日々是楽!(Enjoy it every day!)

アウトドア親父の徒然日記・・・。親父がその平凡な日々の中で楽しい美味しいと思ったものを気ままにメモ。
By だいりん

待ってました、セカオワ ナゴヤドームLIVE〜Tarkus〜へ!

2017-02-04 23:27:22 | Family (旅,スキー等)
今日は待ちに待ったセカオワことSEKAI NO OWARIのドーム・スタジアムツアー2017「タルカス」へ!
セカオワは娘たち大好き!実は、それを知っていて自分からの娘2人へのプレゼントという意味でプレミアムチケットをゲットしてあげたはずだったが・・・こんな親父なのにミーハー気分が邪魔をして、自分も行きたくなってしまって思わずファミリー4人分ゲットしてしまったのだ。反面、かみさんは勿体ない〜っと言いながら久しぶりのライブということで娘以上に大ハリキリ?

そうか?かみさんとのライブ観賞といったらもう20年ぶり以上?確か外タレの「ハーツ」か?「ジェフベック」だったか?詳細は忘れてしまったが付き合ってもらって以来だ。とりあえず、期待わくわくナゴヤドームへ!
まずは、娘たち待ってました公式グッズショップへ。ところが、おいおいドーム前矢田駅からものすごい人、人。おいおい、人気バンドのライブってすごいんだなぁ〜と改めてびっくり!早速、長蛇の列の最後尾につき、どれにしようか?と大騒ぎ!

疎い自分は知らなかったのだが、グッズショップへはチケットもっていなくてもフリーで入れる。だからグッズだけ買いにくるという方もいっぱいいるようだ。だから人気グッズはあっという間にSOULDOUT!えぇ〜そりゃ〜ないんじゃない?20分ほどならんで、ようやく順番がまわってきた。
結局、定番中の定番の「スターライトリング」と長女が「文具セット」、次女が「トートバック」、なんとかみさんは「マフラータオル」までゲットときたもんだ。おいおい、完璧なにわかファンの癖に?

実は、ライブにはペンライトが必須だと思っていたら、このスターライトリングがその座を奪って必須アイテム化しているんだとか?へぇ〜知らなかった。ショプエリアから出ると、再びすごい人だかり。ここにはツアーバスの展示だ。これはお隣のイオン客まで集まってものすごい賑わいで、絶好のシャッターポイントになっている。

我がファミリーも負けずに記念撮影だ。今回のライブのテーマは「Tarcus(タルカス)」!う〜ん、この雰囲気ようやく盛り上がってきたなぁ〜。っとその前に腹ごしらえだ。ドーム前のイオンへ。ところが、このイオンがすごいことに・・・とにかくものすごい人。

皆セカオワグッズを手にした人ばかり。予想はしていたが食事処、レストランはじめどこも長蛇の列。こりゃ〜覚悟を決めて、20m程の列のマックにならぶ。約20分で運良く座席もゲットでき落ち着いて早めのプチディナーだ。もちろん、マック総選挙で栄冠をとった公約として期間限定販売された「トリプルチーズバーガー」だ!おぉ〜チーズ3枚はマイルドで美味い!
ここで問題が、おいおいイオン中の女子トイレという女子トイレが恐ろしい程の長蛇の列(一部の男子トイレも女子用に急遽変更されていてもだ)。どこも10分程ならべばまわってくるレベルではない。これには再び驚いた。おいおい、セカオワでこうなのだ、嵐やEXILEだったらどうなっちゃうんだろう?

結局、とりあえず会場入りすることに。イオンを17時15分頃でても混雑していて、30分程かかって入場。トイレを済ませてようやく座席へ。実は、かみさんと長女は初めてのナゴヤドーム。セカオワにとっても初のドームライブなのでちょっとご縁?
おぉ〜アリーナのど真ん中にファンタジーチックな巨大なツリーがそびえ立つ。なるほど、いかにもセカオワっぽい。

ちょっと残念なのが、どのシートなのか?は購入時にはわからず発券して初めて知るのだが、今回は最上部の5F。う〜ん、チケット受け取り時はかなりがっかりしたものだが、いざっ来てみるとそこまで悲観するものでなくひと安心。特に通路前のシートなので眺望最高だし、飛んだり跳ねたりもOKとくる。でも、アリーナもスタンド席もどこも金額は同じ。これってないよねぇ〜。

