学問空間

主に掲示板への投稿の保管庫にしています。
BY 鈴木小太郎

藤田覚『近世政治史と天皇』

2017-06-20 | 渡辺浩『東アジアの王権と思想』
投稿者:鈴木小太郎 投稿日:2017年 6月20日(火)09時42分45秒

6月7日の投稿で藤田覚氏の「天皇号の再興」(『近世政治史と天皇』、吉川弘文館、1999)を検討する予定だと書きましたが、中井竹山や「柳営御追善の連歌」の評価などに関し藤田氏の見解に若干の疑問があるものの、細かい話になるので今はやめておきます。

安徳天皇以来の「諡号+天皇号」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8928
『雲上明覧』を読んでみた。
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8931

ま、検討はしませんが、興味を持たれた方の参照の便宜のため、同論文の「天皇号再興の経緯」から、今上帝(仁孝)の「勅問」の内容に関する部分だけ引用しておきます。(p249以下)

------
 一 天皇号再興の経緯

 兼仁上皇は、天保十一年十一月十九日に亡くなった。十二月三日に、兼仁上皇に贈る死後の称号について、「先例可被進 御追号之処、依被為有 叡慮、追可被進候迄奉称 故院候事」(橋本実久の「実久卿記」、野宮定功の「定功卿記」。いずれも東京大学史料編纂所所蔵謄写本による)という、天皇の意向が公家たちに伝えられた。この段階で、追号を贈る慣習の再検討が示唆され、決定までのあいだ故院と称することを伝えている。しかし、幕府へは「旧院御追号被 仰出候迄者 故院と奉称候事」と、追号を決めるまでのあいだ故院と称すると伝えられただけで、追号を再検討しようとする天皇の意向は伏されている(「水野忠邦日記」天保十一年十二月十三日条、東京都立大学付属図書館所蔵水野家文書)。
 十二月二十日に兼仁上皇の葬送が行なわれたが、その翌日の二十一日に、「議奏卿列座、以一紙伝仰曰、有太政天皇御諡号之事勅問、各々明日中可申所存云々」(「定功卿記」)とあるように、兼仁上皇へ贈る諡号の件で勅問の文書が出され、翌日までに意見を提出するように命じられた。勅問の下された範囲は、「実久卿記」によれば、大臣以下参議以上の現任の公卿全員であった。全公卿の意向を問うことにより朝廷の意思を決定しようとしており、諡号の再興は重要かつ重たい問題であったことが理解できる。
 勅問の全文は、次のとおりである。

太上皇、如中古以来雖可被奉 御追号、御登壇以来被興復故典旧儀、公事再興不少、 御在位卅有余年、古代も稀に、加之、被貴質素不被好修飾、専 御仁愛之聖慮、遂及衆庶一同安懐之事、 今上〔仁孝天皇〕深 御感悦、依之被奉御諡号、至万代被竭 御孝道度 叡慮候、雖然 小松帝〔光孝天皇〕以後 寿永帝〔安徳天皇〕之外不被奉 御諡号、今度被奉 御諡号可有如何哉、被尋下所存候事、

 天皇は、兼仁上皇が、在位中に多くの朝儀や公事を復古・再興したこと、在位期間も古来稀な三〇年以上に及んだこと、そして質素を好んだことなどから、諡号を贈り孝道を尽くしたいが、光孝天皇以来、安徳天皇を除いて諡号を贈ったことがない事実に配慮して、兼仁上皇に諡号を贈ることの可否を勅問した。この勅問では、諡号を贈られたのは光孝天皇以降では安徳天皇だけだといっているが、保安四(一一二三)年から永治元(一一四一)年まで在位し、保元の乱で讃岐に流された崇徳院の崇徳、寿永二(一一八三)年から建久九(一一九八)年まで在位し、承久の乱で隠岐に流された顕徳院(後に後鳥羽院)の顕徳、そして、承元四(一二一〇)年から承久三(一二二一)年まで在位し、承久の乱で佐渡に流された順徳院の順徳も諡号であり、安徳だけではない。これらの事実から、勅問にいう諡号とは、諡号と天皇号の組に合わさった【ママ】ものを指しているものと考えられる。
------

ということで、史料に「諡号」「追号」などとあっても、「勅問」ですら、その表現が何を意味するのかは個別に検討する必要がある訳で、このあたりも議論が錯綜する一因ではありますね。
私は安徳が「院」ではなく「天皇」とされた理由が未だに分からなくて、「諡号+天皇号」を復活させるに際し、不吉な先例だと懸念するような意見がなかったのか疑問に思っていたのですが、藤田論文を読む限り、特にそんな意見はなかったようですね。
この勅問自体も、寿永帝〔安徳天皇〕はあくまで例外的存在で、小松帝〔光孝天皇〕の先例に戻すか否かが問題の核心なのだ、みたいな主張を暗黙の前提としているようにも読めなくもないですね。
「<光>格天皇」の次は「仁<孝>天皇」ですから、ふたり併せて「<光><孝>天皇」に回帰しているのではないか、みたいなことをチラッと考えたりもしたのですが、図書頭・森林太郎の「帝諡考」を見ても特に裏付けになりそうな記述はなく、まあ、妄想の類のようです。

>筆綾丸さん
>日本の学者って、あんまりレベルが高くないんだね、

ごく一部の分析から著書全体を否定する訳ではないのはもちろんですが、当初予想していたよりも更に雑な部分が見えてきて、ちょっとびっくりでした。

>ザゲィムプレィアさん
私は全く将棋の世界を知らず、先に書いたことは単なる冗談ですので。

※下記投稿へのレスです。
「伝説の人」(筆綾丸さん)
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8955
「藤井四段の未来」(ザゲィムプレィアさん)
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8956
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一応のまとめ:二人の東大名... | トップ | 藤田覚氏について(その1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

渡辺浩『東アジアの王権と思想』」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL