だいなまいとが150屯

お試し的に作ってみました。どうなることやら・・

最近の更新と備忘録

14.8.2甲斐バンド40th Anniversary ツアー2014仙台市民会館17:00開場18:00開演
13.1.26甲斐バンド 2013年コンサートツアー 宮城県・仙台電力ホール17:00開場/18:00開演
12.02.19_MY NAME IS KAI ? 2012 愛知稲沢市民会館17:00-
11.02.03_KAI YOSHIHIRO CONCERT TOUR 2011 7月18日(月・祝) 宮城 Zepp Sendai
11.02.03_甲斐バンドの映画"照和フォーラム仙台2/19-2/25
10.02.06 CH739..19:00-23:00 ap bank fes '09←甲斐さん御出演
09.01.10_しなこの日記(動画)追加
映画館 メンズデー レディスデー
MOV仙台 木------------火
MOV利府 月------------ 水
MOVIXデイ(毎月20日、どなたでも1100円)
チネラヴィ 水------------ 火
毎月15日は《フォーラムデイ》フォーラム仙台/チネ・ラヴィータ共に、どなたも1,100円!
桜井薬局 月------------ 火
仙台コロナ 月------------金(休館中)
ワーナーマイカルシネマズ名取エアリ
メンズデーはありません。20日と30日はどなたでも1100円

フラガール/グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-

2006-09-29 09:27:32 | 映画
注意!!映画の感想の場合ねたばれが含まれる事が多々あります。これから観る予定とかある場合は本文は決して読まないで下さいませ。

今日は無謀にも2本観てしまいました。
おっとその前に東京での甲斐さんのLIVEが売り切れだったので、ちょうど祝休日の間で11/24の浜松でのチケットをローソンにてGETしました
とはいえ、まだまだ11月のスケジュールが出ていないのでどうなることやら・・・


フラガール
面白かったです!スウィングガールで山形、フラガールで福島。宮城もなんかないかな~(笑)
時代の変化に適応した人と、どうしても変化を受け入れられない人々のハワイアンセンター立ち上げに向けての物語。
オープンに向けてのプレ公演中に落盤事故でメンバーの父親が亡くなってしまう。公演が終わって駆けつけた時には”親の死に目にも会えないのか!”とダンサー仕事をののしられ・・・実際、僕等のお仕事もツアーとかできっかけを持っていたら絶対抜けられないもんな~とか思いました。
それと笑顔。どんなにつらい時でも笑え、笑えなくとも笑え!って、やっぱり形から入って行くのねっ。形ができれば気持ちがついて行くというか、いつか笑える日がくるわ~♪
残念でも無いんだけど、昭和40年の設定でパーライトが出てきたのはやっぱりbatuかな。その時代には無かったモノなので僕としては残念。←(やっぱり残念なんだ、わはは)
映さなきゃ良かったのに。もったいなかったです。ボンネットバスとかいろいろと考証していたみたいなのに。


グエムル-漢江(ハンガン)の怪物-
とっぱさんお勧めだったのと、本日が仙台では最終日ということで利府まで行ってきました。
これも面白かった。はらはらどきどき、時々笑わせてもらってシリアスと笑いが行って来いしてる作品でした。あえて政治的なことは言いませんが、なにがああいう怪物を作り出したのか。韓国の駐韓米軍への憎しみは感じました。
が、それ抜きでかなり楽しめました。
と、ここまで書いて阪神ー中日が気になるっす。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

救命救急講習会

2006-09-26 22:55:32 | WORKMAN
某会館の和室にて救命救急の講習を受けてきました。
心臓マッサージや人口呼吸のやりかたを学んできました。詳しく書いて間違っているとなんなので(まあ書いても誰も参考にはしないでしょうが・・わはは)、ここには書きませんが想像していたのとは全く違うものでした。
できれば一生そういう場面に遭遇しないことを願うばかりですが、その中でひとつ、気道確保というのだけは忘れずにいたいと思いました。
それと、AEDという電気ショックの機械。地下鉄の駅とかにはおいてあるらしいのですが、それの使い方も習いましたです。
講習者はほとんどうちの社員だったのですが、質問もがんがん飛んでいて、教えるほうも楽しかったのでは?

画像はその実習で相手してもらったANNさんです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マッチポイント

2006-09-24 14:59:42 | 映画
マッチポイント

注意!!映画の感想の場合ねたばれが含まれる事が多々あります。これから観る予定とかある場合は本文は決して読まないで下さいませ。

来週から試験休み明けで学校の後期授業スタートと、芸術文化の秋!ということでお仕事は忙繁期、また映画館から足が遠ざかりそうです。一応、いっせーさんご出演の”太陽”の前売りはGETしてますが、どうなることやら?
それよりも甲斐さんのツアー・・・・かなり危うくなってきたけど、12月の東京のチケット押さえようかどうか迷っています。
しかし駅裏にてこのような商店を見つけましたが、やっぱり八百屋さんなのか?!

