MKママと田舎親爺の気まぐれ日記

田舎親爺は2013年に停年退職。思いのままに田舎暮らし綴ってます。

薪窯焚き

2016-10-14 06:10:41 | 日記



田舎親爺の同級生Yさん、四日市市の陶芸家、木村元次先生が松阪市嬉野町、宇気郷地区で元昇窯を開窯され、陶芸指導されている教室に通っている。

著名陶芸家木村 元次先生は アカ松の薪を使用し、釉薬の変化に注目した陶芸の実力者として著名なお方、その木村元次先生の薪窯焚きが10月8日から始まるとのことで、Yさんに教えてもらって10月9日元昇窯を訪れました。

この日は陶芸家であり、息子さんの木村将人先生もお手伝いに駆けつけられ、たくさんの生徒さんと共に薪窯焚き作業が始まっていました。

その、薪窯焚き、なんとまる2日かかって夜通し行われるとのこと、山の中で行われる窯焚きは神秘的なものだと言います。

田舎親爺は午後から訪れるましたが、生徒さん、地元の方でしょうか、たくさんの方々が窯焚きに携わっておられました。

圧巻はほぼ7分間隔くらいで行われる薪焼べ、1000℃にも達する窯に薪が焼べられると凄い炎があがり、煙突からは物凄い煙があがります。それは、田舎親爺には力強い昇り龍のようにも見えました。薪窯焚き、その様子は厳粛で神秘的なものに感じます。

薪窯焚きが終わって、1週間、いよいよ窯が開かれます。この厳粛で神秘的な窯から、どんな傑作が生まれるのでしょうか。11月には作品展が開かれるとお聞きしました。是非お伺いしたいものです。

お忙しい中、息子さんの木村将人先生にお話をお伺いしたり、作品をお見せいただいたり、大変お世話になり、ありがとうございました。

最後に元次先生の奥様、女性陶工の木村暁子さんの堯泥庵、民家を改装されたギャラリーを画像でご紹介しておきます。是非訪れていただきたいと思います。なお、オープンされている日は限定されているそうです。事前の確認お願いします。





















作品をお見せくださいました。














ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同級会ゴルフコンペ。鈴鹿の山... | トップ | 和歌山城へ寄ってきました。 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い (山野草)
2016-10-14 18:03:19
凄いですね!Yさん素敵な趣味をおもちで、ギャラリーぜひ行ってみたいです!
こんばんは (さっちん)
2016-10-14 18:52:32
ま〜
すごく間近で見ることが出来たのですね☆
貴重なことですね♡

一つの作品が出来上がるまでには
色んな工程と時間が、掛かるのでしょうね。
Unknown (いげのやま)
2016-10-14 20:30:17
私も萩焼体験や伊勢の焼き物作りなど自分で作った作品あります~・・窯焼きはかなり労力も使いますし大変ですが、自然の木それは昔の生活の大切なエネルギー資源
今は電気炉がありますが、自然の炉で作った焼き物は自然の恵みを受けた一品に仕上がってくれるでしょうね!
我が家も時々自分で作った焼き物を調理の器で使っていますよ=!
こんばんは (ひより)
2016-10-14 22:33:53
素敵な作品ですね〜。

これほどまでに大変な工程を経て、素敵な作品が出来るのですね。朱色の作品が一際目を引きましたギャラリー観に行きたいです。
薪窯焚き (笹川です🐈)
2016-10-15 08:10:48
先生しか出ない、赤色、田舎親爺さん、カメラマン目のつける所がさすが。16日窯開けです誰にもわからないのです、出来上がりが☺️
こんにちは、山野草さん。 (田舎親爺)
2016-10-16 17:16:04
今日16日が窯開けだったのですね。
Yさん出来上がりどうだったのでしょうかね。

いい作品が出来ていそうです。
11月には作品展、是非、お邪魔したいものですね。

いつも、応援ありがとうございます。
こんにちは、さっちんさん。 (田舎親爺)
2016-10-16 17:19:42
凄いもの見せていただきました。

神秘的でしたよ。

もくもくと昼夜を通して続く作業
感動ものです。

すごい技、まさに匠ですね。

いつもコメントありがとうございます。
こんにちは、いげのやまさん。 (田舎親爺)
2016-10-16 17:22:32
いげのやまさんもやられるのですか。
凄いな~~~

男の料理の器まで。
次回はその器に料理を乗せて
ぜひ、皆さんに披露お願いします。

いつもコメントありがとうございます。
こんにちは、ひよりさん。 (田舎親爺)
2016-10-16 17:26:58
ぜひ、著名な作家さん。
直接、お話をお伺いできるかも知れません。
感動ものです。
黒い煙、まるで龍のよう。

釉薬を使って出来上がる作品、
なんとも綺麗です。

いつかコメントありがとうございます。
こんにちは、笹川さん。 (田舎親爺)
2016-10-16 17:32:07
先日はお忙しい中、ありがとう
ございました。
先生までご紹介いただいて恐縮です。

今日は窯開け、いかがでしたか。
いい作品が出来上がっていることでしょうね。

是非、拝見させてください。
皆さんにもご披露を・・・

11月、よろしければお邪魔させてください。よろしくお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。