そりゃ〜ファンクラブの方が先行でいい席とるのは会費かけているのだ当たり前だが、一般の人間は席ごとにそれなりのコスト差欲しいものだ。こことアリーナ同額って・・・・。
いよいよ、ライブスタート!巨大ツリーステージの四隅付近にいる4体の動物(オランウータン、ゾウ、トナカイ、ペリカン?)の「タルカスの物語?」の語りかけからスタートする。

ファンタジーな絵本の世界とセカオワミュージックがコラボしていくようだ。単なるライブとはちょっと異質でファンタジー感がすごいかも?
待ちに待ったオープニングソングは「炎と森のカーニバル」だ。

炎と森のカーニバル ミイラ男も踊ってる 
 今宵、僕が招かれたカーニバル〜!!
 魔法使いは僕に言ったんだ
 この恋は秘密にしておくんだよ
 さもなければこの子の命が危ないと〜!


いきなり大盛り上がり!!!もちろん、我がファミリーも大合唱!


っと思ったら、アリーナや1Fスタンドはもちろん総立ち、でも5F席は皆静観?えっ、誰も立たないの?良く見ると、セカオワファンは年齢層が結構幅広い。実は、俺みたいな親父なんているのかなぁ〜?と心配していたが、全然平気。逆に自分含めにわかファンも多くノリもイマイチ?自分が気に入っている「Death Disco」、そしていきなり「スターライトパレード」や「スノーマジックファンタジー」と続く。

更に、大好きな「マーメイドラプソディ」が登場し、かみさん大興奮!今まで気付かなかったが、マーメイドラプソディのボーカルって深瀬くんではなく、Nakajinなんだねぇ〜。何回も聞いてきたのに全然知らなかったぁ〜。ギター弾きながらNakajinの声が響く。

数曲唄っては、絵本の世界の動物たちの話へとかわる。セカオワ独特の世界と言えばそうなのだろうが、折角盛り上がってきたのに絵本の読み語りってどうなの?そのままガンガンいきたいのは自分だけ?娘たちはえらく楽しんでいるようだけど。

なるほど、定番アイテムのスターライトリングって賢いねぇ〜。ペンライトのかわりに腕時計のように腕につけるのだが、何に反応するの?場内のリングの色が一斉にかわる。曲とともに真っ青に染まったと思ったら、真っ赤、緑等々勝手に移り変わる。繰り返すがどう制御しているんだろう?すげぇ〜。ちなみに、場外では普通にブルー点灯のみ。

ここであれっ?何か電光掲示板に出てきたぞ?えぇ〜「15分休憩」???ライブで休憩って何?おいおいこんなの初めて。その言葉通りホントにトイレ休憩だ。ならばっとトイレに急ぐ。予想通り長〜蛇の列。とにかく、同じドームでも野球観戦とは随分と勝手が違う。

後半戦は「眠り姫」からスタート!
もちろん、セカオワのライブは初めてだが、意外とSaoriさんのピアノって目立ってくるんだねぇ〜。流石に5Fスタンドからでは、誰がどこにいてという動きはしっかりとわかるんだけど表情や指先の動きなどまではわからないので残念だ。でも、当初オペラグラスがないと何だか全然わからないのでは?と心配したが、そういうことはまるでないから安心だ。

ただただ、残念なことは距離の分なのか?セカオワ以外はそうでもないのか知らないが、とりあえずスタンド席はどこも盛り上がりに欠ける?っというかかなり低調。まわりで誰もスタンディングの方がいない。確かに大盛り上がり間違いないロックバンドではないので仕方ないのかもしれないが、ファンタジーの世界を表現にこだわり過ぎているのでは?ファンの方にはこれがいいののかなぁ〜?

確かに独特な世界観は面白いけどねぇ〜。もう1つ今回の「タルカス」が独特なのかもしれないけど、MCも全くない。MCは全て動物たちの絵本の世界にお任せはないだろう。古いのかもしれないが、やはり「ライトスタンド盛り上がってるかぁ〜?レフトスタンドちょっと声が小さいぞぉ〜!」などの定番のやり取りあるからこそ、盛りあがるのではないだろうか?その分、シンボルの巨大ツリーと華やかなビームでの演出にはこだわりを感じるけどね。ちなみにここまで深瀬くんは「唄える?」「いいねっ」の2つの言葉だけ。これに「きゃー」っと大反応って・・・どうなの?

