学問空間

主に掲示板への投稿の保管庫にしています。
BY 鈴木小太郎

「戯言の寄せ集めが彼らの宗教、僧侶は詐欺師、寺は見栄があるから行くだけのところ」

2017-05-15 | 渡辺浩『東アジアの王権と思想』
投稿者:鈴木小太郎 投稿日:2017年 5月15日(月)20時51分43秒

渡辺浩氏が「Religion の不在?」で挙げている五つの文献のうち、エドゥアルド・スエンソン『江戸幕末滞在記』(長島要一訳、新人物往来社、1989)を入手してパラパラ眺めてみましたが、冒険心と好奇心に満ち溢れた二十代の健康なデンマークの青年が、時にちょっとしたスリルを味わいつつ、東洋の珍しい国の社会と文化を探る知的喜びを表現した記録で、肩の凝らない楽しい読み物ですね。
そもそも何でデンマーク人が幕末の日本を訪問したかというと、長島要一氏の「訳者あとがき」によれば、

------
 スエンソンは海軍中将を父に持ち、自らも海軍軍人の道を選んだ。出世街道を歩むデンマークの職業軍人の常としてフランス海軍に修行に出、一八六五年に地中海から東アジアに派遣された。インドシナでの演習を終えるとローズ少将の指揮下、中国経由で日本を訪れることになる。そして一八六六年夏から翌年春にかけてロッシュ公使の近辺で貴重な見聞をし、その記録を『日本素描』と題して帰国後にまとめたのだった。
------

という事情があったそうです。(p202)
日本の宗教については「大坂訪問、日本の宗教」という21頁に亘る章の後半に記述されていて、少し抜粋してみると、

------
【前略】日本人は無知によるのか無関心によるものか、自らの宗教についてあまり情報を与えたがらない。したがってわれわれの知るところはほとんど、まだ国が鎖されていたころ、適当な期間をおいて出島から江戸まで旅することを許されていたオランダ人の旅行者〔江戸参府のオランダ人〕の語るところによっている。(p151)

 日本の諸々の宗教のうち、もっとも古いのが神道である。その始源は、時の流れをはるかにさかのぼったかなたで消失しており、公式には国家宗教とされているものの、のちに導入されたブッダイズム〔仏教〕よりはるかに信者の数が少ない。神道は太陽の女神〔天照大神〕を最初の神と認めている。この女神から一連の男神女神が系統を引き、その中でミカドだけが地上の家系を存続繁栄させることができて、目下のところ神性の代表者、日本宗教の頭となっている。(p151以下)

 仏教は紀元六世紀の半ばに日本にもたらされるやたちまちのうちに非常な普及を見せ、特に社会の下層階級の間で著しかった。そして時代が下るにつれ元来の教えは諸々の宗派に分岐してしまった。千三百年以上にわたって日本人の魂を一緒に支配してきた仏教と神道は相互に影響を与えあい、信条の一部と宗教的慣習とを共有しているが、その実際を明確にすることは大変困難である。(p153)

 僧侶たちの教養といっても、聖典〔経典〕に関する知識と、暗記して覚えて次々と唱えることができる念仏がいくつかあるぐらいでしかない。仏教がよって立つところの哲学的倫理的根本に関する知識を有していることなどめったにない。にもかかわらず大衆の目には無尽蔵の知恵の持主であって、天地の創造や自然の隠された神秘に通じて知っていると思われている。実際には無知で頽廃しているにしろ、社会の下層部に及ぼしている影響と、公共の慈善団体が彼らに与えている莫大な富を見れば、いかに尊敬されているかが分かる。(p157)

 聖職者には表面的な敬意を示すものの、日本人の宗教心は非常に生ぬるい。開けた日本人に何を信じているのかたずねても、説明を得るのはまず不可能だった。私のそのような質問にはたいてい、質問をそらすような答か、わけのわからない答しか返ってこなかった。時に立ち入って聞き出すと、そのうちの何人かは、戯言の寄せ集めが彼らの宗教、僧侶は詐欺師、寺は見栄があるから行くだけのところ、などとやっと語ってくれた。諸宗派の間にも驚くべき寛容が成立しており、同じ家族の構成員がそれぞれ別の宗派に属していながら、これといった不和も論争も生じることはない。その理由のひとつは恐らく、大部分の人間が、一体何を信じているのか無知であるからだろうと思う。(p158)
------

といった具合で、なかなか辛辣ですね。

Edouard Suenson(1842-1921)
https://da.wikipedia.org/wiki/Edouard_Suenson_(erhvervsmand)

>筆綾丸さん
>「順徳天皇以来」とありますが、なぜ順徳なのか。承久の乱と何か関係あるのか。

これはちょっと面白いですね。
とりあえず藤田覚氏の『幕末の天皇』(講談社、1994)を当たってみます。
ずいぶん昔に読んだのですが、内容はすっかり忘れてしまいました。

※筆綾丸さんの下記投稿へのレスです。
「marigot としての宗教」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/8883
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Religion の不在?」(by ... | トップ | 「夜学する奉公人の姿に驚か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL