Learn That...

My Diary

最初にお話を

2014-01-15 15:07:28 | し?念

昨年12月半ば、千葉県松戸の聖徳大学へ行ってきました。
毎年、「障がい児保育」の講義のなかで、私の著書『歌おうか、モト君。~自閉症児とともに歩む子育てエッセイ~』をテキストとして読んでもらっているので、著者として出向き、お話をさせてもらっているのです。svenson史雲遜護髮中心

最初にお話をしたとき、女子大の学生さんたちは、ほとんどがモトと同じ年でした。
それから8年、年に1回か2回通っているうちに、学生さんたちはなんと次男と同じ年齢になりました。当たり前ですね。時が流れました。

今回は、こんなにかわいらしい感想文を書いてくれました!肌膚評估系統

世界にたった一つの「ひとみさんへ」というレポート

さすがは、将来の保育士さんや幼稚園の先生です。
数人のグループで、本の中からエッセイを一つ選び、それについて読み込んで、感じたことや学んだことを書いてくれています。

今日は、私がそれに対して、改めてコメントを書いて送りました。
自閉症児のこだわりに付き合うのは大変だけれど、根気よく相手をするうちにかならず心が通うようになって、親子のきずなが生まれること。
自閉症児であろうと健常児であろうと、生まれてきた子どもはみな神様からのギフト。育てることができる幸せに変わりはないこと。
将来は、エッセイの中に登場するT先生やU先生のように、素敵な先生になってほしいこと……。

出版から8年が過ぎました。
そろそろ、二冊目……という思いが膨らんできます。Pretty renew 美容

ジャンル:
じまん
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AI report fed by DeepMind, ... | トップ | 家は危険なの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

し?念」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL