学問空間

主に掲示板への投稿の保管庫にしています。
BY 鈴木小太郎

『東條内閣総理大臣機密記録』

2016-10-17 | 天皇生前退位
投稿者:鈴木小太郎 投稿日:2016年10月17日(月)10時46分44秒

ザゲィムプレィアさんご紹介の伊藤隆・広橋真光・片島紀男編『東條内閣総理大臣機密記録』(東大出版会、1990)を確認したところ、1944年(昭和19)7月17日、岸信介は東條英機と二回会っているんですね。
そのまま転記すると若干見づらいので、時間だけ漢数字をアラビア数字に変更して〔〕で括っておきます。(p466以下)

------
七月十七日(月)
極力本日中に内閣改造を完成せんとする目的の下に、左の通努力す(於日本屋)。
〔07:30 07:50〕
書記官長要談。
〔08:30 09:00〕
岸国務大臣来訪要談。
辞任に関しては、所要の向に連絡の上、更めて回答すべき旨を明らかにして辞去す(此の後、岸国務大臣は木戸内大臣を往訪す)。
〔09:10 09:30〕
小泉厚生大臣来訪、要談、辞表を提出す。
〔09:30 10:00〕
大麻国務大臣要談。
〔10:00 10:45〕
藤原国務大臣来訪要談、軍需大臣就任を受諾す。
〔10:45 11:00〕
佐藤陸軍省軍務局長要談。
〔11:00 11:35〕
大麻国務大臣要談。
〔11:35 13:00〕
岸国務大臣来訪要談。
同大臣は重臣の若干が入閣せずんば、辞表を提出せず、若し重臣が入閣せざる以上は、総辞職を至当とすべく、其の場合に関しては、明日の閣議に於て緊急動議を提出すべしとの要旨の意見を固執して単独辞意を表明せず。
------

ということで、東條と岸は午前8時半から9時まで、午前11時35分から午後1時までの二回、合計1時間55分の面談を行っています。
吉松安弘氏の『東條英機 暗殺の夏』では「昨夜、辞表提出を断った岸は、約束通り、この朝八時すぎに首相官邸日本間に来た」「押問答は十時すぎまで二時間にも及んだが、岸はねばり続け、決着はつかなかった」とありますが、事実関係にかなり齟齬がありますね。
ま、合計約二時間は合っていますが。
これは『東條英機 暗殺の夏』が最初に刊行されたのが1984年(昭和59)2月なので、1990年刊行の『東條内閣総理大臣機密記録』を見ることができなかったという事情の反映でしょうね。

「黙れ兵隊!」の虚実(その1)
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8605

>キラーカーンさん
>東條英機の父も長州閥の妨害で岩手出身のゆえに大将になれなかったとの俗説もありますので

赤松貞雄の『東條秘書官機密日誌』(文藝春秋、1985)には、

------
 また、首相の実父英教氏は優秀な将軍でありながら、長州閥華やかな時代だったので、山形有朋元帥、寺内正毅元帥、田中義一大将ら長閥の人々によって早く予備役にされた。恐らく東条さんはことの真相を嫌というほど父君から聞かされていたと思う。したがって首相の壮年時代にあるいは長州出身者に対してその仇討をしたかも知れないのである。そのため、長州出身者の首相に対する反感は強かったように思う。
-----

などとありますね(p159)。
ま、どこまで当たっているかは別として。

>ザゲィムプレィアさん
『岡田啓介回顧録』を読んでみましたが、文章にあまり軍人らしくないとぼけた味わいがあって、非常に面白いですね。

>筆綾丸さん
>駒組から判断すると、封じ手の可能性が高いかと思われますが、
なるほど。
ありがとうございます。

>Poutine(プーチンヌ)
なかなか可愛らしいですね。

※下記投稿へのレスです。
「天龍寺の精進料理」(筆綾丸さん)
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8607
「駄レス」(キラーカーンさん)
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8608
「東條退陣と岸信介」(ザゲィムプレィアさん)
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8609
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「黙れ兵隊!」の虚実(その... | トップ | 「星野直樹の記録 東條内閣... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL