不惑フッカーのよもやま日記

不惑を過ぎてまだラグビーで熱いスクラムを組みたい男の、それでもヘナチョコな日記です。

H29高校総体

2017-05-20 20:48:11 | Rugby
久しぶりの更新となりましたね~

快晴の朝を迎え、3km程のジョグをした後、一路石巻は
総合運動公園へ。

そう、今日から高校総体が始まるのです。

今日は2試合

仙台工業 vs 仙台東・高専合同チーム
古川工業 vs 仙台一高

第一試合は仙台工業 vs 仙台東・高専合同チーム

前半、共にハンドリングのエラーが続きましたね。
緊張していたのでしょうが、この辺の細かいところを
注意しないと地力のあるチームは一気に流れを持って
行くでしょうから要注意でしょう。

それでも一昨年の秋からご縁があって仙台工業の
選手を見ていた立場としては多少なりともひいき目で
見てしまいますね(ごめんなさい)

仙台工が押し気味に試合を進めるも、合同チームは
素晴らしいタックルでゲインを許しません。見事な
タックルでした。見方を変えれば仙台工のFW選手の
当たり方が高い。もう少し重心を低くして推進力を
持って行ってもらいたいものです。
前半はこのスコア。

(すみません、写真がこれしかないんです)

後半は仙台工の、角度を変えてディフェンスラインを突破する
攻撃に合同チームが徐々に押され、ビックゲインを許す
展開が多くなりました。

FWでは4番、BKでは12番の選手が巧みにゲインを
突破する攻撃が見られましたが、惜しむらくはその次の
サポートがやや遅く、且つボールを繋ぐのか、ラックにして
次の攻撃をするのかがまだ整備されていないよう。
スクラムハーフのパスアウトも、もう一段精進するべき。
この辺のスピードアップをすると、さらにいい感じに
なるのではないでしょうか?

合同チームもよく頑張りました。スクラムでは互角の押し。
ラインアウトは1番を積極的に活用して活路を見出してました。
合同の不利なセットプレーでこれだけのプレーは見事です。

いい試合でした。

2試合目は古川工業 VS 仙台一高

思わぬ大差になりました。
つまるところ、古川工業のタックルの甘さに敗因があるでしょう。
一高のBK陣が当たられても巧みにボディコントロールして
ゲインを突破するケースが多く見られました。

是非地元の高校として頑張ってもらいたいものですし、
ブルズとしても何らかのお手伝いが出来ればいいですね。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これが復興大臣の発言か | TOP |   
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL