「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り 

元デイリースポーツ記者の日記だよ。

ハモの落とし

2017-05-19 08:32:55 | 家庭料理


夏を感じさせるハモが出回ってきますたよ。

淡路島産のハモ、骨きり済みの1匹もんが798円の半額、400円で買えますたわ。

可能ならば、できるだけ身の白いもの。血が飛んでないヤツを選びませう。

ハモといえば、落とし!つまり、湯引き、ちり………がオイラ的には一番好きね。

骨を切らずに根気よく抜いたお刺身を一度は食べてみたいけど、まだ実現してません。穴子刺身はあるんだけれども。。

で、まぁ、もっとも簡単なのが落としってわけ。淡路島ではタマネギと一緒にお鍋にしていますがぁ、甘くて苦手っす。



沸騰したお湯に入れると、身が縮むから3~4センチくらいの、やや大ぶりに切り分けてとぉ。

湯に投入したら皮にさえ熱が通ればオーケー。

身は半生だって十分っす。つか、やり過ぎると硬くなるよ。

すぐさま氷水であら熱をとり、ペーパータオルで抑えて、軽く水分をフキフキ。

新しいペーパータオルにくるんで、冷凍庫に1分ほど入れて冷やすのがアッシ流すかね。



この磯じまんの梅肉ソースでいただくのが定番。独特の酸っぱさが、たまりまへんぜ。

皮の歯ごたえ、引き立つ身の甘さ。うんうん!
『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〆ブリ(メジロ~ハマチ)のお刺身 | トップ | ピ~ン!と立つ活青柳(バカ貝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。