「芳賀ちゃんのオサカナ釣題」…酒、肴、料理、釣り 

元デイリースポーツ記者の日記だよ。

初めてのビーフシチューできたぁ!

2017-04-21 07:40:54 | 家庭料理
完成写真は1枚で勝負!



はい、ド~ン!!!

このお肉のボリュームね!

これだよコレが食べたかったんで、作りますた。もちろん本格的にビーフシチューを作るのは初めて。



豪州産の肩ロース塊が安かったんで………。



ブツ切りにして、肉をやわらかくしてくれそうな刻んだ舞茸、玉ねぎ、トマトをメーンに、セロリ、ニンニク、大さじ1の日本酒、小さじ1のお砂糖、お塩、黒胡椒、リンゴ酢。

さらーに、あり合わせの調味料は何でも使っちゃえ………てことで(^^ )、肉に良さげな少量の蜂蜜、昆布茶、ミリンも加え、袋の中で、もみ込み。ごちゃ混ぜっすけど、何となくカラダに良さげでおまひょ?煮込んだらとけてしまうんだし。。あひゃひゃ。

30分くらい置いたら、赤ワインをドクドクと。最終的には600シーシーほど投入するつもりで、まずは半分かな。2時間は漬けときますたよ。

ほんで、フライパンに袋の具を全部あけて、軽く炒めますた。

肉の表面が白くなったら、お鍋に移し、残る分量300シーシーの赤ワインと、全体がヒタヒタになるくらいの水を足して、煮込みスタート!

最初は2時間。火の番せにゃならんから、コンロの前に椅子持ってきて、例によってグビグビチビチビ……。赤ワインや、水を足したり調整ね。

でも、こんなことずっとできませぬ。いったん火を止めて冷ますことも大事。つか、余熱で火が入りまする。冷めたら、また点火!

気がついたときに、こうゆうのを5~6回ほど繰り返したかな。20分くらいコトコト煮込んでは冷ます……みたいなんが多かったわけ。まる2日間!

で、お味は?ワインとトマトの酸味がきいて、かなり酸っぱいけれど、美味かったわ。

ただし、失敗感おおあり!

肩ロースは、トロトロにならず、ほどけてボロボロっぽいわけよね。

ま、脂身が少なめの部位っすから当たり前といえば当たり前やけど、オイラのイメージとは違いすぎて。。

とゆふわけでぇ、作ったビーフシチューを下地に!やり直し!!!

スネ肉の大きめブツにフォークでグサグサ穴をあけましてぇ、焼き肉用カルビも追加。2個目の玉ねぎ、トマトも加え、赤ワイン、お水、ミリン、市販のビーフシチューのルウを4皿分入れますたわ。

これまた、コトコト。煮込んだり冷ましたりを繰り返し、できたのが最初の写真だわさ。

途中で足したメークイン、人参と、茹でたブロッコリー、温泉卵をのっけて頂きますたよ。

これは迫力ありますた。イメージに近いゴロンとした肉。初めの肩ロースはほぼ溶けてしまったけれども、スネ肉はお箸でやわらかくほぐれます。



再製作2皿目のおかわりは、ナポリタンを添えて!

初めて製作した割には健闘かな?

次にやるときは、肩ロースではなくて、脂身の多いバラの塊とスネ肉すかねぇ?








『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝の始まりは台所から…………。。 | トップ | 練り辛子で食すピーマン3種... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。