをとるのに国際通り散策していると、大きなバッグ抱えた観光客たちでいっぱい。こりゃ~どこも混むぞ、ならばとやや早めに、ちょっと裏通りにある人気の沖縄そば屋「大東そば 花笠店」へ。う~ん、ここの大東島から毎日空輸されるという評判の手打ち麺はホント美味い。太くて、モロ手打ちで歯ごたえ抜群だ。スープはかなりあっさりだけどこれが又Good!いやぁ~流石人気店だ。国際通りの1本奥の通りにあるが、近くまでいけば気づくはずだ。お薦め!
暑い中1日働き、今日は無事飛行機に乗り帰宅。あぁ~疲れた。
帰宅早々、ファミリー期待のお土産・・・もちろんあのマンゴーだ。とにかく結構しっかりとした箱に入っているのに回り中がマンゴーの臭いでプンプンになるほど、ものすごく濃厚な南国ジューシーな臭い。こりゃ自分で買って言うのも変だが美味そうだ。早速頂こう!

来週末は、いよいよ念願の沖縄ファミリー旅行。沖縄に行って問題が生じては自分の恥だ。もちろん美味しい店も全て予約済み。さて楽しみだ。あとは台風だけだな。こればかりは自分の力ではどうにもならないので祈るだけだね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄出張! その2

2006-07-27 22:30:33 | 美食(グルメ)
         
沖縄2日目は北上しコザへ。今は沖縄市かな?
ここで代理店の方に「美味しいマンゴー安く買うとこな~い?」と聞いて見ると、「良くぞ聞いてくれました!」とのこと。果物の女王と呼ばれる「マンゴー」。国内もの、特に沖縄産と宮崎産は高級果物の代名詞みたいなものだ。ここ沖縄でも、空港>那覇>地方>顔見知り店・・・という感じで価格が全然違う。コザの八百屋に出ているものが空港では3倍値というのは当たり前だ。地方の知り合いの店は流石に安い(それでも流石マンゴーは高いけどね)。しかし、ここからが勝負だ。
もちろん、値段交渉だ。本日コザにある青空市場で美味しいマンゴー求めて激しいバトル展開。無事納得の値段でゲット成功。我が家の良いお土産になった。
        
1日良い汗かいて常宿に戻る。今宵は行きつけの隠れ店「ままや」が空いていて無難に美味しい沖縄家庭料理を食し、泡盛の美酒に酔えました。実は、本来明日どうしても急な仕事が入ってしまって福岡へ帰る予定であったが、見事に最終便に遅れる。予定通り那覇2泊コースに。こういったハプニングもたまには悪くない。台風の時はたまらないけど・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶり沖縄出張!

2006-07-26 23:14:34 | 美食(グルメ)
   
久しぶりに沖縄出張。皆からホント羨ましかられるが、実はビジネスで行くには結構きついところだ。暑いというよりは、日差しがキツイ!そして何より飛行機~食事処まで、今の時期の那覇はまさに観光客天国。沖縄でスーツ姿はかなり悲しい。初日でスーツはすでにヨレヨレ状態・・・何とか1日がんばって常宿に入るもすでに21時。

早速、楽しみな食事に繰り出すも行きつけの店はどこもいっぱい・・・それならばと隠れ家的な静かな居酒屋にTEL。確保成功。ようやく落ち着ける。やはり楽しそうな観光客たちに囲まれるのはさけたい。
早速、沖縄メニューをいくつか頂く。何と言ってもスタートはオリオンビールと島らっきょの天婦羅、そしてシーミンチャンプルだ。これらなしでは、沖縄の夜はスタートしない。う~ん、島らっきょ実に美味い。

カウンターで板さんからいろいろ那覇情報をゲットしながら腹満腹状態に。最後の〆は最近気に入っている焼きそば。実は沖縄の焼きそばは、多くの店が沖縄そばの麺をつかうので、これが何とも美味いのだ。今宵も当然毎度同じの〆だ。もちろん相棒は泡盛。今宵は定番「久米仙」。う~ん満足いく初日でした。明日は北上だぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ夏休み!まずは花火大会!

