花房東洋情報 大愚叢林

大愚記 花房東洋 

大 愚 言 ・生まれつきの時代劇馬鹿だった 大愚叢林庵主 大愚東洋

2017年07月09日 22時52分57秒 | 大愚言
書類の整理をしていたら、一冊の古い絵日記が出てきた。
それは、僕が小学一年の夏休みに宿題として描いたものであった。(末尾添付)その中には「笛吹童子」や「紅孔雀」、「怪傑黒頭巾」から「白虎隊」まで出てきて懐かしい。
どうやら当時は、時代物の映画や本をやたら観ていたようだ。遊びもチャンバラばっかりしていたのが、よく分かる。
そして、この絵日記に附記されていた担任の先生の所感を読んで、愕然とした。
そこには、こう記述されている。

むかしのさむらいのまねをすることはありません。そんなことばかりかんがえていると「おひげ」が生えてきますよ。げんしけんびきょうやひこうき、でんぱなどたくさんあたらしいことばかりがうまれてきています。うしろばかりみないでもっと前ばかりをみているほうが、よいとおもいます。おしばいやえいがは見るもので、まねをするものではありません。もうすこし自分のせなければならないことを考えて、「しょうわ」の人になってください。

嗚呼、宜なるかな、先生の予言は正に的中した。
先生の教えを守らないで、うしろばかりみてきた所為で、とうとう「おひげ」が生えてしまった。
そして、未だ平成はおろか「しょうわ」の人にすらなりきれない。
「三ツ子の魂百まで」というが、これは生まれつきの性分、一生直らないと、つくづく観念した。

それはともかく、多くの人が前ばかりみて進んだ結果、今や自由圏と共産圏の対立、人口増加と食糧不足の矛盾など世界の現状は人類的危機にさらされている。
これらの要因は、自然を征服し、宇宙を支配するという西洋思想にあり、これから明日に向けては、むしろ自然そのものと不二一体となるところに真の平安があり、幸福があるとした東洋思想が希求されるようになる。
この極大の果てに極小があり、無の中に一切があり、見えざるものこそ、見えるものの根源とする理論物理学の究極にある霊性の宇宙観こそ明日の文明原理となるのであろうことを僕は確信する。




















(平成二十九年七月十日認)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 大 愚 言 ・時代劇馬鹿の夢... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。