不惑フッカーのよもやま日記

不惑を過ぎてまだラグビーで熱いスクラムを組みたい男の、それでもヘナチョコな日記です。

これが復興大臣の発言か

2017-04-25 22:31:15 | 震災
ただ悲しい。


4月の25日に復興大臣である今村議員が自民党二階派の
パーティーで以下の通りの発言をしたとのこと。


 「(東日本大震災は)死者が1万5893、行方不明者
2585、計1万8478人。この方が一瞬にして命を
失ったわけで。社会資本の毀損(きそん)も、色んな勘定の
仕方があるが、25兆円という数字もある。

これはまだ東北で、あっちの方だったから良かった。

これがもっと首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)
なですね、甚大な被害があったと思う」


 さらに講演後に記者団の質問に答えたそうで。


 ――講演でこの前の地震が東北で良かったと。

 「これは東北でも、あんなひどい、25兆円も毀損する
ような災害だった。ましてや首都圏に近い方だったら、
もっと、とんでもない災害になっているだろうという意味で言った」

 ――あっちの方で良かったという点が東北で良かったと
受け取られないか。

 「決して、そんなことはない。東北でもあんなにひどかった。
ましてや首都圏に近かったらもっとひどいことになった。
だから防災なり何なり対応しなきゃいけないという意味だ」

 ――被災地から言葉を捉えて声が出るのでは。

 「決してそんなことはない。数字も言った。二度とないよう、
とにかく防災対策をやらなきゃいけない。ましてや首都圏(であれば)、
ひどいことになっただろうと。大変な災害だと分かっている」



・・・


私はこの発言について以下の通り考えます。

1つに大都市ありきで地方が切り捨てられるということ。
なるほど、大勢の方に被害が及ぶ恐れがあるという意味では
大都市の防災対策をするという論理にはうなずけるものも
あります。が、被害の大小の問題ではないでしょう。
防災という意味において各地域毎に対策を立てる必要が
あってしかるべしで、大都市だけが何より優先
(東北で、あっちのほうはどうでもいい)という
姿勢は解せない。

2つめに、これが復興を担当する大臣のセリフか!
との思いです。傷ついた方々に寄り添い、生活の基盤を
共に考え実行するのが大臣の役目ではないのでしょうか?
単に予算をテキトーにばらまくのが役目なのでしょうか?
全く当事者の気持ちを理解することなく、ただ大臣の
ポストにいるのが不愉快です。

いずれにしろ、結局は他人事なんでしょうね。
自分の地域に痛みがないのならばどうでもいい
のでしょうから。余りにも想像力がなさすぎますよね。
こんなんでは、福島の風評被害やいじめ被害に対しても
何の対策も出来ないのは分かり切ったことですね。



このブログでは、出来るだけ政治に関しては記述を
控えるようにしてきました。それは自分の拙い考えで
一生懸命活動している皆さんに失礼があってはいけない
という想いです。

今回は自分の原則を曲げて記述しました。
こんなに悲しいのも久しぶりです…
ジャンル:
ウェブログ
Comment (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年の3月 | TOP | H29高校総体 »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
悲しい気持ち・・・。 (ローリングスペシャル)
2017-04-26 21:03:12
・・・。

今村復興大臣の発言には、とても心が沈む想いです。



この場をお借りしまして、この大震災が形骸化されることなく、これから続く明るい未来で活躍する皆様に、あらためて心の想いを申し上げます。

未曾有の大震災に際し、全国各地より心温まるご支援と格別のご配慮を戴きました事を厚く御礼申し上げます。

誠にありがとうございました。

大震災から6年の月日が流れましたが、未だに復旧・復興の道のりは程遠く、まだまだ時間が掛かります。

皆様のお力添えを戴きながら、我々は復旧・復興に向けて、不屈の精神と懸命の努力で東北全体の底上げと、魅力ある地域づくりに、より一層精進すること事をあらためてお誓い申し上げます。

引き続き、ご支援ご協力を賜りますよう伏してお願い申し上げます。

まんず、頑張っぺ。東北。
東北に生まれていがったや!
応援すっぺ。東北を!

あにさんより

post a comment

Recent Entries | 震災

Trackback

Trackback  Ping-URL