2006-07-22 23:58:56 | Family (旅,スキー等)
いよいよ夏休みスタートですね。
我が家のキッズたちも大騒ぎです。これからの約90日間騒がしそうですねぇ。
とりあえず、夏の風物詩として花火大会ははずせない。福岡では大濠公園の西日本大濠花火大会(8月1日)が人気だが、今晩は最寄りの粕屋商工花火大会。綺麗な池のある駕与丁公園で打ち上げられるので、見やすいし、風が気持ちよいし、何より池に映る大輪が綺麗で人気なのだ。まるで夜空と池とのW花火だ!
関東にいる頃の花火大会は7時スタートで忙しかったが、九州では日の入りの関係から8時スタートなのでしっかりと自宅で夕食済ませられて良い。無駄遣いが減るもんね。とりあえず打ち上げ花火の迫力はすごくて、ファミリーみんな大興奮だ。
いよいよキッズたち待望の夏休み、今年もキャンプに沖縄旅行、帰京してディズニーランド等々イベントでいっぱいだ。疲れそうだけど・・・仕方ないファミリーサービスだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに熱帯魚追加!大好きなディメリリです。

2006-07-22 16:32:19 | Family (旅,スキー等)
   
ホント久しぶりに熱帯魚の追加です。
可愛いSサイズのデュメリリエンゼル4匹です。最近かなりというか?ものすごく手を抜いていたのと、すでに数年間我が家に居座っているご老体ばかりだったので、少しづつ天命を全うしはじめてしまい今や寂しい水槽と化していました。
アルタムエンゼルなど、あまりのデカさに可愛げなど全くないくらい・・・そこに小さなデュメがきてなんか我が家の水槽が、急に華やかになったような・・・。再度アクアガーデンがんばってみようかな?
やはり、自分は華やかなワイルドエンゼル好き。再度アルタムベビーを追加しようかな?エンゼル&ディスカスの水草水槽がやはり好きだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎

2006-07-20 22:27:43 | Book
忙しかった山笠も終わり、久しぶりにゆっくり読書タイムがとれるようになった。
早速、手にしたのは幸太郎氏の新刊「陽気なギャングの日常と襲撃」。映画化された「陽気なギャングが地球を回す」の続編だ。かなり現実離れした娯楽作だが、なかなか面白かった前作と比べると今回はかなり???。
幸太郎氏独特の不思議ワールドで???なのではなく、かなり無理のある展開なので???なのだ。
何せ、当初短編集だったものを、本作のために強引に?途中から長編ものに変更させたのだからやや厳しいものがある。
正直、途中からあれっちょっと・・・という感じが漂ってきた。
まぁ~娯楽作ということで難しいこと言わず、気楽に読むのにはちょうど良いかな?
でも、必ず前作から読まないと駄目な作の1つかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祭りのあと・・・

2006-07-17 21:45:06 | 博多祇園山笠
あれだけ熱くなった博多祇園山笠が終わってしまった・・・。
これが俗にいう「祭りのあと」なのであろう。何か完全に気が抜けてしまったような感じだ。
6月から7月15日の山笠期間のみ着用が許される「長法被」(紺の久留米絣の中洲ロゴの法被)。山の男衆にとって、長法被はこの期間の正装だ。結婚式から葬式まで長法被の着用が許される。もちろん福岡のどの高級ホテルでさえ、長法被+ステテコ+下駄or雪駄の出で立ちで許される。それほどこの山笠スタイルは神聖なのだ。
約1ヶ月ちょっとの間、お世話になったその「長法被」、山を舁く時に着る「水法被(背中に中洲の白法被)」「締め込み」、そして初心者の証の一般の「手ぬぐい(福岡では手のごい)」。他にも晒や地下足袋等々、全部綺麗に洗って今年のお役御免。これから1年間休んでもらう。来年また宜しくだ。

それにしても、2日経過しても身体中が痛い。山を舁いた肩はもちろん、腰、脚など筋肉痛はかなりのものだ。やはり山笠は体力が1番だ。運動不足を改めて痛感させられた。肩の痛みは勲章でもあり、足腰の痛みは警鐘だ。もっと体力増強しなくては・・・。1年かけて身体つくりがんばってみるか?
寂しいけど、18年度博多祇園山笠、これにて終幕・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18年一般てのごい&扇子!

2006-07-16 23:24:26 | 博多祇園山笠
   
号泣して終わった、感動の追い山終了後、一般全員に改めて手のごい(手ぬぐい)がプレゼントされた。確かに頂いていた手のごいはもぉ~ボロボロ。自分同様疲れきった風貌にかわりはてている。
実は、この毎年デザインがかわる山笠の手のごいと扇子は人気アイテムなのだ。山笠スタート前に数量限定で販売もしくは配られる。もちろん各流れで違う。中洲なんかの飲屋街では、ちょっとした夏の風物詩で探している方も多いと聞く。櫛田神社なんかでも販売されているものがある。
感動の初追い山の記念に大事に手のごい&扇子とっておこう。ちなみにこれで3年分の手のごい&扇子のセットが我が家に揃いました。今年の扇子の表裏の画像アップしましたが、中々可愛い扇子ですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加