飛耳長目樹明

写真付きで日記や趣味を書く

沖縄の「土人」「シナ人」

2016-10-19 21:49:00 | 日記
 沖縄で大阪出身の警察官が、「土人」と云ったそうだ。
 別の事件だが、沖縄県民を「シナ人」と云ったという報道もあった。

 戦前、沖縄からの出稼ぎは、大阪が多く、トラブルが多かった。「朝鮮人と沖縄人は下宿お断り」の看板が随所にあったそうだ。

 それとは別にわたしの経験を書く。

 若いころ、友人が結婚しようとしたが、両親に強く反対された。相手の女性の父親が、沖縄出身だったからと想像された。

 そこで友人代表として、わたしが親御さんを説得しに行くことになった。

 まず母上から、開口一番「わたしどもは、韓国や、台湾沖縄の人との国際結婚に反対しているのではありません」といわれた。

 かれの家は、三河から来た幕臣の家で、先祖は数千石の旗本である。御親戚はクリスチャンが多く、学者が多い。父上は都心部の有力私大の教授、叔父上は、かれや私の大学の文学部の教授である。

 これでは、わたしの力では説得できない。駄目だと思った。

 
 数年後、沖縄返還が近くなって、2人の大学人と知り合った。
 
 一人は鹿児島の旧制七高出身で、京都の哲学科出身。ラテン語とギリシア語の造詣が深く、その授業をされていた。
 
 この先生は、沖縄県人を「島者」とよび、日本への復帰に猛反対しておられた。この時は体を震わして、「島者」と云われた。わたしは、中学生のころ「ひめゆりの塔」を学校から見に行って、いたく同情していたから、この発言に驚いた。

 もう一人は、若い英文学者(アメリカ文学だから米文学者か)で、年に数回渡米している。かれは、沖縄なんか、いくらかでアメリカに売ってしまったらいい、と言っていた。

 大阪のように一般庶民ではなく、知識階級が沖縄嫌いなのである。


 小学校の時の経験を、あとで追加します。

 
 



 
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二重国籍のフジモリ大統領を... | トップ | 福島県の津波・原発被害者か... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。