う~ん・・ここ最近、当たらないです(笑)
何かが淀んでいる感じですかね~。お金持ちの女性と結婚してのしあがって行こうというその時に、その女性の(自分の妻)兄の婚約者に一目ぼれしてしまい、ずるると関係を続けてしまう。もうこれは絶対、愛人のほうへ行くなっ!・・と思ったらそうでもなくて、結局愛人らを殺してしまうという・・・ちょっと違うけど”青春の蹉跌”を思い出しました。
愛人のほうに夢中になってしまうところはなんか分かる気がしたのだけれど(と言っても僕には今も過去もそんなことはありませんでしたさ♪~)、あんなに自分を見失うキャラだとは思いませんでした。
しかし運の良い彼は・・・以下自粛。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

シュガー&スパイス~風味絶佳~

2006-09-22 10:00:33 | 映画
シュガー&スパイス~風味絶佳~

注意!!映画の感想の場合ねたばれが含まれる事が多々あります。これから観る予定とかある場合は本文は決して読まないで下さいませ。


今日はお休みだったので午前中に映画!と思い、仙台映画館情報を見て、「マッチポイント」をと考えていました。しかしながらいつもの開演時間の勘違いに気付き”あっ!ついでに靴買ってこよう”とか思い、”シュガー&スパイス~風味絶佳~”を観に行ったのでありました。
エンドロールにて友人の伊藤正之さんの名前が出ていたのですが・・・はて?いったいどこで・・見逃しているぞ。残念。

柳楽くんを久々に見ましたが、大人になったなあ~(笑)なんだか以前タイガースにいた藪投手にどことなく似てきましたね。
冒頭のシーンをみて、おっ!明るい青春モノか?と思って観ているとそうでもなくて、好きな人には忘れられない人がいてそちらに戻っていくという失恋物語でした。ひとつひとつのシーンというか風景は美しいのに・・なんか内容が・・物足りないというか。夏木マリさんのグランマ(祖母)もなんだかありえねーって感じで。ガソリンスタンドもあそこまで個性的だとリアリティーも素っ飛んでしまいました。ふう~。ま、はっきり言って僕には薄かった作品でした。
何度も言いますがひとつひとつのシーンは親近感があって見事だったんです。

子供達のリクエストで午後は榴ヶ岡公園へ~
たまには”おっとう”しないとな。えへへ。

あせって帰ってきてスカパーの録画を。180CHにて"SPACE SHOWER TV Special program RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO"
http://www.skyperfectv.co.jp/music/fes2006/schedule/
甲斐さんも出演だそうで。をっ!Go!Go!7188も♪~
子供達はどうせドラえもんを見るので今のうち書き込んでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WAJIさんへの私信

2006-09-20 21:44:43 | Weblog
今日は話の途中で休憩が終わってしまいましたが・・
桑沼・・思い出したです。
画像はあの林道の真ん中ら辺の休憩場あたりのモノですが、とつぜん”どおーん!どおーん!”という音が聞こえてきてびびった記憶があります。あのへんは自衛隊の演習場の近くでした。また走ってみたいです。
バイクから降りて沼に近寄ろうかとも思ったのですが、なんとなく思いとどまりました。
ひとりツーリングなもんで

画像@2004.8.9
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Kai Band LIVE BOX PREMIUM EDITION THE BIG GIG

2006-09-19 19:19:57 | THE KAI BAND
Kai Band LIVE BOX PREMIUM EDITION「熱狂 / ステージ」 [Disc 6] THE BIG GIG
いや~・・・これは凄かったです。買ってからしばらく経っていますが、iTunes7で曲が繋がるようになったので早速iPodで聴きましたが、以前のアルバム”BIG GIG"とは臨場感がちがいます!LIVEの曲順通り入っているし(だいなまいとが150tだけが入っていない・・無念)、ついつい聞き入ってしまいました。さいこーです

1983.8.7の新宿での野外ライブですが・・次の年1984の夏にそのそばをトラックで通り、ああ・・ここで演ったんだと想いを馳せたことを憶えています。今は東京都庁になっています。LIVEは観ていませんが、聴くと懐かしいです。

続く・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iTunes7

2006-09-14 21:56:21 | Mac関連
iTunes7が突然出た♪~
何が良くなったかというとLIVE盤をiPodに読み込ませて再生しても今までだとわずかに素になる部分が出てきてなんだかアルバムが台無しでしたが、今度はギャップスレス設定できれいにつながるようになりましたっ!
とりあえず設定から。WINはわからないのでとりあえずMACでは

繋ぎたい曲の選択→ファイルメニュー→情報を見る→オプション→”ギャップスレスアルバムの一部にする”にチェック

やったあ~!これでBIG GIGのブライトンロックからダイナマイトが150屯も危険な道連れもムーンライトプリズナーもみんなみんな繋がりましたです
つうか・・もっとはやく出して欲しかったっす。ほんとは。
嬉しかったので書きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バックダンサーズ!

