食う・寝る・太る

日々の出来事の他、本、映画、旅行、サッカー等々、NO CONCEPTで書いていきます。

「リノベーションまちづくり」関連本を読んで

2017-05-14 | Weblog

最近kindleを活用しているのですが

電子書籍では読めない本が結構あり

紙の本もやめられないわけです。

その中で、紙の本が主体で

「リノベーションまちづくり」に関連する本を数年前から読み始め

その面白さに取りつかれてます。

以下は、関連本です。

やや外れているものもあるものの、流れで読んで面白かったものです。

きっかけとなったのは三浦展「あなたの住まいの見つけ方」

この人の著書は大分読み漁っていますが

正直、玉石混交という感じで、ハズレもあります。

ただ、着眼点や、テーマが面白いものが多く、この人の本をきっかけに

青木純、嶋田洋平というようなリノベーションまちづくりのキーマンを知ることができました。

それとは別に「リノベーション」と「まちづくり」で検索して引っかかったのが

左上の清水義次の著書が出てきて、どんどん右側の本を読んでいったわけです。

元々、R不動産の馬場正尊やブルースタジオの大島芳彦の著作も読んでいたら

色んなところでのつながりが見えて、どんどんこのジャンルが面白くなってきました。

 

kindleで私の中でのヒット作

「里山資本主義」と「解決、空き家問題」もテーマとして通じるところがあります。


このブログでも散々、再開発を否定していますが

「リノベーションまちづくり」は再開発や、公共工事のアンチテーゼとして

今の時代に有効な処方箋だと思うところです。


今のところ、読んでいるだけですが

旅行がてらにこういった街を見に行きたいと思っています。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3度目の奈良井と木曽平沢  | トップ | 猿島BBQ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL