ベック式!暗記法ブログ TOP

質の高い暗記法、芸術的なゴロ合わせ、感動の記憶法をあなたに!抜群に効果的な実例満載!

農具の改良

2017-06-28 | 生物暗記法

府民ビッグな当選ばどう。

踏車(ふみぐるま))((びっちゅうぐわ) )(唐箕(とうみ) )(千歯扱(せんばこき))(千石簁(せんごくどおし))


[ポイント]

1.おもな改良農具は踏車千歯扱備中鍬唐箕千石簁

[解説]

1.踏車は、足踏み式の小型の水車を漕いで回して、田畑より低い位置にある農業用水を田畑の高さまで汲み上げる揚水道具。

2.千歯扱は、従来の脱穀は、扱箸で少量の茎束ごとに挟んでしごき取っていたが、その扱箸を多数、櫛の歯状に並べ能率を上げた道具。労力の大幅な軽減ができたことから、農繁期の手伝いで収入を得ていた寡婦の働く機会をうばうもの、という意味で「後家倒し」の異名がついた。


3.備中鍬は、従来の平鍬と異なり、鍬の刃部分を3~5本の櫛の歯状に分岐させた鍬。刃に土がつきにくく、長くて重量があり、深く耕すことができため、可耕地が広がり、生産力が上がった。


4.唐箕は、上から落とした穀物に、手回しの風車で強く風を吹き付け、ゴミやもみ殻などを吹き飛ばして除く道具。


5.「簁」は訓読みすれば「ふるい」。千石簁は、穀物を中にセットされている「ふるい」を通し、網の目より小さい米粒を下に落とし選別する道具。


2016法大・済(済)社(社)スポーツ:「

 a教授:君が何に興味を持てるのかが一番大事だね。日本と鉄の関わりの歴史はとっても長いんだ。江戸から明治にかけての鉄の利用や鉄づくりの近代化などもダイナミックで面白いよ。江戸時代には鉄の道具が進化して暮らしや農業の発展に大きく貢献したんだ。幕末には雄藩が西洋式製鉄所の建設に努力しているし、明洽期には国や民間で努力が重ねられた。去年、ユネスコの世界遺産登録に関連して、幕末から明治にかけての近代製鉄関連施設が改めて注目されたよ。

問3 教授の下線部(a)の発言に関し、17世紀から18世紀ごろにかけての鉄に関する次の文を読み、正しければア、誤っていればイを解答欄にマークせよ。


 1 砂鉄を原料としたたたら製鉄が盛んとなり、そこでつくられた良質な鋼が商品として全国に普及して多様な鉄の道具に加工された。

 2 佐渡鉱山の金と鉄の産出量増大が東北の製鉄業の発展を促し、他の地域の製鉄業を圧倒するようになった。
 3 鉱山業で培われた鉄の道具や技術の転用で多くの土地が耕作可能になり、農業の発展に大きく寄与した。
 4 鉄製農具の備中鍬が広く普及し、耕作地を深く耕せるようになった。これにより農業生産が向上した。
 5 薩摩藩で熱のはね返りを集中させて温度を高める製鉄法が開発され、その原理を用いた製鉄所が築造された。」

(答:1ア、2イ×そのような事実なし、3ア、4ア、5イ×※19世紀中頃)〉


2016立教大・文:「

問2.江戸時代のこれ(米)に関する記述として正しいのはどれか。次のa~dから1つ選べ。

 a.大坂では堂島で米市場が発展した

 b.蔵元は年貢米の保管・管理をおこなったが、販売はおこなわなかった
 c.脱穀は踏車を使っておこなわれるようになった
 d.水呑百姓はその所持する石高の40~50%を米穀などで領主におさめた」

(答:a ※b×大名の領地米を委託販売する業者、c×踏車は揚水道具、d×水呑百姓は農地をもっていない)〉

2013早大・政経:「
[v]下線部4)の元禄年中頃に考案されたと推定される、「後家倒し」の異名をもつ農具を何というか。
 
 a備中鍬 b千歯扱
 c唐箕  d千石どおし
 e唐竿」


(答:b)〉


2013愛知教育大・前期:「

  また農村では,1農業生産の技術革新が行われ,特産物の開発など,商品経済が活況を呈してくると,商品作物の出荷や契約に読み・書き・算用が求められるとともに,宮崎安貞の『農業全書』のような農書も広く読まれるようになった。
問2 下線部1について、新しく考案された農具を2つ答えよ。
(答:千歯扱き・備中鍬・唐箕・千石簁など)〉


2012早大・文学部:「
 江戸時代の農民は小家族経営が主であった。幕藩領主はこうした小農民をb本百姓と位置づけ、年貢の負担者とした。幕府は本百姓の没落を防ぐために田畑永代売買の禁を発し、さらに[ B ]令を出した。「たわけ」という言葉はこれに由来するといわれる。少ない労働力で農作業を行うために、人力で深く耕すための[ C ]鍬や、こき箸に代わって能率よく脱穀できる千歯扱などの農具が普及した。」

問3 下線bについての記述として誤っているものを2つ選べ。

 ア 名請人である。
 イ 地券を所持する。
 ウ 村政に参図する。
 エ 被官と呼ばれる。
 オ 五人組を組織する。

問4 空欄Bに入る語句を、漢字4字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。


問5 空欄Cに入る語句を、漢字2字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。」


(答:問3イ・エ、問4B分地制限、問5C備中)〉


2012早大・文化構想

問11 下線部鎌倉期から室町期にかけては農業技術の進歩により、生産力も向上したについて。この時期の事柄として正しいものはどれか。2つ選び、マーク解答欄紙の該当する記号をマークしなさい。

 ア 干鰯などの肥料が大量に出回り、農業生産が向上した。

 イ 西日本では麦の裏作が普及し、米との二毛作が可能となった。
 ウ 名主が農書を参照して二期作を行うようになった。
 エ 刈敷や草木灰、さらには下肥が広く使われるようになった。
 オ 踏車が普及し、灌漑の効率化が図られた。」

(答:イ・エ ※ア・ウ・オ×江戸時代)〉

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第5章 ヨーロッパ世界の形... | トップ | 第5章 ヨーロッパ世界の形... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む