絶対SIMPLE主義

死力を尽くしてSIMPLEシリーズを応援するブログ

虫姫さまのパズルゲームロケテ報告

2005年05月12日 13時35分15秒 | ゲーム
秋葉原のheyで行われている虫姫さまのパズルゲームのロケテに行ってきました!
正式タイトルはなんと!

「虫ポコさま」だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!


冗談で言ったのにマジで当たるとはなぁ……。
さすがケイブといったところか。
つか「虫姫さま」の「姫」に適当なバッテンつけて「虫ポコさま」にしてたし。
早速プレイ。

……ってなんだこれは
コンパネのレバー部分に奇っ怪なものがへばり付いていますよ!
1P側のレバーにはレコ姫の「手」を模した物体が取り付けられ
2P側にはキンイロのフィギュアらしきものが…。なんか怖いよ。やめてくれよ。持ちにくいし。

怖かったけど我慢してゲーム開始。最初はモード選択です。
1Pプレイ、CPU対戦、2P対戦がありましたが、
ロケテだからなのか遊べるのは1Pプレイのみ(え、じゃあキンイロの意味は?)。
選択すると、レコ姫の声のボリュームを選ぶシーンになりました。

・小(恥ずかしいので小で…)
・中(並でいいです)
・大(漢なら特盛だ!)

の3つから選択……ってオイオイ。
親切設計といえば親切設計かもしれないけどさ……。
とりあえず特盛を選択。だって俺は漢だから!
ちなみに「特盛」には「マックス」とルビが振ってありました。

ボリュームを選択し終わると、デモの後にゲーム開始。
ボタンを使用せず、レバー1本だけで遊ぶゲームで、
パチンコとパズルボブルを足したようなプレイ感覚が新鮮です
基本ルールは魚ポコと同じみたいなので、こちらを参照。

魚ポコ

虫ポコさまも同じくステージクリア方式で、
こちらは玉と玉の隙間に閉じ込められた虫を救出すればクリア。
最初なのでカウンターなどのシステムを使いこなすまでは行きませんでしたが、
ルールは簡単だし、玉を打ち出す感触が気持ち良いです。なかなか面白い。
ただ、地面がせり上がって来るスピードがかなり速いので、少々難易度が高め。
4回プレイしましたが、4回とも数分でゲームオーバーになってしまいました。
ステージのブロックの配置は固定なので、
何回かやって覚えれば楽にクリア出来る様にはなっているんですけど、
もうちょっとダラダラと遊び続けられる調節でも良かったかも。
パズルゲーなんだし、レバー一本で片手が空くからジュースとかも飲めるんだしさ。
まあ、今回はロケテストということで、これからの調整に期待。

ちなみに画面左半分には公式のミニゲームと同じレコ姫の絵が大きく表示されます。
おっぱいを揺らしたりしながら
「どうしよう~キンイロ~」「レコにおまかせっ!」「ふ~んふ~んふ~ん(鼻歌)」
などと喋りまくり。なるほど、これはボリューム設定がいるな。
というか、このレコ姫の大きさも選択できるようにした方が良いような…。
「さあ萌えろ!ほら萌えろ!」って感じでかなり動くよ?
みんな引いたりしない?大丈夫か?大丈夫か。うん、そうか。分かった。

もう一つ気になったのが、タイトル画面の上部に表示された「レコde唱歌」の文字。
しばらく待っていると歌詞が表示され、音楽にあわせて字が赤く塗りつぶされていきます。
ケイブよ何処に行く。


最後はバッチ。
2種類あり、筐体の上のカゴの中に大量に入っていました。もちろん無料。
「一人一個まで」とか書いてありましたが……ごめんなさい、欲しかったので二つ持ってきました。
4回プレイしたので勘弁してください。


……と、まあロケテのレポはこんな感じでしたね。
15日までやっているので、興味のある人は行ってみて下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――
追記。
撮影禁止になっていたとの報告があったので。
画像は一部削除。文章も若干修正しました。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カテゴリ増やしました。 | トップ | どっちがオマケだ? »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
太字のなんだこれは (宇宙防衛隊員)
2005-05-12 17:32:50
を見て、ミコミコEDFの結城隊員を思いだしてしまいました。

あわせて読む