ベック式!暗記法ブログ TOP

質の高い暗記法、芸術的なゴロ合わせ、感動の記憶法をあなたに!抜群に効果的な実例満載!

1862年の事件発生順(幕末の政争

2017-07-17 | 生物暗記法

浪人作家寺文久で生ビール。

(1862年)(下門外の変・津久光江戸へ・田屋事件・久(ぶんきゅう)の改革)(生(なまむぎ)事件)

[point]
1.1862年は、坂下門外の変島津久光の介入→寺田屋事件文久の改革生麦事件と事件がつづいた。

[解説]
1.坂下門外の変(文久2年1月)は、尊攘派の志士6人(水戸藩4人)が、1月、江戸城坂下門外に、公武合体を推進した老中安藤信正を襲い、傷つけた事件。降嫁(こうか)した和宮を人質として孝明天皇に条約の勅許を迫るとの噂から憤激したもの。信正は軽傷だったが面目を失墜し老中を辞した。

2.島津久光(1817~87)は雄藩連合による公武合体を構想。藩主でもない久光(島津斉彬の弟。薩摩藩主忠義の父)がしかも1000余の武装兵を率い(3月)、「入り鉄砲に出女」の厳しい統制下に、列島を縦断するなど破天荒なこと。それが通ってしまうところに幕政の混乱ぶりが見える。

3.島津久光一行は(4月)は、尊皇攘夷過激派の有馬新七ら9人を、京都伏見寺田屋で斬殺。彼らは薩摩藩を脱藩して京に上り倒幕挙兵を狙っていた。以後しばらくの間京都情勢は薩摩藩が推す公武合体派が優勢に。なお脱藩は藩主の許しがなく自藩を離脱し浪人になること。死罪にもなる重罪であった。

4.島津久光は勅使大原重徳(おおはらしげとみ)(1801~79)を奉じて江戸に到着、勅命をたてに幕政改革を要求(5月)。これを受けた幕府は改革(文久の改革)を実施。

5.久光一行は江戸からの帰途、横浜近郊の生麦で、イギリス人男女4人が久光の行列を馬で横切るという非礼を、久光の従士が咎(とが)め殺傷(1人殺害、2人負傷、1人逃亡無事)した(8月)(生麦事件)。この報復として翌年、薩英戦争がおきる。

6.既に、京都の情勢は尊攘派が掌握しており、久光は失意のうちに帰国へ。長州藩の実権は久坂玄瑞(くさかげんずい)・桂小五郎(かつらこごろう)ら尊王攘夷派がにぎり、京都の政治情勢も奪還していた。


7.60年代を概観すると、1860年(万延1)には桜田門外の変があったが1861年(文久1)は比較的平穏だった。しかし1862年以降は物騒な事件が相次ぎ、以後国内情勢は激動していった。

2017慶大・法

 明治期以降の政治家や文人の中にも、囲碁にかかわる逸話を持つ者が多くみられる。たとえば、後に内務卿として明治政府の中心人物となる[ 19 ]は、ある藩の下級藩士だったころ、勤王思想に基づく改革を求める訴えを、当時の同藩の事実上の最高権力者であった[ 20 ]に伝達する機会を得るために、囲碁を利用したといわれている。[ 20 ]は、藩を挙げて勤王の立場をとることとし、1862年には藩兵とともに上洛し、勅使・大原重徳を擁して江戸に下り、幕政改革を求める行動に出た。その結果、参勤交代制の緩和や西洋式軍制の採用などの改革が行われた。」

(答:19大久保利通、20島津久光 ※原問には65の選択肢あり)


2017早大・文化構想

問10 下線f外国公使館に関連する説明として誤っているものはどれか。1つ選べ。
 ア 水戸藩浪士がイギリス仮公使館の東禅寺を襲撃した。
 イ ハリスの通訳ヒュースケンが殺害された。
 ウ 高杉晋作がイギリス公使館を焼き打ちした。
 エ 島津久光の参勤交代の行列を横ぎったイギリス人が殺害された。
 オ 麻布の善福寺にアメリカ公使館が置かれた。」

