紀州七代大彦の木の家づくり日記

「ここちよく美しい暮らしのために」
和歌山大阪にて「一軒一軒ていねいに150年」家づくりに取り組み続けています

屋根の上にもバルコニー

2017年04月04日 | 家を建てる方に知って欲しい事。設計

今日は随分と暖かかったですね。日中は汗ばむくらい。やっぱり季節は進んでいるのですね〜、何も言わずに淡々と。見習いたいところであります。

さて、和歌山市直川の現場。

外壁左官が仕上がったのは先日お伝えいたしましたが、足場が外れて外観が姿を現しました!

そして、足場が外れるとこのような工事も進み始めます。

バルコニーです。

こちらのお家は屋根長くせり出した、そして横に長く連続した下屋をもっています。

このように。

今まではこんな場合は2階のバルコニーはあきらめていただいた場合が多かったのだけど、(それともバルコニー優先で長い軒のある下屋をやめるか)

今回は屋根の上にバルコニーをのせています。

ほらこの通り。

屋根で防水をきちっととってその上に木製のバルコニーをのせる。理想的だけど、もちろんのせていただけなら落ちちゃうし、まさか屋根の上から屋根に穴開けてとめるわけにもいかないし(そんな危ない施工。実は街中では結構見かけたりしますが…)、それなりに工夫と技術がいる納まり。

色々と検討して、また最近やらせてもらっています。(ただ屋根+バルコニーがいるわけで、コスト的には少し高くつきます&2階のバルコニーに出る「またぎ」は大きくなります)

色々難しい所はあっても、こんな感じで出来上がってくれば・納まってくればやっぱり綺麗なので、純粋に嬉しいですね。(大工さんにも「外観男前になってきたね〜」と言ったら嬉しそうでした。)

そうそう、先程からチラチラみえているけど、

外部デッキも出来てきて、こちらも室内がぐっと広がりが出て、すっごく良いです。

ここから一月程度どんどん仕上がってくるので、楽しみが尽きませんね〜。ではまた次回。

 

 

和歌山・大阪「心地よい木の家づくり」 大彦(株)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現場いってみよう! | トップ | 棟上げ〜屋根工事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家を建てる方に知って欲しい事。設計」カテゴリの最新記事