2006-09-13 16:10:50 | 映画
バックダンサーズ!
とりあえず携帯からのお試し投稿です。本文はまた後ほど~

注意!!映画の感想の場合ねたばれが含まれる事が多々あります。これから観る予定とかある場合は本文は決して読まないで下さいませ。


今日はお休みでした。朝のお散歩にていつものふるきゃすまで。もうすでに場所とりをしている人がいる。しかもドラゴンズグッズを身に付けて。そうか今日は中日-巨人戦か。去年も今年もなんだか忙しくなって野球もまともに観ていない。で、なんとなく14:30~の”ユナイテッド93”を観に行けると思っていたら、出がけに探し物をしているうちに間に合わなくなり”バックダンサーズ!”を観に行く事に。

んでもって、まりゅうさんのblogを見ていたらシナロケの話題が♪~僕も急に”レモンティー”が聴きたくなりiTunesで検索してみたらシナロケは見つからず、山本ママって人の”レモンティー”のカバーが!さっそくDLしました。でもやっぱりこれはまず本人のモノを聴きたい。CD探しに行きまする。

で、やっとこさ映画へ。去年あたりから高校生のダンス部とかのストリートダンスのコンクールがあったりして今が旬なんでしょうね。バックダンサーズの4人よりはマネージャーの上からの命令に従わざる得ない悲哀を感じてしまいました。ふう~
最後にゲリラライブを行うのですが、これもなんだかクライマックスって感じでもなくて面白かったんだけどなんだかな?ってところでした。そのステージでトラスにパネルライトや巨大ミラーボールとか吊ってあって、やっぱりどこの照明屋さん?とか思うわけでして(笑)ちょっと東京舞台照明の匂いを嗅いだような気がしたらエンドロールでやはりそうでした♪~
昔踊っていた場所での4人の再開のシーン。そこに挫折して同じ時間に4人戻ってくる必然を描いて欲しかったなあ。あのシーンが妙に都合が良過ぎて残念かな?

先日、最近見ないねと話題になった真木蔵人さんも出演しておりました。
画像は置き石で場所とりしている外野席入り口です。
実はなんだかデジカメの読み込み調子悪いなと思っていたらUSBハブのNGでした。これ・・壊れる物だとはおもいませんでした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2006sendai jazz fes

2006-09-11 19:00:11 | WORKMAN
まずは和爺さん、仕込みありがとうございました

というわけでめでぃあていくに3days(8日-10日)行ってきましたです。初日はjazzのワークショップということでフランス人のピアニストが講師で夜は本人のミニライブでした。ま、なんてことはなかったのですが・・これがうるさい人だと”まぶしい”とか”鍵盤の影が気になる”とか”譜面が見えない”とかいろいろある訳でして。要望があればなんでも対応していくんですが、正直、なにも気にしない人で良かったです♪~わはは。
2-3日目はオープンスペースで外光も入ってくるので、ラスト2バンドくらい明かりを作らせていただきました。PAのS君が転換のBGMに僕が持ってきた東京ブラススタイルの”アニジャズ 1st Note”をかなり気に入って使ってくれたのが嬉しかっただす。
もちろん3days・・気合いの(笑)KAI Tシャツで過ごした事はいうまでもありません。うふふ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

笑う大天使(ミカエル)

2006-09-07 22:39:58 | 映画
笑う大天使(ミカエル)

注意!!映画の感想の場合ねたばれが含まれる事が多々あります。これから観る予定とかある場合は本文は決して読まないで下さいませ。


なんとも・・面白かったのだけれど、なんだかぎこちない感じが前半居心地が悪かった。
たぶんCGのせいだと思うんですですけど。
母と二人暮らしだった史緒(上野樹里さん)が、母を亡くしひとりきりになってしまった・・と思ったらお金持ちの兄が現れそこにひきとられ、究極のお嬢様学校へ転校する。その初登校のシーンから物語ははじまるのさ。
玄関にはなぜか天秤を持った天使の像がある。なぜだろう??映画とは関係のないところで、ちょっと考えてしまう(笑)
時々思うのですが、たとえば普通に仏教徒っていうか自分がキリスト教に改宗した場合お墓はどうなるんだろう?とか、うちの先祖も一緒にそっちになるのかな?とか・・・
気になるわりには調べたりはしていません

最初に出てきたドラゴンもなんだかスマイリーで良かったです。偉そうですいませんが、上野さん・・芝居ができるようになってきたような気がしました♪~でも山形弁のほうが似合うな・・・なんつって。
なんだかとてもまぶしい作品でした。楽しめます。

で、川原泉さんの作品いくつか読んでいるはずなのですがすっかり忘れています。ので妻から”笑う大天使”を借りました。じわじわ読もうと思います。

9月の初日記で、初映画で。いろいろとぱたぱたしていて今日は久々のんびりできました。
では、ごきげんよう~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加