(答:エ ※参勤交代ではない。久光は藩主ではなく、藩主の父というだけ)〉


2016明大・経営:「

問8 下線部(ク)の奈良原三次の父は、男爵の奈良原繁であった。生麦事件で外国人に切りつけたのは、本当は、奈良原繁であったとの説がある。生麦事件について、正しい記述をA~Dの中から一つ選べ。
 
A 薩摩藩主の島津久光の行列で起きた事件である。

B 長州藩主の毛利敬親の行列で起きた事件である。
C 1863年に起こった薩英戦争の原因となった。
D 1864年に起こった四国艦隊下関砲撃事件の原因となった。」

(答:C ※A×藩主ではない)〉


2014明治大学・文(文、史学地理、心理社会)

4 次の史料は文久2年(1862)4月に入京した島津久光が提出した上書である。史料を読み、下記の問いに答えなさい。史料は一部書き改め、人名を補ったところもある。

一、粟田口宮〔朝彦親王〕、左府公〔近衛忠煕〕、鷹司公御父子〔政道・輔煕〕、御慎を解かせられ、且つ、(ア)関東に於ては、[   ]、尾張[徳川義勝]、越前[松平慶永〕御慎解これある様仰出(おおせいだ)され度(た)き事。
一、右御慎解の上、左府公関白職仰出され、関東に於ては、(イ)越前前中将殿へ大老職に任ぜられ度く、此の儀は家格につき先例はこれ無き筈に御座候得共、非常の節、非常の処置これ有る様仰渡せられ度き事。(中略)
一、此の已後(いご)は、(ウ)叡慮の趣浪人等え相洩れざる様、御取締厳重に御座有り度く存じ奉り候事。
一、(エ)浪人共の説、妄りに御信用在らせられず候様、存じ奉り候事。       
一、越前在職の上は、上洛仰出され、(オ)将軍いまだ若年の事に候に付、非常の時節、御懸念に思食(おぼしめ)され候間、[    ]え後見を仰付けられ、朝廷御尊崇の道、関東に於て精々尽し奉り、邪正の弁、明白に相立て、(カ)外夷御処置、天下の公論を以て、永世不朽の明制定めさせられ、皇威海外に振るわせられ候様罷り成り度、恐れ乍ら存じ奉り候事。
                 (出典、『島津久光公実記』)

問1 島津久光の兄で、安政期に「御慎」となった大名とともに政局に関わった前薩摩藩主の姓名を漢字で記せ。


問2 下線部(ア)の関東に於てはに関連し、江戸で幕政を主導したものの、坂下門外で襲撃され、失脚した老中の姓名を漢字で記せ。


問3 空欄にあてはまる人物の姓名を漢字で記せ。


問4 下線部(イ)の越前前中将殿に関連し、松平慶永がこののち実際に就任した幕府内の職名を漢字で記せ。


問5 下線部(イ)に関連し、松平慶永が主導した幕政改革により、緩和された大名統制策を漢字で配せ。


問6 下線部(ウ)の叡慮に関連し、「叡慮」を発した、当時の天皇の名を漢字で記せ。


問7 下線部(エ)の浪人共の説、妄りに御信用在らせられず候様、存じ奉り候事に関連し、上書提出後に島津久光が、尊王攘夷派の志士と協調した薩摩藩士たちを抑制したために起きた事件の名を漢字で記せ。


問8 下線部(オ)の将軍について、この当時の征夷大将軍の姓名を漢字で記せ。


問9 下線部(カ)の「外夷御処置」に関連し、この時点で長崎・横浜とともに開港場が設定され、外国の領事館が置かれていた港の名を漢字で記せ。


問10 上書提出後、勅使を奉じて江戸に入った島津久光の一行が、帰路に外国人を殺傷した事件の名を記せ。」


(答:問1島津斉彬、問2安藤信正、問3徳川(一橋)慶喜、問4.政事総裁職、問5.参勤交代制、問6.孝明天皇、問7.寺田屋事件、問8.徳川家茂、問9箱館、問10生麦事件)〉

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1860年の4件発生順 | トップ | 第1章 オリエントと地中海... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む