そんな中、隠し玉となるサプライズ的な演出が、後半早々に登場する。第5のアニマルともいえる巨大な鯨が場内を泳ぎ回るのだ。これは迫力あるし実に良く出来ていて面白い。その後、ずーっと大きくのんびりと場内回遊だ。これには娘たちも大興奮!上手いねぇ〜。そしてステージはラストスパート!「Hey Ho」へ!

そして、絵本の物語もフィナーレへ・・・話はある曲へと結ばれていく・・・それが待ってましたとばかり「ドラゴンナイト」だ!
数あるセカオワの持ち歌の中で、個人的には1番盛り上がるのがこの曲だ。もちろん、スタンディングで拳を突き上げ、拍手し汗だく。まわりの若い子たちが静観している中、もう気にしていられないとばかり我が道を行くだ。盛り上がったもん勝ちだもんね。

ドラゲナイ!ドラゲナイ!
 今宵、僕たちは友達のように歌うだろう
 ムーンライト、スターリースカイ、ファイアーバード今宵
 僕たちは友達のように踊るんだあ〜!!


をもちろんファミリーで大熱唱!あぁ〜汗だく。気持ちいいっ〜!!


これでアンコールタイム。セカオワのアンコールは御馴染みの「アンコール!アンコール!」の合掌ではなく、みんなで「スターライトパレード」を熱唱してよぶのだそうだ(唄えないけど)。その甲斐あって、セカオワ再登場。そしてアンコール1曲目はここできたか「RPG」!大好きな娘たち大興奮だぁ〜!

空は青く澄み渡り
 海を目指して歩く
 怖いものなんてない
 僕らはもう一人じゃない!!


もう〜ファミリー汗だくで熱唱!もうテンション最高点だ!


そして、ここでようやく初めてのMC。確かにセカオワはあまり話は上手くないね。それでも、やはりMCあった方が全然いい。早いもので、ラスト曲はセカオワの〆定番の「インスタントラジオ」。
それまで4ヶ所にわかれて唄い演奏していたメンバーがここで集合。そして、最後はメンバー勢揃いで挨拶回り。これにて本日のライブ終了だ。

盛り上がるところはものすごいのに、何故かテンションに高低がでてしまうのがホント惜しまれる。もう少しMC入れて盛り上げていけばすごいライブになるはずなんだけどなぁ〜惜しい。そうだ、あのピエロの格好したDJ LOVEって全然目立たない?もっとMC担当でもして盛り上げ役担当しても良いのでは??
でも、かみさん曰く、これがセカオワの世界なのだとのこと。なるほど、にわかファンが色々語ってはいけないようだ。

帰りの電車も予想以上にすごいことに。おいおい、ナゴヤドームは野球観戦で何度も訪れているが、野球の時とは比べ物にならないほどの混雑度・・・ちょっと異様。駅の自動改札も入場制限されて通過できない。ヘトヘトになって帰宅。
飛んだり跳ねたりというロック系のライブではなかったので、疲労度はそうでもないかな?っと思いきや、やはり歳のせい?疲労困憊。疲れたぁ〜。でも、TVやDVDとは違い、ライブは何でもいいよねぇ〜。ホント久しぶりのライブにかなりテンションあがったアラフィフ夫婦でした。娘たちはいいよなぁ〜これから自分たちでいくつものライブを見に行き汗ながせるんだもんなぁ〜。あぁ〜羨ましい。

帰りにコンビニでお夜食かって晩酌で疲れをとる。う〜ん、セカオワ制覇したので、娘の次の期待はきゃりーぱみゅぱみゅかぁ〜?流石にちょっとなぁ〜。ちなみに、本日の戦利品勢揃い。う〜ん、何だかよくわからん絵???まぁ〜ライブにきていた方の多くが購入していた定番グッズだ。この何だかわからないデザインもありなんだろうね。これってセカオワのメンバー?よくわからんけど・・・とりあえず、自分からのサプライズ成功?喜んでもらえたかな?

SEKAI NO OWARI「Tarcus」
『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 節分と言えば恵方巻き! | トップ | ランチは「もちっフル」! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL