学問空間

主に掲示板への投稿の保管庫にしています。
BY 鈴木小太郎

「黙れ兵隊!」の虚実(その2)

2016-10-15 | 天皇生前退位
投稿者:鈴木小太郎 投稿日:2016年10月15日(土)11時07分26秒

そして、様々な人の様々な動きが12頁分続いた後、四方が登場します。(p538以下)

------
 六時すぎ、西陽がななめに照りつける軍需大臣官邸に、憲兵隊のサイドカーが爆音をひびかせて走りこんだ。監視の憲兵たちが異常に緊張したのも道理で、降りたったのは四方隊長である。
 難しい表情をした四方は、玄関の土間に仁王立ちになると、応接間への案内を断わり、岸に、ここまで出てくるよう求めた。
 寝床から起き上った岸は、非礼になるから、と着更えをすすめる家人を叱り、着ていた寝巻き浴衣をそのままに、上からガウンを着て玄関に出た。相手が相手だし、刃物を持っているから、何をやられるかわからない。
(弱い病人として低姿勢にでれば、めったなことはやりにくい筈だ。挑戦的に見られるのは、避けなければ危ない)
 治安の責任者が暴力をもって押しかけているのだから、いまは、自分で自分を守ることを第一に考えなければならなかった。
 覚束ない足取りで玄関に出た岸があぐらをかいて座ると、四方は、腰に下げていた軍刀をはずし、身体の前に立てて両手をのせた。威圧する体勢である。
「あんたは、何ということをしているんだ。内閣の責任は総理がもっている。総理の東條閣下が右向け右、左向け左といえば、閣僚はそれに従うべきではないのか!」
「………」
「どうなんだ、責任ももっていないのに、総理のいうことに反対するとは何事か!」
 岸は、あくまで沈黙を守ってこの場を切りぬけようと心に決めていたが、つい、我慢しきれなくなって反論した。
「君はそういうが、日本において、右向け右、左向け左という力をもっているのは、天皇陛下だけではないのか」
 小さい声ではあったが、反論はやはり相手の癇にさわり、四方は軍刀で、式台をばしっと叩いた。
 大きな音に岸はびっくりして、鞭で叩かれでもしたようにとび上った。四方は怒鳴った。
「貴様、なにをいうか! 貴様ごときが畏れ多くも陛下を引き合いに出すとは何事だ! 東條閣下の御命令に従えないのなら、さっさと大臣を辞めたらどうなんだ!」
 いわれっ放しでいるのはいまいましかったが、凶器をもつ相手をこれ以上刺激してはならない。
 軍需省では、軍部がスタッフに入るようになって以来、意見の合わない役人と口論になった軍人がいら立ち、軍刀をぬいていきり立つ場面が一度ならずあった。役所では仲裁に入る人間がまわりにいるから殺傷にいたらず収まっていたが、ここでは危ない。
「答えんのか、裏切者が!」
 燃えるような眼で見据える仕方の前にあぐらをかき、沈黙したまま耐える岸に、また、身体の震えだすようなひどい寒さが襲っていた。
------

さすがに映画監督・脚本家だけあって吉松安弘氏の描写は実に詳細で生き生きとしていて映像的ですが、巻末に参考文献一覧がある以外は出典の明記は一切ありません。
吉松氏の描写が他の文献でどれだけ裏付けられるかを当たっているところなのですが、その割合はさほど高くはなさそうですね。

>キラーカーンさん
>「同輩」意識があったのかも
岸と東條は年齢が12歳離れていますし、岸を45歳の若さで大臣に抜擢してくれたのは東條ですから、それなりに恩義も遠慮もあったのではないでしょうか。

>筆綾丸さん
>八年前はこんなことを書いていたのか。
私もどんな話の流れだったのか分かりませんでしたが、足利義満=光源氏説の関連ですね。
あのときは国文学者も歴史学者も本当に莫迦ばっかりだなと思いましたが、さすがに小川剛生氏は自説を撤回されましたね。

「自戒をこめて」(by 小川剛生氏)
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/7275
http://blog.goo.ne.jp/daikanjin/c/4ca6cde3ed4da52e78a85fd5bdf482ab

>掲載の写真
私は将棋の世界は全く知らないのですが、真ん中の人は誰なんでしょうか。
まるでゲーム参加者が三人いるような構図ですね。

※下記投稿へのレスです。
「駄レス」(キラーカーンさん)
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8603
「absolutely unjustified(濡れ衣だ)、と彼は言った」(筆綾丸さん)
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8604
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「黙れ兵隊!」の虚実(その1) | トップ | 『東條内閣総理大臣機密記録』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL