学問空間

主に掲示板への投稿の保管庫にしています。
BY 鈴木小太郎

村井章介氏の「地域国家」論のことなど。

2016-11-04 | 丸島和洋『戦国大名の「外交」』
投稿者:鈴木小太郎 投稿日:2016年11月 4日(金)20時09分35秒

明日は最高裁で原告敗訴が確定した「七十七銀行女川支店」のケースを紹介したいと思いますが、控訴審の仙台高裁の判決文をまだ入手していないので、少し遅れるかもしれません。

朝日新聞2016年2月19日
「津波被害、遺族側の敗訴確定 七十七銀行女川支店など」
http://www.asahi.com/articles/ASJ2M00RWJ2LUTIL05T.html

>筆綾丸さん
>華麗な文体とは裏腹に、普通の地味な人なんですね。

憲法学界もここ数年の「立憲主義」の空騒ぎを経て、世代交代が急速に進みそうですね。
『シノドス』の浅羽祐樹(新潟県立大学教授、政治学)・横大道聡(慶應義塾大学准教授、憲法学)・清水真人(日本経済新聞編集委員)氏による鼎談を読むと、そんな気配を如実に感じます。
憲法考古学者の石川健治氏は既に過去の人かもしれません。

-------
憲法論議を「法律家共同体」から取り戻せ――武器としての『「憲法改正」の比較政治学』
http://synodos.jp/politics/18397

石川健治教授の「憲法考古学」もしくは「憲法郷土史」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8419

>参考文献に丸島和洋氏の著作はないものの、殆ど定説になったような塩梅ですね。

村井氏の『分裂から天下統一へ』は未読ですが、村井氏が国家論のような基礎理論の分野で丸島氏の影響を受けて自説を変更するようなことはありえないですよ。
もしそうなら村井氏は必ず参考文献に丸島氏の著作を挙げるはずです。
私が「門前の小僧」(by ラウンド君)なりに垣間見た範囲でも、歴史研究者の世界ではその種のルールは非常に厳しく、みんな敏感です。
村井氏の<中近世ドイツの「領邦国家」になぞらえて「地域国家」と呼ぶことができよう>との表現は、村井氏がドイツの歴史研究者の影響を直接受けて理論構成したことを示しているはずですね。

「丸島和洋氏のご意見」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/7040
「ラウンド君の教訓」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/7849


※筆綾丸さんの下記投稿へのレスです。
「プライムニュース」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8630

※追記(2016.11.5)

>筆綾丸さん
読まずに決めつけるのもまずかったですね。
後で『分裂から天下統一へ』を確認してみます。
ただ、今はどうも中世史には集中できそうもないので、少し後になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日和幼稚園」との比較  | トップ | 「法律家共同体」と「歴史研... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

丸島和洋『戦国大名の「外交」』」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL